トップページ > くらしの情報 > 固定資産税 > 土地(家)を売りました・買いました

ここから本文です。

更新日:2017年9月22日

土地(家屋)を売りました・買いました

質問

 私は、昨年12月に土地・家屋を売り、今年1月中旬に法務局で所有権移転登記を済ませましたが、今年度の固定資産税・都市計画税の納税通知書が私あてに送られてきました。昨年、人手に渡っている土地・家屋なので、私に納税通知書が送られてくるのは間違いではないでしょうか?

回答

 固定資産税は毎年1月1日(賦課期日)に、固定資産を所有している方(土地・建物登記簿に登記又は土地・家屋補充課税台帳に登録されている方)に課税されますので、今年の1月2日以降に所有権を移転し、新たに固定資産の所有者になられた方への課税は来年度からになります。
 したがって、ご質問の場合、今年の1月1日現在の固定資産の所有者は、あなた様になりますので、すでに売却済の土地・家屋であっても、今年度の固定資産税・都市計画税は、あなた様に課税されます。
 ちなみに、土地や家屋を売買される場合、売り渡し以降の固定資産税・都市計画税の負担のしかたについては、売買契約の際に当事者間で取り決められることが多いようです。

お問い合わせ

部署名:総務部税務課

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-881-7815

資産税グループ 内線243,247,248
e-mail gyouseikanri0501@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る