トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 上下水道 > 下水道事業 > 助成制度等

ここから本文です。

更新日:2013年9月24日

助成制度等

1.水洗便所改造工事等資金融資あっせん

 くみ取り便所を水洗便所に改造し、または浄化槽の機能を廃止し、水洗便所を公共下水道に接続させる工事を行うとき、市と契約した金融機関から工事資金の貸付が受けられる「融資あっせん制度」を設けています。

(1)対象

  • 公共下水道の供用開始から3年以内の工事
  • 建物の所有者または所有者の同意を得た使用者が行う工事
  • 市税および受益者負担金を滞納していないこと
  • 十分な償還能力があること

(2)あっせん額

  • 1件につき60万円以内
  • 共同で使用する浄化槽の改造工事は、1件につき500万円以内

(3)返済回数

  • 36回以内

(4)利子の補給

  • 金融機関に支払った利子相当額を補給
  • 返済が遅れた場合、遅れた月の利子相当額は補給しません

2.私道の公共下水道

 私有地内の排水管の整備は本来「排水設備の設置義務者」が行うべきものですが、当該地が通路(私道)として通行に供され、かつ、次の条件を満たす場合は、申請により市で下水道管の設置を行うことができます。

(1)幅員が概ね1.8メートル以上あること
(2)下水道の処理区域内または、近く処理区域内となる区域であること
(3)公共下水道が設置もしくは近く設置が予定されている公道または私道に接続していること
(4)私道に面した建築物が2戸以上あること
(5)新たに敷地造成(開発行為)を行う区域でないこと
(6)設置する公共下水道を利用しようとする者全員が、設置後直ちに汚水を公共下水道へ流入させることが明らかであること
(7)当該私道の所有者全員の承諾が得られること
(8)当該私道にかかわる訴訟等の紛争がないこと
(9)設置する公共下水道を利用しようとする者全員が受益者負担金を滞納していないこと

 

 1.要綱

 2.申請書類

 

 

お問い合わせ

部署名:上下水道部下水道課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る