• 総合案内
  • 市民向け
  • 事業者向け
  • 観光案内
  • シティセールス
  • 組織から探す
  • 三浦市へアクセス
  • サイトマップ

総合案内 > ごみ・リサイクル > 発火のおそれがあるごみの出し方について


ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

発火のおそれがあるごみの出し方について

発火のおそれがあるごみは、ごみ出しする前に適切に処理されないとごみ収集車内で発火し火災事故が発生する原因になります。

発火したごみの写真1  発火したごみの写真2

発火したごみの写真3

写真はごみ収集車に積み込んだ後に実際に発火したごみです。

この発火の原因と思われるのは、

スプレー缶にガスが残っていたことによるもの

おもちゃに入っていた乾電池によるもの

 この2つが考えられます。

 

発火性のごみを出すときは、次の点に留意してください。

 〈主な発火物のごみ出し留意点〉

品目

分別区分

出し方・留意点

携帯用カセットボンベ

スプレー缶(エアゾール缶)

中身を使い切る(振って「シャカシャカ」と

音がする場合は、中身が残っています)

火の気のない風通しの良い場所で穴を空ける

未使用のマッチ

一般ごみ

水に浸し発火しないようにする
使い捨てライター

埋立ごみ

完全に使い切る
乾電池入りおもちゃ

埋立ごみ

乾電池を取り除く
乾電池

市内の使用済み乾電池回収協力店へ

お問い合わせ

部署名:都市環境部廃棄物対策課 

電話番号:046-882-1111 内線291・299

ファックス番号:046-881-7172

e-mail:kankyou0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る