トップページ > くらしの案内 > 新着情報 > 新型コロナウイルス感染症に関するまとめ情報はこちら > 三浦市長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2020年5月22日

三浦市長メッセージ

新型コロナウイルスに関するメッセージをお伝えします。三浦市長署名

 

新着緊急事態宣言延長に係る三浦市の取組について(令和2年5月8日)

 5月4日に緊急事態宣言の延長が発表されました。

 延長の期間は、5月31日までです。

 市民の皆様、自宅でお過ごしいただいていることに改めて感謝を申し上げます。

 全国民に対し、家計への支援として実施される特別定額給付金につきましては、市から各家庭の世帯主に対し、5月18日(月曜日)に申請書を郵送できるよう準備を進めておりますので、ご理解をお願いいたします。

 また、事業者の皆様には営業休止や来誘客の減少などに伴い、苦しい状況におられますことを、心からお見舞い申し上げます。国や県からの支援に加え、市としても、中小企業支援のための緊急経済対策の受付を5月11日(月曜日)から実施いたしますので、ご理解をお願いいたします。

 市民の皆様には、引き続き、次のような生活の維持に必要な場合を除き、外出の自粛をお願いいたします。

  • 医療機関の通院
  • 食料品など生活必需品の買い物
  • 必要な職場への通勤
  • 自宅近隣における屋外での運動や散歩など

 なお、4月中旬の週末に、多くの観光客が三浦市を訪れ、市民の皆様から市に対し、不安の声が寄せられました。市といたしましては、神奈川県等とも連携し、公営駐車場の利用を制限し、観光の自粛を呼びかけました。我慢の週間となったゴールデンウイークでは、全国的な観光自粛の呼びかけもあり、三浦市を訪れる観光客も多くはなかった状況です。市といたしましては、緊急事態宣言中は、引き続き神奈川県、県警、横須賀海上保安部と連携し、公営駐車場や漁港の利用制限、市内パトロール等を行い、観光の自粛を呼びかけてまいります。

 緊急事態宣言の延長に伴い、小中学校の休校も延長されます。私としては、何より子どもたちのストレスが心配です。

 これまでも、課題の提供や市のホームページによる学習のリンク集の活用等によって、子どもたちの家庭学習へのサポートを行って参りましたが、さらに、5月18日(月曜日)から市内小中学校一斉に、学年別の分散登校を開始します。休校中のため登校は任意となりますが、このことにより、生活リズムの回復とストレスへの対応を図ります。

 なお、実施に当たっては、教室の換気、児童生徒の机の間の距離を十分に取る等必要な感染予防策を実施します。

 皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

令和2年5月1日発行「3S市長コラム」第166号より(今一度、力を合わせて)

 4月7日に緊急事態宣言が神奈川県に発出され、まもなく1カ月が過ぎようとしています。3密を避けましょう

 市民の皆さまにおかれましては、ご自宅等でお過ごしいただいておられることに深く感謝を申し上げます。

 また、事業者の皆様におかれましては、営業休止や来遊客の減少などに伴い、苦しい状況におられますことを、心からお見舞い申し上げます。国や県からの支援に加え、市としても、中小企業支援のための緊急経済対策を実施する準備を進めていますので、ご理解をお願い申し上げます。

 例年であれば、ゴールデンウイーク期間中、ご家族でおでかけになることも多いと思いますが、今年は引き続き「ステイ・ホーム」、ご自宅でお過ごしください。その他、改めて以下のことをお願いします。

  1. フィジカル・ディスタンシング」3密を避けることや手洗い・咳エチケットの励行を徹底しましょう
  2. サポート」最前線で懸命に働いていただいている医療・福祉現場の皆さまを応援しましょう
  3. リスペクト」感染者や医療従事者、その家族や周囲の方々に対して、偏見や差別のないようにしましょう
  4. ホスピタリティ」大型連休中は市内の観光施設や駐車場等が休止していますので、三浦市にお越しいただかないようお願いしていますが、難局を乗り越えた後には、来遊客の皆さまをもてなしの心でお迎えしましょう

市長コラム166-2 自分や、自分たちだけが安心するために買い占めや外出する」、「自分だけは感染しないからマスクはしない」などとは考えず、「自分も、みんなも安心できる」、「自分も感染しているかもしれない」という発想が、大切な人の命と健康を守ることになります。

 市民の皆さまと力を合わせ、お一人おひとりの努力と工夫で、この難局を必ず乗り越えましょう。皆様のご協力をお願い申し上げます。

三浦半島への観光をお考えの皆様への三浦市長からのお願い(令和2年4月23日)

 国の緊急事態宣言による神奈川県の不要不急の外出自粛要請に伴い、本市では市民の皆様に対して、生活の維持に必要な場合を除き外出の自粛をお願いしています。

 三浦半島への観光をお考えの皆様にも、今は観光を控えていただくようお願いいたします。これは、横須賀市長と連携したお願いです。

 また、神奈川県知事から外出自粛に関する緊急メッセージも出されています。

 皆様お一人お一人が徹底して外出を控える積み重ねこそが、最前線で懸命に働いていただいている医療・福祉現場の皆様を応援することにもつながります。

 皆様のご協力により、一日も早くこの難局を乗り越えることができればと願っています。その際には、ぜひ三浦市に観光にきていただきたいと思います。

 なお、三浦市内の観光スポットはもちろん、三浦市内の公営駐車場は神奈川県とも協力し、利用ができない状況です。海沿いを中心に、先週末路上駐車が溢れましたが、それらの場所も駐車ができないように対策を進めています。三浦市にお越しいただいてもお楽しみいただける場所はございません。趣旨をご理解いただき、ご協力をお願い申し上げます。

令和2年3月27日発行「3S市長コラム」第165号より(3つの「密」を避けて行動しましょう!)

 新型コロナウイルス感染症は、様々な国で大規模な感染が発生し、外出禁止や移動制限等の措置を取らざるを得ない状況です。

 3月25日(水曜日)の東京都知事の呼びかけで、首都圏の各知事から週末の不要不急の外出自粛要請がされています。市民の皆様にもぜひご協力をいただきますよう私からもお願い申し上げます。

 3月19日に、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」が公表されました。

 提言において、「気付かないうちに感染が市中に拡がり、あるときに突然爆発的に患者が急増(オーバーシュート)すると、医療提供体制に過剰な負荷がかかり、それまで行われていた適切な医療が提供できなくなること」に対する懸念が示されています。

 東京都知事の呼びかけは、現状を「感染爆発の重大局面」ととらえたものです。

 このような状況に陥らないようにするために極めて重要なことは、一人ひとりの日々の行動を変えることです。

 提言では、以下の3つの条件が同時に重なる場を避けることが有効であるとしています。

1 換気の悪い密閉空間

2 多数が集まる密集場所

3 間近で会話や発声をする密接場面

 皆様には、上記3つの「密」を徹底的に避けて行動していただきますようお願いいたします。

 三浦市においては、4月からは、小中学校と屋外の公共施設利用を再開いたしますが、イベントの中止や屋内の公共施設の臨時休館は、当面4月30日(木曜日)まで継続します。市民の皆様には大変なご負担を強いる状況となっており、様々な場面で不便や不安を感じることがあると思います。しかし、一人ひとりが自身の行動を変えることにより、集団感染が抑制され、結果としてオーバーシュートを回避することにつながります。

 今後も、市民の皆様とともに、感染拡大防止に向けて全力で取り組んでまいりたいと存じますので、引き続き皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

令和2年3月1日発行「3S市長コラム」第164号より(新型コロナウイルス感染症について)

 新型コロナウイルス感染症について、神奈川県内でも感染者が発生しています。

 ニュースなどでも連日報道され、不安に過ごしていらっしゃる方も少なくないと思います。

 本市では、令和2年2月20日に「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、感染拡大の防止に向けて、市が主催するイベント等については、令和2年3月31日までの間、法令等に基づく実施の必要性、市民の生命、健康、生活に対する影響等を考慮した市の基準に基づき、実施、中止又は延期の判断をすることなどを決定しています。

 また、感染拡大防止を最優先に考え、市内小中学校を令和2年3月2日(月曜日)から25日(水曜日)まで臨時休業とすることとしました。

 ウイルスの感染予防・拡散防止の趣旨をご理解のうえ、ご協力をいただきたく存じます。

 感染経路について、現時点では、飛沫感染と接触感染の2つが考えられています。

 そこで、皆様に日常生活で気を付けていただきたいポイントを紹介します。

1 こまめに手洗いをすること

 外出先からの帰宅時や調理の前後、こまめに手を洗いましょう。

2 咳の症状がある場合には、咳エチケットを行うこと

(1)マスクを着用する

(2)マスクがないときはティッシュやハンカチで口・鼻を覆いましょう

(3)とっさの時は袖で口や鼻を覆いましょう。

 3 発熱等の風邪の症状がある場合には、学校や会社を休んでください

 市民の皆様におかれましては、常に最新で正確な情報を確認していただき、冷静な行動を心がけていただきますよう、お願い申し上げます。

 本市においても、市民の皆様が不安にならないよう、正確でわかりやすい情報を発信しつつ、国や県などの関係機関と協力しながら感染拡大防止に向けた体制を整備し全力で対応してまいります。

関連資料

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111内線215

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る