トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート(平成28年11月~平成29年1月)

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

フォトレポート(平成28年11月~平成29年1月)

東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所創立130周年記念シンポジウム&三浦真珠プロジェクトキックオフシンポジウム【平成29年1月28日(土)市民ホール】

 三浦市内にある東京大学三崎臨海実験所の創立130周年を記念するシンポジウム及び産学官民が連携した三浦真珠プロジェクトキックオフシンポジウムを、東京大学とともに行いました。

 前半には三浦の海や三浦真珠の活用、みうら学・海洋教育研究所の報告、さらには名向小学校の児童の皆さんからの発表が行われ、後半には東京大学三崎臨海実験所の赤坂甲治所長、衆議院議員の小泉進次郎氏、東京大学の五神真総長、編集者・評論家の山田五郎さんと、「三浦真珠プロジェクト」の将来を見据えてパネルディスカッションを行いました。

 黒岩祐治・神奈川県知事や吉田均・(株)ミキモト代表取締役社長、原田一之・京浜急行電鉄(株)取締役社長らもかけてつけていただき、会場いっぱいとなったお客様には、「奇跡の海」とパネラーの皆さんからも称賛いただいた三浦の海と三浦真珠を知っていただける、非常に有意義なイベントになったと実感しています。

記念撮影 臨海実験所長の講演

名向小学校児童の発表 パネルディスカッション

文化財防火デーに伴う消防訓練【平成29年1月26日(木)寳徳寺】

 文化財防火デーにあわせ、22回目となる消防訓練を、社寺、地元区、教育委員会、消防署、消防団が協力して初声町にある寳徳寺で行なわれました。

 消防団の皆様におかれましては、日頃から地域の安全安心のためにご尽力いただき、あらためて御礼を申し上げます。非常に緊張感のある有意義な訓練であったと思います。

 空気が乾燥して、火災が発生しやすい時期でもありますので、防火には十分注意していただきますようお願いします。

文化財搬出 負傷者救助

消火訓練 講評

南三陸町長の来市【平成29年1月18日(水)三浦市役所】

佐藤仁・南三陸町長(左) 宮城県南三陸町長の佐藤仁様が、昨年に引き続き三浦市を表敬訪問されました。

 三浦市では平成23年7月から南三陸町へ市職員を継続的に派遣しています。町長が語る南三陸町の復興状況について、その派遣経験者も同席して心配そうに傾聴していました。

 また、昨年には三浦市内で踊りを行う菊千会の皆様が南三陸町を訪問して踊った際に町長が見に来てくださり、今回は町長が三浦でもその踊りを見ていただくなど新たな交流も広がっており、とてもうれしく感じました。

チャッキラコ奉納【平成29年1月15日(日)海南神社】

 ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形民俗文化財であるチャッキラコの奉納が海南神社で行われました。

 三崎花暮、仲崎地区に伝わる女性だけの小正月の行事として、小学校6年生から5歳までの女の子たちが、日頃の練習の成果を見せてくれました。

 この伝統ある行事が今日まで続いているのは、ちゃっきらこ保存会をはじめ地域の皆様のおかげであり、感謝を申し上げたいと思います。

チャッキラコ チャッキラコ

ごあいさつ 記念撮影

成人の日のつどい【平成29年1月9日(月)市民ホール】

 夢と希望に満ちた新成人の皆様に心からお祝いとお慶びを申し上げます。

 本日の式の企画・運営に携わっていただきました新成人でもある運営委員の皆様に敬意を表しますとともに、参加された方や参加できなかった新成人の皆様の前途を祝したいと思います。

 大人としての権利を得るとともに、義務と責任を負うことになった新成人の皆様が、郷土三浦を愛し、三浦に生まれた誇りを胸に、輝かしい未来への第一歩を踏み出していただくことをご期待申し上げます。

ごあいさつ 実行委員会の皆さん

新年祝賀式【平成29年1月5日(木)市民ホール】

 自治、産業、文化、教育、福祉、その他公益事業にご貢献いただきました方々を表彰させていただきました。三浦市の発展に多大なるご功労を賜り、心から御礼を申し上げます。

 本日、表彰された皆様には、引き続き三浦市の発展にお力添えを賜りますとともに、皆様の今後のますますのご活躍をお祈りいたします。

 今年は「三浦市は 人よし 食よし 気分よし」のフレーズで、市外の方も市民の方も三浦市の魅力を感じていただけるよう、尽力していきたいと考えておりますので、引き続き皆様のご理解とご協力を賜りますよう、お願いいたします。

表彰 三崎小学校児童のダンス

消防出初式【平成29年1月5日(木)うらり交流広場】

 市民の生命、身体及び財産を守るという消防の使命のもと、「より強く」「より早く」「より効率的な」消防力の確保に向け創意工夫を重ね、急速な時代の進展に即応すべく、本年4月1日より三浦市、横須賀市との消防広域化がスタートします。また、現在建設中の新消防庁舎も、消防広域化に合わせ完成を予定しています。

 三浦市消防団におきましては、平素より火災など災害に即した防火・防災の中核的存在として、市民から厚い信頼と期待が寄せられ、かけがえのない地域防災の要として、その職務を遂行されておりますことに敬意を表しますとともに、陰ながら支えていただいているご家族のご理解の賜物であり、この場をお借りして深く感謝を申し上げます。

 諸団体の皆様の本市防災行政に対するご理解とご協力に、あらためて心より厚く御礼申し上げますとともに、多様化している災害により、消防・防災を取り巻く環境が著しく変化する中、災害に強いまちづくりをこれからも目指してまいります。

式辞 一斉放水

仕事始め式【平成29年1月4日(水)三浦市役所】

年頭の訓示 新年の年明けに伴い、新たに気持ちを引き締めて仕事に取り組むための仕事始め式を行いました。

 三浦市の財政事情は非常に厳しい状況に置かれていますが、効率的な財政運営に務めなければなりません。また、これまで述べてきました「シンプル・スピード・サービスの3つのS」や「親切・丁寧・真心」を改めて噛みしめ、市民の皆様の期待にお応えするために全力で取り組むよう、幹部職員へあらためて訓示をしました。

 本年は、「三浦市は人よし、食よし、気分よし」を新たなキーワードに市政に取り組んでまいりますので、引き続き市民の皆様のご指導とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新年初取引手締式【平成29年1月4日(水)三崎水産物地方卸売市場】

 新たな年の始まりに、本年も関係各位の皆様とともに、三崎魚市場の初取引手締式を迎えられましたことを、大変喜ばしく思います。

 この市場では高度衛生管理化に取り組んでおり、いよいよ低温卸売場の建設が始まるなど、着々と進捗をしており、業界の皆様にあらためて御礼申し上げます。

 これからも市場と三崎漁港の繁栄に励んでまいりますので、本年も皆様方のご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

ごあいさつ 初取引の様子

第66回社会を明るくする運動作文コンテスト三浦地区優秀賞表彰式【平成28年12月22日(木)三浦市役所】

受賞者との記念撮影 第66回社会を明るくする運動の一環として行われました作文コンクールにおいて、市内の小中学生から98点の応募がありました。

 その中から小学生4名、中学生1名の計5名を神奈川県推進委員会へ提出するとともに、三浦地区優秀賞として表彰しました。

 皆さんの作文は「社会を明るくする」ということについて、自分の体験等を通して感じたことをわかりやすく書いてあり、そのような気持ちを大切にして、思いやりを持てる大人になってほしいと願います。

民生委員児童委員退任式【平成28年12月21日(水)三浦市役所】

 民生委員児童委員の改選により、32名の方々が任期満了として退任されることとなりました。

 これまで長きにわたり、社会奉仕の精神をもって、地域住民の良き相談相手としてご活躍された皆様に対して、心から御礼を申し上げます。

 この貴重な経験を生かされ、引き続き福祉の向上にご指導賜りますようお願いいたしますとともに、今後の皆様の新たな舞台でのご活躍を祈念いたします。

感謝状をお渡ししました ごあいさつ

ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会開催決定にかかる記者会見【平成28年12月20日(火)全日本空輸本社】

 平成29年5月11日(木)から16日(火)まで、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会の開催が決定し、その記者会見が行われました。

 会見には実行委員会の会長・吉田雄人横須賀市長、副会長の篠辺修全日本空輸(株)代表取締役社長、原田一之京浜急行電鉄(株)取締役社長、監事・長谷川浩特定非営利活動法人日本ウインドサーフィン協会会長、國重正雄神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター所長と、プロウィンドサーファーの国枝信哉選手、須長由季選手が出席しました。

 三浦市はこの日から実行委員会の副会長として参加させていただきました。大会会場となる津久井浜・三浦海岸エリアがウインドサーフィンをはじめとするマリンスポーツのスポットとして世界中に認識されていくことを、大いに期待しています。

ごあいさつ フォトセッション

横須賀ごみ処理施設建設工事安全祈願祭【平成28年12月17日(土)横須賀市長坂】

 横須賀市長坂の横須賀ごみ処理施設建設工事の建設地で行われた安全祈願祭に出席しました。

 三浦市と横須賀市は平成20年に「ゴミ処理広域化に関する基本合意書」を締結しており、無事に安全祈願祭を迎えられたことをお祝い申し上げますとともに、無事に事故なく安全に工事が進むことを祈念いたします。

 三浦市でも11月に一般廃棄物最終処分場の建設工事が着手したところであり、引き続き広域化における三浦市・横須賀市のごみ処理にご理解とご協力をお願いします。

ごあいさつ 記念撮影

2016JALホノルルマラソン表敬訪問【平成28年12月11日(日)ハワイ・ホノルル】

 毎年、三浦市で開催する三浦国際市民マラソンはホノルルマラソンの国内唯一の姉妹マラソンであり、本年もホノルルマラソン協会からの招きに応じて表敬訪問いたしました。

 世界最大級の市民マラソンであるホノルルマラソンは、その運営においても素晴らしいものがあり、今回もスタートや表彰式のプレゼンターとして参加させていただいたほか、ホノルルマラソンエキスポで三浦市ブースの設置やホノルル市役所を訪問するなどシティーセールスを行いました。

 3月に開催されます三浦国際市民マラソンにはホノルルマラソン協会も毎年訪問していただいており、両マラソンがこれからも姉妹マラソンとして多くの方に愛されるマラソンであり続ければと思います。

スタートリフトアップ 表彰式

ホノルル市役所表敬訪問 ホノルルマラソン協会会長ジム・バラハル氏

神奈川県宅建協会からの寄付受領【平成28年12月2日(金)三浦市役所】

宅建協会の皆様 公益社団法人神奈川県宅地建物取引業協会横須賀三浦支部の皆様から、ご寄付を賜りました。

 同支部におかれましては、毎年みうら市民まつりにご参加いただき、グリーン&クリーンアクションとして宅建協会の環境美化・緑化キャンペーンを実施されております。

 その中で募られた寄付金を三浦市みどり基金にご協力いただきました。同支部の活動に心から感謝を申し上げるとともに、これからもご支援を賜りますようお願い申し上げます。

三浦市民生委員・児童委員委嘱辞令伝達式【平成28年12月1日(木)市民ホール】

 三浦市民ホールにおいて、民生委員・児童委員辞令及び主任児童委員指名状伝達式並びに社会調査委員委嘱式を執り行いました。

 民生委員・児童委員は厚生労働大臣からの委嘱を受け、各地域の住民福祉向上のために活動していただいていますが、今年は3年に一度の改選の年となりました。

 核家族化等により地域の関係性が希薄になる中、委員の皆様の役割はますます高まっています。新任の方も再任の方も、地域の皆様が安心して楽しく暮らせる社会のためにお力添えを賜れば幸いです。

委嘱辞令等の伝達 ごあいさつ

三崎警察署多数遺体取扱研修会【平成28年11月25日(金)旧三崎中学校体育館】

 三崎警察署の呼びかけにより、医師会や歯科医師会、市内葬祭業者の協力により実施された多数遺体取扱研修会に市としても参加しました。

 この研修会は、大規模災害発生時などにおける遺体の取扱について、迅速かつ適正な手法を理解するとともに、各関係機関との連携を確認するものです。

 検視・検案から身元の確認、遺体洗浄や納棺等について、専門家から実技とともに説明がなされ、不測の事態に備えるための実践的な研修会になったと感じています。

ごあいさつ 検視

納棺 遺族対応

「ごみダイエット大作戦」駅前キャンペーン【平成28年11月21日(月)三浦海岸駅前】

 今年は5月に引き続いて、三浦海岸駅前にて三浦市が進める「ごみダイエット大作戦」について、通勤通学でお帰りの方々を中心にキャンペーン活動を行いました。

 三浦市の一般ごみは、横須賀市及び地元町内会のご理解とご協力により焼却をしていただいています。そのための条件として、プラスチック混入率は目標数値を維持していますが、水分率は依然として大きな課題となっています。

 市民の皆様におかれましては、より一層の水切りの徹底に向けて、「ごみダイエット大作戦」にご協力いただきますよう、お願いいたします。

ごあいさつ キャンペーンに参加したみうらん

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る