トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 上下水道 > 下水道事業 > 下水道計画

ここから本文です。

更新日:2017年9月5日

下水道計画

  三浦市では下水道事業区域を東部・西南部の2処理区に分け、東部処理区については平成3年11月20日に都市計画決定を行い、平成10年8月に一部供用開始となりました。平成24年3月31日現在では209.95haの整備が完了となり、全市人口普及率は32.3%となりました。

東部処理区事業認可

計画区域面積

234.9ha

目標年次

平成26年

下水排除方式

分流式

計画人口

15,080人

日最大汚水量

8,560立方メートル/日

 

 

                             

 

東部処理区の下水道計画について

 東部処理区は三浦半島の東側に位置し、東京湾に面した地区で南下浦地区と初声地区からなります。
現在順次整備をすすめていますが、今後も整備手法や整備効果などを検討し、効率的に整備をすすめていきます。

西南部処理区の下水道計画について

 西南部処理区は三浦半島の西側に位置し、相模湾に面した地区で初声地区と三崎地区からなります。
本処理区については、現時点では都市計画決定がなされていませんが、地域に適した処理方法を検討していきます。

お問い合わせ

部署名:上下水道部下水道課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る