トップページ > くらしの案内 > くらしの便利ガイド > ごみ・リサイクル > ごみ処理緊急課題に対応するためのアクションプログラム

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

ごみ処理緊急課題に対応するためのアクションプログラム

『ごみダイエット大作戦 プラ混入NO! 水切り徹底!』継続していきます

 三浦市には、ごみの焼却施設がないため、他の自治体に一般ごみの焼却をお願いしており、

平成25年度以降は、ごみ処理広域化のパートナーである横須賀市にお願いすべく、

この『アクションプログラム』を作成しました。

 

 最大の課題は、三浦市の一般ごみに含まれるプラスチック類の混入率が横須賀市の5%以内

を超えた高い数値となっていたこと。また、水分量についても横須賀市の概ね50%に対し、

三浦市が60%を超えていたことから、この比率を何としても横須賀市と同等レベルまで下げることでした。


 そのため、この課題を三浦市の最優先課題としてこの半年間、職員全体が共通認識を持ち、

一丸となって取り組んでまいりました。


 その結果、昨年10月から3カ月連続でプラスチック混入率は目標としていた5%以内となりましたが、

水分量は未だ60%を超えております。

 

 この結果に一喜一憂することなく、継続していくことが重要であると考えております。

このアクションプログラムは3月末までのものでありますが、これまで以上にごみの適正分別を徹底し、

ごみの減量化・資源化に取り組んでいくために新たなアクションプログラムの策定作業を進めております。

今後とも市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。



平成25年1月4日   
三浦市長  吉田 英男

 

アクションプログラム

  以下のアクションプログラムは、三浦市の職員全員が最優先課題として市をあげて取り組む『行動指針』です

 

 三浦市の可燃性一般廃棄物の処分に関する受入れ事前協議のための条件に対するアクションプログラム(PDF:316KB)

 

 職員全員がこの行動指針に従って、一般ごみへのプラスチック類混入防止及び水切りの徹底に向けて取り組んで

 参りますので、市民の皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

 

アクションプログラムに沿った取り組み

 「ごみダイエット大作戦 プラ混入NO! 水切り徹底!」三崎口駅構内キャンペーン

 ごみダイエット大作戦 プラ混入NO! 水切り徹底! アイデア募集

  一般ごみへのプラスチック類の混入防止のアイデアと一般ごみの水分率を抑えるアイデアを市民の皆様から募集しています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部廃棄物対策課 

電話番号:046-882-1111 内線291・299

ファックス番号:046-881-7172

e-mail:kankyou0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る