トップページ > 観光・シティセールス > シティセールス情報 > 「第38回山中湖ロードレース」に三浦市が出展しました!(5月31日掲載)

ここから本文です。

更新日:2018年5月30日

「第38回山中湖ロードレース」に三浦市が出展しました!(5月31日掲載)

 

山梨県山中湖村で開催された「第38回山中湖ロードレース」(受付:5月26日(土曜日)・大会:5月27日(日曜日))に、三浦市が出展し、三浦市地場産品消費拡大協議会(出展者:三崎朝市協同組合、一般社団法人三浦市観光協会)と連携して三浦国際市民マラソンのPRを行うとともに、特産品販売、観光情報発信を行いました。

この大会は、エントリー者数約13,500人のうち、その中でも首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)からの参加が8割を占めているということもあり、三浦市への誘客を図るには効果的なシティ・セールスを実施できる大会です。

 

エントリー者の受付日である26日(土曜日)、レース当日の27日(日曜日)の2日間に渡り出展し、天候は両日ともに晴天に恵まれました!

三浦市のPRブースでは三浦市と三浦国際市民マラソンに関するアンケートを実施しました(現在集計中)。第36回大会ではマラソンTシャツが刷新され、毎年マラソンに参加してくださる方々などに好評を得たりし、大いにPRの効果を感じることができました。

物産販売のブースでは、レース開始前や終了後にまぐろラーメンやトロちまき、まぐろテールステーキ、まぐろテールステーキ麺(数量限定販売)を求めるお客様が行列を作り、こちらも大変な盛況でした。三崎のまぐろの知名度や魅力の高さを改めて感じました!ただ、今年は天気が良く気温も高かったのですが、冷たい物産販売も今後課題として検討してゆきたいと思います。

また、「山中湖ロードレース」は、スポニチマラソンサミット3大友好である「三浦国際市民マラソン」「かすみがうらマラソン」「山中湖ロードレース」の一つです。エントリー数は約51,000人にあがり、3大会コラボレーションによるシティ・セールス効果は絶大であると考えられます。

今後も三浦国際市民マラソンを県外へPRしていくと共に、三浦市の特産品PR、観光情報発信を行い、さらなる三浦ファンの獲得に努めていきます!

三浦市ブースの出店状況

お問い合わせ

部署名:経済部営業開発課

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-5010

ページの先頭へ戻る