トップページ > くらしの案内 > 三浦市立病院 > 診療科のご案内 > 糖尿病フットケア外来

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

糖尿病フットケア外来

 

平成23年8月より糖尿病合併症管理料の施設基準の届出をし、「糖尿病フットケア」が開始されました。

糖尿病により、血糖値が高い状態が続くと、神経障害が進んで足の感覚が鈍くなり、怪我、やけどを放置しまうことがあったり、動脈硬化が起き、血液が流れにくくなることにより足の細胞に栄養や酸素が行き届かずに、怪我などが治りにくくなったり、抵抗力が低下して細菌や水虫などの感染が進みやすくなり化膿しやすくなることが見受けられます。

そのため、糖尿病により足の管理が必要になる場合があります。足の爪切りも正しい方法で実施しないと、感染症や怪我のもとになることから、フットケア研修を終了した看護師により指導いたします。

基本的に三浦市立病院で糖尿病の治療を受けている方の中で、フットケアが必要とされる方を対象としています。フットケアを希望される方は、まず当院の内科に受診していただき医師と相談・指示の下にフットケアが開始されます。詳しくは、三浦市立病院内科までお問い合わせください。

お問い合わせ

部署名:市立病院事務局医事課

電話番号:046-882-2111内線5123

ファックス番号:046-881-7527

Eメール:byouin0101@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る