トップページ > くらしの案内 > くらしの便利ガイド > ごみ・リサイクル > ごみ処理の広域化に向けて

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

ごみ処理の広域化に向けて

 ◆ ごみ処理の広域化

 三浦市と横須賀市は、平成21年3月に「横須賀市三浦市ごみ処理広域化基本計画」を策定し、ごみ処理の広域化を推進しています。ごみ処理の広域化とは、複数の自治体がお互いに協力してごみを共同処理することです。

 三浦市は独自の焼却施設を持っていないので、可燃ごみは県内の他の自治体に焼却を依頼しています。

 一方、横須賀市は、焼却施設の老朽化が進み、毎年、補修に多額の経費を必要としており、建替えの時期を迎えようとしています。また、独自の最終処分場を持っていないので、現在、不燃ごみはすべて多額の費用をかけて県外で埋立処分をしています。

 このように、2市はそれぞれに課題を抱えているため、お互いに協力しあい、効率的にごみ処理を行うことが必要になっています。

 平成20年12月1日、三浦市長と横須賀市長は、それぞれの市域から発生する可燃ごみ、不燃ごみ及び粗大ごみを対象に広域処理を行うことに際し、両市の役割を定め、相互にごみを共同処理するための基本方針についての基本合意書を取り交わしました。

 ごみ処理広域化を進める上での基本的な方向性を示す「横須賀市三浦市ごみ処理広域化基本計画」については、パブリック・コメント手続きを経て策定しました。

 今後2市は、この計画等に基づき、ごみ処理の広域化を推進してまいります。

 横須賀市三浦市ごみ処理広域化に関する基本合意書(PDF:77KB)

 横須賀市三浦市ごみ処理広域化基本計画(PDF:416KB)

 新たなごみ処理施設の整備について(PDF:945KB)

 

◆ ごみ処理広域化における各市の役割

各市が処理するごみ

広域が処理するごみ

紙、繊維類

容器包装プラスチック類

缶・びん・ペットボトル

集団資源回収

植木剪定枝

可燃ごみ

不燃ごみ

粗大ごみ

 ※ごみ処理広域化における基本フロー(PDF:27KB)については、こちらから

 

◆ごみ処理広域化基本計画における各市で建設するごみ処理施設について

1 三浦市

 ●最終処分場

   概要(PDF:2,813KB)

   図面1(PDF:2,952KB)

   図面2(PDF:1,798KB)

   完成予想図(PDF:2,559KB)

  ※「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」及び「三浦市廃棄物の減量化、資源化及び適正処理に関する条例」に基づき、

    「三浦市一般廃棄物最終処分場に係る生活環境影響調査報告書」を平成24年5月29日(火)~平成24年6月29日(金)の期間で縦覧を行いました。

2 横須賀市

 ●可燃ごみ処理施設

  ・焼却施設(処理方式:ストーカ式焼却炉 3炉構成)

 ●不燃ごみ等選別施設(不燃ごみと粗大ごみを破砕・選別処理する施設)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部廃棄物対策課

電話番号:046-882-1111 内線295

ファックス番号:046-881-7172

e-mail:kankyou0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る