トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 清掃事業 > ごみと資源の分け方・出し方 三崎地区

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

ごみと資源の分け方・出し方 三崎地区

平成25年1月7日から

ごみの出す曜日と時間帯

月曜日は、プラスチック製容器包装、紙製容器包装・紙パック・ミックスペーパー
火曜日は、一般ごみ
毎週水曜日は、ペットボトル
第2・4水曜日は、埋立ごみ
第1・3・5水曜日は、枝木・草葉類
木曜日は、新聞・雑誌・段ボール、びん・缶・金物類

金曜日は、一般ごみ
粗大ごみは予約申し込み制(有料)→委託先(岬興業046-888-7477)

当日の朝8時30分までに決められた場所に決められた物を出してください。

ごみ収集場所

  • ごみの収集場所の維持・管理は利用者の責任で行い、掃除当番制等によって常に清潔にしましょう!
    カラスよけネットが必要な場合は市にご連絡ください。
  • ごみの収集場所の新設、移動、廃止については地域の皆さんで相談して市と協議してください。(なお、かご等を設置する場合は、事前に市に相談してください。)

自己搬入の手続き

ごみを市の処理・処分施設に持ち込むことができます。自己搬入できる量は、1回50kg以上に限ります。

  • 受け付け時間 8時30分~11時15分、13時00分~15時30分
    ※土日祝祭日は受け入れしていません。
  • 自己搬入する時は、品目別に分別してから持ち込んでください。
  • 受け付けしてから計量を行い、必要な料金を支払います。
  • 受け付け窓口は、環境センター(電話046-881-7171)
    三浦市南下浦町毘沙門11-2

事業系ごみ

  • 事業活動で排出されるごみは、すべて事業者自身が適正に処理することが法律(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)で義務づけられています。
  • 一般の収集場所に出すことはできません。
    例:飲食店、物販店、事務所、工場等から発生する事業系ごみ(ただし、店舗併用住宅等で少量の事業系ごみについては市に問い合せてください。)
  • 産業廃棄物は、市に搬入できません。
    例:事業活動から発生する発泡スチロール・ビニール袋・金属くず・建設廃材などの廃棄物
    ※処理方法など分からない場合は、市に問い合わせてください。

廃棄物減量等推進員

ごみに関する地域の相談窓口

  • ごみの減量化、再資源化を図るため、地域の人々と行政を結ぶパイプ役として各地区に廃棄物減量等推進員が置かれています。
  • 廃棄物減量等推進員は、ごみの分け方・出し方・ごみ収集場所の管理等に関する指導、助言、その他のごみに関する市及び地域との連絡調整を行います。

環境センター

  • 環境センターを経由して、ごみの焼却場へ搬出しています。違反ごみや多量の水分を含んだごみが入ったりすると、焼却することができなくなりますので、分別・水切りの徹底をお願いします。
品目 出す日 出し方・注意すること・分け方の主な例
一般ごみ

火・金

曜日

 

  • 生ごみは十分に水切りしてください。
  • 使用済みのティッシュやキッチンペーパーなどのリサイクルできない紙類も一般ごみです。(写真、油紙、シュレッダーされた紙、シールの台紙など)
  • てんぷら油の廃油は、紙等に染み込ませるか、固めて出してください。
  • 紙オムツは、よく汚物を取り除いてください。
  • 座布団、枕、ぬいぐるみは、中身がプラスチックなどのものは、埋立ごみに出してください。
プラスチック製容器包装 月曜日

 

  • 付着している食品や内容物は、ふき取ったり、すすいで水切りして出してください。(汚れているとリサイクルできません。)
  • フタは必ず外してください。
  • ラップに付いている値札シールやボトルについているラベルは外さず、付けたまま出してください。

※『容器包装』とは、商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって商品が消費されたり分離された場合に不要となるものです。
びん・缶・金物 木曜日

 

  • びん・缶は中身を空にして、すすいで水切りして出してください。(汚れているとリサイクルできません。)
  • フタは必ず外してください。
  • スプレー缶は、穴をあけてください。(火の気のない屋外で!)
  • 小さい金物類は、びん・缶と一緒の袋に入れて出してください。
  • 一升びん・ビールびんはできるだけ酒屋の店頭回収に出してください。
新聞紙・雑誌・ダンボール 木曜日

 

  • 新聞紙・雑誌・ダンボール・紙パックは、それぞれ分けて束ねてビニールひもでしばってください。
  • 雨の日に新聞紙・雑誌を出すときは透明な袋に入れて出してください。
  • ノート・カタログ・手帳は雑誌として出してください。
紙パック 月曜日
  • 紙パックは、中をよく洗って開いて乾かし、束ねてビニールひもでしばって出してください。(汚れているとリサイクルできません。)
  • 紙パックは、できるだけ店頭回収をご利用ください。
紙製容器包装 月曜日

 

  • 付着している食品や内容物は、ふき取ったり、すすいで水切りして出してください。(汚れているとリサイクルできません。)
  • 紙箱等は平らにつぶしてください。
  • 内側が銀色などの紙パックは中をよく洗って開いて乾かして出してください。
  • ビニールや金属類がついているものは外してください。

※『容器包装』とは、商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって商品が消費されたり分離された場合に不要となるものです。
ミックスペーパー
雑紙
月曜日

 

  • 新聞紙・雑誌・ダンボール・紙パック・紙製容器包装物以外のリサイクルできる紙がミックスペーパー(雑紙)です。
  • 使用済みのティッシュやキッチンペーパー・油紙・カーボン紙・感熱紙・写真・シールの台紙・トランプカード・墨(墨汁)の付いた紙・絵の具やクレヨンの付いた紙は『一般ごみ』に出してください。
  • プライバシーに関係するものは、一般ごみに出しても構いません。
  • トイレットペーパーやラップの芯は、つぶすか切り開いて出してください。
  • ビニールや金属類がついているものは外してください。
ペットボトル 水曜日 清涼飲料水、お酒、みりん、しょう油のペットボトルに限定します。

 

  • 中をすすいで水切りし、つぶして出してください。(汚れているとリサイクルできません。)
  • フタは必ず外してください。
  • プラスチック製のフタは『プラスチック製容器包装物』へ金属製のフタは『びん・缶』といっしょに出してください。
  • 回収ボックスの中には、ペットボトル以外は入れないでください。
枝木・草葉類 第1・第3・第5水曜日

 

  • 幹の直径が15cm以下、長さ1m以下に切って、束ねてビニールひもでしばってください。
  • 切り花は『一般ごみ』に出してください。
  • 土・石は必ず落としてください。
  • 加工された木材は混ぜないでください。
埋立ごみ 第2・第4水曜日

 

  • 割れたガラス等は紙などに包み、『危険・ガラス』と書いて出してください。
  • 刃物等は紙などに包み、『危険・刃物』と書いて出してください。
  • ホース等の長い物は1m以下に切ってください。
粗大ごみ 予約申し込み制
有料

 

  • 粗大ごみとは、一般家庭から出る耐久消費財で1辺の長さが50cm以上のものです。50cm未満でも粗大ごみとして、品目指定されているものもあります。
  • 電話で申し込み、指定された日に『粗大ごみ処理手数料納付券』を貼って出してください。なお、納付券には、受付番号・氏名を書いてください。
  • 納付券は市内の粗大ごみ処理手数料納付券取扱店で購入してください。
  • 分解して出しても有料です。

年末・年始とゴールデンウィークの期間の収集日は、三浦市民やチラシ等でお知らせします。

古着・古布の回収 3月、6月、10月の第3金曜日に三崎地区で拠点回収を行っているほか、地域の皆さんが出す日・場所を自由に決めて集めたものを市が回収する独自回収を行っています。また、月曜日から金曜日まで、市役所廃棄物対策課または環境センターで受け入れをしています。
使用済み乾電池 回収協力店または市役所、南下浦・初声市民センターの回収ボックスに入れてください。
ごみ収集場所に出せないもの 事業系ごみ、大掃除・引越しごみ等の多量のごみ等については、市に相談してください。
市では扱えないもの 廃油、薬品類、プロパンガスボンベ、タイヤ、バッテリー、農機具、ヨット、ボート、機械部品、自動車の部品、バイク、ピアノ、エレクトーン、農業用資材、ペンキ、農薬の空き缶・空きびん、消火器、アスファルト等については、市で収集・処理できませんので販売店か廃棄物処理業者にお願いしてください。
家電リサイクル法が適用される家電製品の処理 冷蔵庫及び冷凍庫・洗濯機及び衣類乾燥機・テレビ・エアコンは大きさを問わず、市では収集しません。購入または買い替えした電気店等にリサイクル料金・収集運搬料金を負担し、処理をお願いしてください。
家庭パソコンの処理 平成15年10月から製造メーカーによる回収・リサイクルが始まっており、市では収集しません。不用になった場合の処分方法は各メーカーへお問い合わせください。
飼犬・飼猫が死んだとき 廃棄物対策課へお問い合わせください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部廃棄物対策課 

電話番号:046-882-1111 内線291・299

ファックス番号:046-881-7172

e-mail:kankyou0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る