トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート(平成28年4~6月)

ここから本文です。

更新日:2016年7月11日

フォトレポート(平成28年4~6月)

三浦メキシコ国際交流事業Miura a la Mexicana(ミウラ ア ラ メヒカーナ)【平成28年6月26日(日)旧三崎中学校体育館】

 市内の有志の皆様により、メキシコ伝統プロレス(ルチャリブレ)や伝統ダンス、伝統音楽(マリアッチ)などが、旧三崎中学校を舞台に盛大に披露されました。

 市民の方がきっかけをつくり、それが市内の多くの方や団体に伝わって実現した、まさに市民発信のイベントです。ご来場された在日メキシコ大使館の皆様におかれても、三浦市の人の温かさやグルメなどをご堪能いただけたことと思います。

 これを契機に、両国の文化への理解が深まり、新たな交流の輪が広がれば幸いに思います。

ごあいさつ 案内看板

ルチャリブレ マリアッチ

三浦地域資源ユーズ設立10周年記念レセプション【平成28年6月17日(金)三浦バイオマスセンター】

 三浦地域資源ユーズ(株)が、設立されてから10周年を迎えられましたことを、心からお祝い申し上げます。

 資源循環型のエネルギー活用を目標に設立以降、多くの関係団体に支えられ、さらには地域住民の皆様の多大なるご協力を賜りながら、この10年間を歩んでこられたことと存じます。

 民間によるこのような取組は全国的にも珍しく、まさに三浦市にとっての誇りだと思います。これからも三浦市の環境政策において、末永くご活躍をされますことを祈念いたします。

ごあいさつ 三浦地域資源ユーズ

歯のフェスティバル表彰式【平成28年6月12日(日)市民ホール】

 歯科医師会をはじめとし、神奈川歯科大学や各幼稚園・保育園・学校のご協力により、「はみがきじょうずな わたしはげんき☆」をサブタイトルに、29回目となる歯のフェスティバルが市民ホールで開催されました。

 歯科検診や歯科相談、口腔がん検診などを実施し、表彰式では良い歯の園児の皆さんや歯の健康に保たれている高齢者の皆さんを表彰させていただきました。

 関係各位の皆様のご尽力により、フッ素洗口の励行など歯の健康の意識が高く、これからも歯の大切さを忘れず、歯の健康維持をいつまでも続けていただきますようお願いします。

表彰式1 表彰式2

三浦半島サミット参加首長による小網代の森視察【平成28年6月2日(木)小網代の森】

 三浦半島サミットを構成する首長らで、小網代の森の視察を行ないました。
 小網代の森は、関東でも唯一といわれる完結した自然集水域生態系が形成されており、環境学習や観光にとって三浦半島における非常に重要な拠点のひとつになると考えています。
 この貴重な財産を、三浦半島の各市町が連携して有効に活用し、回遊性を構築してそれぞれの地域の活性化につながることを期待しています。

小網代の森視察 小網代の森視察

小網代の森視察 小網代の森視察

三浦市防犯協会総会【平成28年6月2日(木)三崎警察署】

ごあいさつ 三浦市防犯協会におかれましては、日頃から地域の防犯活動にご尽力いただき、感謝を申し上げます。
 三浦市では、防犯を大きく脅かすような事案はありませんが、オレオレ詐欺事件などは発生しています。安全安心なくらしは、多くの市民の皆様が望まれることだと思います。
 これからも、防犯協会の皆様や、三崎警察署のご協力を仰ぎながら、あったかいまちづくりを進めてまいります。

マレーシア修学旅行生の受入れ歓迎式【平成28年6月1日(水)三浦市役所】

 昨年に続き、マレーシアからの修学旅行生にお越しくださいました。おもてなしの心を持って歓迎します。
 三浦市は漁業や農業が盛んな町で、その特性を旅行会社と連携して国内外に売り込みを図っていますが、その効果の表れだと実感しています。
 滞在中は三浦市の自然や農漁業、マリンスポーツなどを体験していただき、日本での良い思い出としていただきたいと思います。

ごあいさつ 学生の皆さん

みうら学・海洋教育研究所の表敬訪問【平成28年6月1日(水)三浦市役所】

 平成28年3月8日に設立された「みうら学・海洋教育研究所」の皆様から表敬訪問を受けました。
 これまでも三浦市では市内にある東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所と連携し、海に囲まれた三浦らしい海洋教育を実践し、その先駆性を全国に発信してきました。
 このたびの研究所の創設により、さらに取り組みを加速させ、三浦の子供たちにとって豊かな教育環境となれば幸いです。

ごあいさつ 研究所の皆さん

「ごみダイエット大作戦」駅前キャンペーン【平成28年5月30日(月)三浦海岸駅前】

 三浦市の一般ごみは、横須賀市及び地元町内会のご理解とご協力により焼却をしていただいています。そのための条件として、プラスチック混入率は目標数値を維持していますが、水分率は依然として大きな課題となっています。

 今年度は「ギュッと絞ってエコライフ」をキーワードにアクションプログラムに取り組み、その一環として三浦海岸駅前でキャンペーンを行ないました。

 市民の皆様におかれましては、より一層の水切りの徹底に向けて、「ごみダイエット大作戦」にご協力いただきますよう、お願いいたします。

ごあいさつ 駅前キャンペーン

第39回道寸祭り-三浦道寸没五百年忌-【平成28年5月29日(日)油壺荒井浜海岸】

 今回で39回目を向かえる「道寸まつり」は、北條早雲との戦に敗れた三浦道寸・荒次郎親子の没500年の節目となりました。

 三浦一族の供養祭に始まり、和太鼓の演奏・横須賀開国甲冑隊の行進、立身流兵法の演武、笠懸が行なわれ、多くの方に楽しんでいただけたことと思います。

 また、あわせて三浦道寸が第11代城主を務めた新井城址の公開もされ、三浦ゆかりの道寸の歴史を身近に感じていただく機会となれば幸いです。

ごあいさつ 笠懸

第6回三浦半島サミット【平成28年5月23日(月)鎌倉市役所】

三浦半島サミット 横須賀市長、葉山町長、鎌倉市長、逗子市長と三浦市長で構成される第6回目の三浦半島サミットが、鎌倉市役所で開催されました。

 三浦半島サミットとは、三浦半島が持つ自然環境、観光資源、利便性などの魅力とそれぞれの地域力を生かして、4市1町が広域連携を展開することにより、相乗的な魅力の向上、地域の活性化等を図ることを目的としています。

 今回は、これまでのサミットで協議されたことの進捗状況を確認したほか、プレゼンテーションを通じて様々な分野について意見交換を行いました。今後も三浦半島の地域性を生かした活性化のために、より密接した各市町との連携・協力を行っていきたいと思います。

陸上自衛隊第31普通科連隊長の表敬訪問【平成28年5月19日(木)三浦市役所】

陸上自衛隊第31普通科連隊長 武山駐屯地にある陸上自衛隊第31普通科連隊長である大谷正道・1等陸佐から表敬訪問を受けました。

 自衛隊は国土の防衛はもちろんのこと、災害時においては東日本大震災や先日の熊本地震においても、人命救助や災害復旧等に大きなご尽力をされておられます。

 地域において頼れる存在として、これからもご活躍されることをご期待申し上げます。

三崎マリンからの熊本地震への義援金寄託【平成28年5月19日(木)三浦市役所】

三崎マリンからの義援金 三崎マリン株式会社から、熊本地震への義援金の寄託を受けました。

 皆様からのご厚志は、日本赤十字社を通じて熊本へ届けさせていただきます。

第42回三浦危険物安全協会定例総会【平成28年5月16日(月)三浦市立病院】

 三浦危険物安全協会におかれましては、日頃から危険物による火災、漏洩事故等の防止のため、安全対策や自主保安の確立、火災予防における普及活動にご尽力いただき、心から敬意を表します。

 また、この定例総会において、協会の会員の皆様からは熊本地震への義援金もお預かりさせていただき、感謝を申し上げます。

 これからも市民の安全安心のため、さらには広く地域福祉の向上のために、ご活躍されますことを祈念いたします。

義援金の受領 ごあいさつ

第9回三浦市自転車マナーアップ大会【平成28年5月14日(土)潮風アリーナ】

 5月の自転車マナーアップ強化月間において、市内小学生の参加により自転車マナーアップ大会が開催されました。

 この大会は、児童の皆さんに学科試験と実技試験にチャレンジしていただき、交通ルールや自転車の安全な乗り方を学んでもらうためのものです。

 このような場をきっかけに、地域ぐるみで交通事故防止へ取り組んでいただきますよう、地域と共に取り組んでまいりたいと思います。

ごあいさつ 実技試験

電池推進船「らいちょうS」進水式【平成28年5月6日(金)シーボニアマリーナ】

 屋根に薄膜太陽電池を設置した電池推進船「らいちょうS」の進水式がシーボニアマリーナで行なわれました。

 これは神奈川県が実施した薄膜太陽電池プロジェクトを活用して、東京海洋大学が開発した世界初の急速充電対応型電池推進船です。

 三浦の地にて環境と観光を両立させるためにご尽力いただきましたリビエラリゾートと東京海洋大学には、心から敬意を表します。

テープカット 試乗

第10回三崎まぐろ鉄火巻日本一寿司づくり大会【平成28年4月24日(日)三崎下町】

 日本記録の更新をめざして、まぐろの町、三浦三崎をさらに全国的にPRし、三崎下町に活気を取り戻そうとしたこの大会も、今回で10回目となりました。

 残念ながら、雨天時の会場でもありました魚市場が、来年から使えなくなることにより、今回の規模の大会はこれで最後となります。

 これまで大会を支えてくださった協賛各社や関係者の皆様に心から御礼申し上げますとともに、これからも三崎下町の活性化にご協力くださいますようお願い申し上げます。

ごあいさつ 参加者の光景

南雲吉則先生との会談【平成28年4月24日(日)三浦市役所】

南雲先生 主治医が見つかる診療所でお馴染みの「南雲吉則」先生と健康を維持するための食事について健康と食事に関するお話する機会をいただきました。南雲先生は、TV番組の撮影で三浦を訪れる機会も多く三浦市の首都圏からの地理的な条件、三浦の食材産地としてのパフォーマンスを高く評価されています。

 今回は、南雲先生より良い食事を改善することで健康寿命を延ばし「健康でカッコよく美しい」素敵なライフスタイルを実現すことを医師として世界に発信する「命の食事プロジェクト」を立ち上げていらっしゃり、この実証フィールドとして三浦の高い可能性を提案いただきました。
 今後、市民は勿論ですが、本市を訪れる方々にも何時までも元気で健康を維持していただきたいという思いは市長としての願いでありますので、南雲先生と協働できる機会を模索してまいりたいと考えます。

三浦市身体障害者福祉協会定期総会【平成28年4月24日(日)勤労市民センター】

ごあいさつ 身体障害者の社会的地位の確立と福祉の増進に大きく寄与され、地域社会に多大なご貢献をいただいていることに対し、深く敬意を表します。

 この4月から「障害者差別解消法」が施行されました。この法律は、「不当な差別的取扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めるものです。

 市としても、2月にはこの法律をテーマにした講演会を開催して多くの市民の方にご参加いただきましたが、これからも法の周知とともに、法の精神が浸透するよう努力していきたいと思います。

第39回神奈川新聞社旗争奪三浦半島少年野球大会【平成28年4月24日(日)潮風スポーツ公園】

 三浦半島の少年野球チームがここ三浦に集われることを、心より歓迎いたします。選手の皆様が競技に専念できることは、この開催にあたってご尽力された関係者の皆様及び日頃より蔭ながら支えていただいている保護者の皆様の存在があったからこそです。

 選手の皆様におかれましては、日頃の練習の成果を十分に発揮されることが、支えてくださった方への最大の感謝だと思います。

 ぜひ、本大会が実り多い大会になりますことを祈念いたします。

ごあいさつ 選手宣誓

第28回みさき食の神フェスティバル【平成28年4月10日(日)海南神社】

 「食の神フェスティバル」はまちおこしの一環として、「食の神様祭・奉納料理・包丁式」の3つを柱に郷土芸能の披露、地元の菓子等の販売で賑わいを演出し、地域の活性化を図るためのお祭りです。

 包丁式では四条古流家元により、三浦三崎にふさわしくマグロを素材として執り行われたほか、神楽師会による「面神楽」奉納や大道芸、大根・キャベツ・塩蔵わかめの無料配布が行なわれました。

 三浦市は海の幸、山の幸の豊かな食の町です。食の恵みに感謝を忘れず、この恵みを多くの方に楽しんでいただけるよう、これからもシティセールスに努めて行きたいと思います。

ごあいさつ 包丁式

奉納料理 奉納料理

三浦半島地域連合政策・制度首長懇談会【平成28年4月4日(月)湘南楽友】

懇談会の様子 三浦半島地域連合の役員の皆さんと、三浦半島4市1町の首長とで毎年恒例の懇談会が行なわれました。

 前回の懇談会の際に提案させていただいた、地方創生などに関する意識調査を実施していただき、感謝を申し上げます。

 その調査結果からは、居住地に対する意識や結婚・子育て観など、様々な事柄が読み取れ、今後の市政に対する大変貴重な資料となりました。

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る