トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート(平成29年9~11月)

ここから本文です。

更新日:2017年11月21日

フォトレポート(平成29年9~11月)

第52回民謡・民舞大会【平成29年11月12日(日)市民ホール】

 三浦市民謡協会が主催する第52回民謡・民舞大会を訪問しました。

 毎年、多歌と踊りの彩なプログラムで、参加者の皆様が心から楽しんでおられる光景は、見ている側の心も温まる思いがします。

 三浦市は三崎甚句やダンチョネ節など、地域ごとに様々な民謡や民舞がありますので、その伝統を楽しく受け継いでいくこの大会が、末永く続くことを願います。

ごあいさつ 参加者の演技

第23回城ヶ島駅伝競走大会【平成29年11月12日(日)城ヶ島】

 第23回目となる城ヶ島駅伝が、穏やかな秋晴れの下、城ヶ島の島内を舞台に、昨年を上回る147チームのエントリーにより開催されました。

 この駅伝の開催にあたりましては、主催者の三浦市陸上競技協会をはじめ、城ヶ島区や観光協会などが一丸となっており、まさに城ヶ島を挙げてのイベントだと感じています。

 参加者の健康と体力づくりはもちろん、城ヶ島のにぎわいのためにも、これからも多くのランナーや地域に愛される駅伝として続けていただきたいと思います。

ごあいさつ スターター

神奈川県保健衛生表彰等表彰式・三浦食品衛生協会長表彰式【平成29年11月6日(月)神奈川県三浦合同庁舎】

 平成29年度の神奈川県保健衛生表彰保健福祉事務所長表彰および三浦食品衛生協会長表彰の表彰式が執り行われました。

 受賞された皆様は、日頃から地域医療の発展、環境衛生・食品衛生環境の向上に多大なご協力をいただき、御礼申し上げます。

 「人よし、食よし、気分よし」の「食よし」は、皆様方のご尽力のたまものだと思いますので、引き続き、衛生環境の普及、啓発等にご尽力いただきますよう、お願い申し上げます。

ごあいさつ 記念撮影

防火ポスターコンクール表彰式【平成29年11月2日(木)三浦消防署】

受賞者の皆さんと作品 市内の小中学生295人から応募をいただきました防火ポスターコンクールの表彰式を行ないました。

 子どもの視線で描かれた絵は、アイディアにあふれ、市民の皆様の目を楽しませていただくばかりでなく、火災予防に一方ならぬ役割を担ってくれています。

 子どもたちが注意していただければ、大人たちにも良い啓発となりますので、受賞者の皆さんは今回の受賞に誇りをもっていただき、これからも火災予防にご協力をいただきますよう願いします。

三浦市戦没者追悼式【平成29年11月2日(木)市民ホール】

式辞 市民ホールにおいて、戦没者追悼式を挙行しました。謹んで戦没者の皆様に追悼申し上げます。

 今日においても世界中でテロや地域紛争が後を絶たず、近隣諸国でも北朝鮮情勢をめぐる緊張が高まるなど、世界平和への道のりは未だに遠いことを痛感せざるを得ません。

 終戦より72年が過ぎましたが、二度と悲惨な歴史を繰り返さないために、平和の尊さを未来を担う次の世代へ着実に継承し、なお一層の努力を重ねることをお誓い申し上げます。

菊名の飴屋踊り【平成29年10月24日(火)菊名区民会館】

 毎年10月23日に菊名の白山神社例祭で奉納されている菊名の飴屋踊りが、台風の影響により24日に順延されて開催されました。

 この踊りは村々を回って飴を売り歩いた「飴与三」という飴売が伝えたことから「飴屋踊り」と呼ばれており、神奈川県無形民俗文化財に指定され、菊名の飴屋踊り保存会により継承されています。

 今年は「ダイドードリンコ日本の祭り2017」にも紹介されるなど高く評価されており、保存会の皆様のこれまでの努力に敬意を表するとともに、より多くの方に三浦市が誇る伝統文化を知っていただければと思います。

ごあいさつ H29飴屋踊り2

ダイドードリンコ日本の祭り2017表敬訪問【平成29年10月23日(月)三浦市役所】

 「ダイドードリンコ日本の祭り2017」に、「菊名の飴屋踊り」が紹介されることとなり、NPO法人日本の祭りネットワーク理事長・ダイドーグループホールディングス(株)取締役会長の髙松富博氏、ダイドードリンコ(株)代表取締役社長の髙松富也氏、(株)テレビ神奈川代表取締役社長の中村行宏氏らが訪問されました。

 この事業はダイドードリンコが全国の祭りを通じて地域の魅力を広く紹介される活動として、テレビなど複数のメディアで紹介されます。三浦市としては平成26年の海南神社・夏例大祭に続いての選出になり、大変光栄に感じています。

 「菊名の飴屋踊り」は、毎年10月23日に菊名の白山神社例祭で奉納されてきた祭りであり、神奈川県無形民俗文化財に指定されています。この紹介を機に、三浦の伝統文化が多くの方に評価され、地域のにぎわいにつながればうれしく思います。

日本の祭り関係者の皆様 菊名の飴屋踊り

ME-BYOサミット神奈川2017in箱根【平成29年10月20日(金)湯本富士屋ホテル】

 ME-BYOサミット神奈川2017in箱根が開催され、当日「WHOエイジフレンドリーシティ参加承認証明書授与セレモニー」もあわせて行われました。

 エイジフレンドリーシティとはWHOが2010年に立ち上げた「高齢者に優しい都市づくりに取組む自治体等の国際的なネットワーク」であり、三浦市も参加することを表明し、WHOから参加承認証明書が授与されました。

 この取組みは神奈川県が推進しており、三浦半島サミットとしても協力してくこととなっています。今後はWHOの支援のもと、各自治体と連携・協力して高齢者に優しい都市づくりを進めていきたいと思います。

参加承認証明書授与 記念撮影

第47回三浦市学校保健大会【平成29年10月19日(木)潮風アリーナ】

ごあいさつ 47回目となる三浦市学校保健大会が、潮風アリーナで開催されました。日頃から学校教育に対して多大なご尽力を賜りますPTA会員、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、神奈川県鎌倉保健福祉事務所などの皆様に敬意を表します。

 この大会は、児童生徒の心身の健全な発達と、学校保健をとりまく諸課題について研究協議を行い、健康安全に対する認識を深めることを目的としています。

 今回は小児精神科医として豊富な経験と深い知識をお持ちで、三浦市の教育嘱託相談員としてもご活躍される青山会津久井浜クリニックの井上亮子先生から「小児精神科医は診療室で何をしているか」をテーマにご講演をいただくなど、学校保健の理解を深めるための有意義なひとときになったことと思います。

第55回三浦市広報大会・第13回三浦市防犯のつどい【平成29年10月14日(土)市民ホール】

 三浦市区長会主催による広報大会と三浦市防犯協会主催による防犯のつどいが、今回は合同開催となり、多くの方々のご参加により盛大に執り行われました。

 広報大会は自治体活動に貢献された方々の功績を称えて表彰しています。防犯のつどいは安全・安心まちづくり旬間にあわせて功労団体やポスター・標語の表彰をしています。

 表彰をされた皆様に心からお祝い申し上げますとともに、これからも協働したまちづくりのために、市民の皆様と関係団体、市が連携・協力して取り組んでまいりたいと思います。

表彰の光景 受賞者との記念撮影

第39回市民スポーツ大会【平成29年10月8日(日)南下浦中学校、初声小学校、三崎中学校】

 市民スポーツ大会は昨年と一昨年が雨天中止のため3年ぶりとなりましたが、今年は清々しい秋晴れの下、三崎地区、南下浦地区、初声地区の3か所で開催されました。

 各会場で小さなお子様からお年寄りまで熱心に競技に取り組む様子は、小さな都市ながらも皆さんが元気に暮らす三浦市の縮図のようであり、微笑ましく拝見させていただきました。

 気軽にスポーツを通じて心地よい汗をかいていただくとともに、地域の皆様とも交流されるなど、秋の1日を楽しんでいただけていればうれしく思います。

ごあいさつ 南下浦地区の様子

初声地区の様子 三崎地区の様子

消防操法競技大会【平成29年10月7日(土)城ヶ島公園駐車場】

 横須賀市と三浦市の消防広域化が実施されてからはじめてとなる消防操法競技大会が、三浦消防署からも多くの協力を得て開催されました。

 今回で47回目を迎えましたが、参加した全ての消防団はこれまでの練習の成果を存分に発揮され、大変素晴らしい大会になったと思います。

 消防団の皆様におかれましては、日頃から献身的に活動されておられることに敬意を表するとともに、これからも地域防災の要としてご活躍されることを祈念いたします。

優勝旗返還 大会の様子

KEIKYU OPEN TOP BUS運行開始記念式典【平成29年10月5日(木)三崎口駅】

 「みさきまぐろきっぷ」のリニューアルと「KEIKYU OPEN TOP BUS」が運行開始することを記念した式典が開催されました。

 この「みさきまぐろきっぷ」をご利用いただいて三浦市を訪れていただいた方は、昨年度は15万7千人と年々増加しています。

 このオープントップバスにより、さらに三浦市の景観を堪能していただくことができ、改めて京急電鉄様とは連携を密にしながら、多くのお客様をおもてなしの心をもってお迎えしたいと思います。

テープカット ごあいさつ

新しい駅名板と2台のバス オープントップバス案内所

みうらトーク&トーク【平成29年10月3日(火)ミサキドーナツ】

 今年度2回目となるトーク&トークを、三崎下町コワーキングスペース「波止場商店」の皆様と行いました。

 テーマを「私たちが三浦でしてきたこと。これからしたいこと。」としましたが、実際に三崎下町で実践的で様々な活動をされる皆様との意見交換は、とても刺激的で有意義な時間になりました。

 これからも地域の皆様と協働して、三崎下町の活性化に向けて、情熱をもって取り組んでいきたいと思います。

トーク&トーク1 H29トーク&トーク2

関東学院大学・地域創生特論講師【平成29年9月27日(水)関東学院大学】

 関東学院大学法学部地域創生学科では、神奈川県内の地方自治体が講義を行う「地域創生特論」を開講しており、市民生活や健康福祉、環境、まちづくり、産業振興など、それぞれの実態に即した講義が実施されています。

 県内の10自治体が科目を担当しており、三浦市の初回に講師として学生の皆さんに三浦市の現状についてお話しさせていただきました。

 この講義を通じて、学生の皆さんが地域課題への意識を持っていただくきっかけとなり、さらには実際に三浦で活躍していただければうれしく思います。

講義の様子1 講義の様子2

国際交流推進英語非常勤講師表敬訪問【平成29年9月27日(水)三浦市役所】

 これまで1年にわたって国際交流推進英語非常勤講師を務めていただいたケイトリン・ジェーン・ピケットさんと、新たに着任されるコートニー・アン・マシューさんが表敬訪問してくれました。

 ケイトリンさんは、明るい性格で子供たちにも大変人気があり、英語だけでなく国際交流の大切さなどたくさんのことを教えてくれたと思います。退任されることは残念ですが、市と総務省から感謝状をお渡しさせていただきました。

 また、コートニーさんについては、引き続き子供たちとの交流を深めて、ウォーナンブール市と三浦市の架け橋として、ご活躍いただくことを期待しています。

ケイトリンさんへの感謝状 ケイトリンさん(右から2人目)とコートニーさん(左から2人目)

東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー【平成29年9月21日(木)潮風アリーナ】

 東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアーのフラッグ展示を実施しました。(主催:東京都、東京2020組織委員会、JOC、JPC)

 フラッグツアーは、オリンピックフラッグ・パラリンピックフラッグが全国を巡回するイベントで、神奈川県には9月3日にフラッグが到着し、9月4日から約2か月間をかけて県内の全市町村を巡回中です。昨日は逗子市で展示が行われ、明日は鎌倉市で展示される予定です。

 三浦市でのフラッグ展示は一日だけですが、これからも東京2020オリンピック・パラリンピックを応援していきたいと思います。

旭小学校支援学級の子供たち フラッグツアー

三浦市敬老事業 百歳高齢者表敬訪問【平成29年9月19日(火)市内各地】

 敬老事業として、市内在住の百歳(内閣総理大臣祝状等贈呈対象者)になられる方を訪問させていただきました。

 三浦市内で百歳になられる方は15名おられ、この日は9名の方を訪問させていただくとお元気で出迎えていただける方が多く、非常にうれしく思います。

 三浦市の高齢化率は37%と、県内の都市では最も高くなっていますが、三浦市の温暖な気候の中、お元気な方が多いと感じていますので、これからもお元気で長生きしていただきたいと願います。

百歳高齢者訪問1 百歳高齢者訪問2

百歳高齢者訪問3 百歳高齢者訪問4

中学校体育祭【平成29年9月16日(土)三崎中学校、南下浦中学校、19日(火)初声中学校】

 三崎中学校、南下浦中学校、初声中学校で開催された体育祭を観戦しました。

 あいにくの天気で、初声中学校は順延での開催となりましたが、いずれの中学校も生徒と教員が一丸となってそれぞれの競技に熱心に取り組み、また保護者の皆様も熱心に応援されている姿が印象的でした。

 少子化が顕著となっている三浦市ですが、このような元気な姿を拝見しますと、子どもたちが未来に夢をもってもらうためにも、これからのまちづくりに努めていきたいと思います。

三崎中学校体育祭 南下浦中学校体育祭 初声中学校体育祭

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る