トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 障害福祉に関する案内 > 更生医療

ここから本文です。

更生医療

内容

生活上の便宜を増すために障害を軽くしたり、機能を回復することができるようにするような医療を受けるとき、医療費を助成します。

対象者

18歳以上の身体障害者手帳を持っている者。

手続き

総合療育相談センターで判定を受けた後、自立支援医療受給者賞の交付を受け、指定医療機関で診療を受けます。

利用者負担

費用の1割(一定の所得のある方は対象外とされ、所得に応じて利用者負担の限度額が設けられています。)。

窓口

保健福祉部福祉課障害福祉担当

ページの先頭へ戻る