トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 障害福祉に関する案内 > 精神通院医療

ここから本文です。

精神通院医療

内容

精神疾患(原則的に神経症を除く)の治療のために外来受診をした場合に、その外来受診にかかる医療費を公費で負担する制度です。この制度を利用すると原則自己負担は1割になりますが、所得が一定以上の人は、自立支援医療制度の対象から外れます。

また、自立支援医療制度の対象となる人の中でも、医療保険加入単位の世帯の所得などによって、負担する金額の上限が定められています。

対象者

精神疾患治療のために精神科などに外来受診している人。

手続き

診断書(既定の用紙)

健康保険証(受診者と同じ健康保険に加入している家族全員の保険証が必要です。)

所得確認書類(市民税の課税金額がわかる書類。)

印鑑

利用者負担について

 

jikohutanjougen

窓口

保健福祉部福祉課障害福祉担当

ページの先頭へ戻る