トップページ > くらしの案内 > 三浦市立病院 > 看護部紹介~やさしさと思いやり暖かい看護~ > 先輩看護師からのメッセージ

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

先輩看護師からのメッセージ

4階病主任看護師

「地域包括ケア病床のある病棟に勤務しています。」4kai
患者様の退院後の療養先の選択や必要なケア・サービス等退院時に必要な支援は多岐にわたります。それぞれの専門のスタッフと情報共有しながら、患者様が安心して退院できるように病棟全体で取り組んでいます。また、当院では、ラダーを用いた計画的な教育システムを導入していて私も今年度は管理研修にチャレンジしています。主任として、新人教育に携わる日々ですが、新人に教えることで学ぶことの大切さを実感しています。自分の役割を見出し、必要なケアの提供ができるような看護師の育成と病棟づくりをモットーに、今後も楽しく働ける職場を作っていく所存です。

3階病看護師

「子育てしながら仕事を続けられる職場環境」3kai
私は、入職して4年目に結婚・出産し、その後、第2子を授かり、3年間の産休・育休を経て復帰してきました。復帰直前は3年間のブランクで、育児と仕事の両立ができるのか、新しく導入された電子カルテが使えるのかと様々な不安がありました。しかし、三浦市立病院は教育体制がしっかりしており、復帰前には不安に思っていた電子カルテの指導をして頂き、復帰後は慣れるまで先輩看護師のサポートがあり、安心して復帰することができました。時間短縮勤務や夜勤回数の調整、突然の子供の病気などで休むこともありますが、何とか両立することができています。今では、楽しく生き生きと仕事をすることができています。これからも三浦市立病院で子育てをしながら仕事との両立を続けていきたいと思っています。

手術看護師

「私は手術室に勤務して4年目になります。」
ope入職当初は、手術の流れ、手術器械の名前や用途など覚えることが多くあり精一杯でした。そんな中、プリセプターや先輩方に丁寧に指導していただき、とても働きやすい環境の中で成長していくことができました。手術室は少ない人数で業務を行っているため、スタッフ全員で新人を育てていくという気持ちを持ち、安心して学べる環境を提供できるよう心がけています。仕事に慣れ、プリセプターとなった現在も、看護師として知識や技術の向上を目指す毎日ですが、新人と共に成長していけるよう日々、頑張っていきたいと思っています。

3階病看護師

「3年目となった今感じること」3kai_sita
緊張と不安の中で1年目をスタートしましたが、先輩看護師が優しく教えてくれたことや、常に気にかけてくれていたことで安心して働き始めることができました。公私ともに相談を聞いてくれる先輩看護師も多く、少しずつ環境にも慣れることができました。また、同期という存在も大きく悩んだときに気軽に相談し、笑顔にしてくれる唯一の存在です。そして、分からない事は一緒に考えてくれる先輩がいて多くの看護を学び、吸収し成長を実感できる1年目でした。まだまだ成長中の3年目ですが、頼もしい先輩方に育てていただいたことを思い出しながら、私もそんな先輩方のように後輩を支えられるようになりたいと思っています。

 

お問い合わせ

部署名:市立病院事務局総務課 

電話番号:046-882-2111内線5114

ファックス番号:046-881-7527

Eメール:byouin0101@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る