トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート > フォトレポート(令和2年8~9月)

ここから本文です。

更新日:2020年10月9日

フォトレポート(令和2年8~9月)

明治安田生命保険相互会社横浜支社からの寄附【令和2年9月18日(金曜日)三浦市役所】

横浜支社長様 明治安田生命保険相互会社横浜支社(横浜支社長・今泉宏久様)から「新型コロナウイルス感染症対策支援寄附金」にご寄附いただき、心から感謝を申し上げます。

 会社だけでなく従業員の皆様からのご厚志もあるとのことで、新型コロナウイルス感染症の拡大防止や緊急経済対策などの取組を進めるために有効に活用させていただきます。

 新型コロナウイルス感染症により苦しんでいる人や闘っている人たちを応援するため、引き続き多くの方から温かいご支援をいただければ幸いです。

まごころマスクの寄付報告【令和2年9月17日(木曜日)三浦市役所】

市社協の皆さん 三浦市社会福祉協議会では、本当に必要とする方へ、市民の皆様の"まごころ”のこもったマスクを届けるため、寄付を募られました。

 市でも寄付箱の設置に協力し、総数で3,239枚の善意の"まごころ”が寄せられたとのことです。

 このマスクは、医療機関や小学校などに配布されるほか、地域のサロンで配布されるとのことで、"まごころ”が必要となる多くの人たちのところに届けられることを、非常に喜ばしく思います。

庁舎防災避難訓練【令和2年9月1日(火曜日)三浦市役所】

 関東大震災の発生した9月1日の「防災の日」にあわせ、毎年、震度6弱の南関東直下型地震の発生を想定した訓練を、横須賀市消防局にも協力をいただいて実施しています。

 この訓練は、震災が発生した、もしくは発生する恐れがある時、開庁時に勤務中の職員が、来庁者の安全確保を優先しつつ、自身の安全を確保するため退避し、地震の鎮静化と共に避難場所に向けた行動のほか、三浦市災害対策本部設置に伴う初動活動や役割に即応できるよう、状況に応じた自発的な準備と共通認識を持って避難行動をとることを目的としています。

 今年度は新型コロナウイルス感染症を意識した訓練とし、発災から避難、状況報告まで、3密状況下においても市民の生命と財産を守るため、迅速かつ冷静に適切な対応ができるよう、常に準備をしていきたいと思います。

訓練報告 講評

令和2年度義援シャツ販売結果報告【令和2年8月26日(水曜日)三浦市役所】

商店街連合会(右)、ロータリークラブ(左) 今年度も三浦商工会議所、三浦市商店街連合会、三浦市職員厚生会による義援シャツ販売実行委員会が組織され、販売結果の報告に訪問されました。

 この義援シャツは、東日本大震災復興支援と市内経済活性化等を目的として行われ、売上金の一部を継続的に支援している宮城県南三陸町へお届けしています。今年は、三浦ロータリークラブからも、独自の義援金が寄せられました。

 コロナ禍にもかかわらずご協力いただきました方々に感謝を申し上げます。復興支援は継続することが大切であり、今後も多くの市民の皆様にご理解とご協力をお願いできればと思います。

三浦ロータリークラブからの寄贈に対するの感謝状贈呈【令和2年8月12日(水曜日)三浦市役所】

三浦ロータリークラブ新旧会長(左側) 三浦ロータリークラブより、新型コロナウイルス感染症に係る医療支援のため殺菌灯付保管庫をご寄贈いただきました。

 同クラブからはコロナ禍において、これまでにも三浦市立病院に対してサージマスクをはじめ、様々なご寄贈をいただき、心から感謝を申し上げます。

 最前線で活躍される医療従事者および市立病院を利用される市民の皆さまにおいて、非常に心強いことと実感し、改めて御礼申し上げます。

三浦縦貫道路2期北側区間現地視察【令和2年8月7日(金曜日)三浦縦貫道路】

 三浦市幹線道路整備促進協議会として、三浦縦貫道路2期北側区間を視察しました。

 この協議会は三浦市内の幹線道路の整備促進を図ることを目的に、市民、議会、経済団体を中心に設立され、幹線道路の整備促進に関する様々な要望を行ってきました。

 この開通により、市民の方にとっては横浜横須賀道路等へのアクセス強化、市外の方にとっては三浦市までの渋滞の緩和等、様々な効果が期待でき、地域活性化に大きく寄与してくれると期待しています。

視察風景 三浦縦貫道路

東京大学大学院理学系研究科付属臨海実験所教育棟完成披露式典【令和2年8月7日(金曜日)三崎臨海実験所】

 三崎臨海実験所教育棟の完成を心よりお祝い申し上げます。三浦市としては、世界にも誇れる最先端の実験所があることは、非常に光栄なことと考えています。

 平成24年には連携協力協定を締結させていただき、教材開発、自然観察、教員の研修、研究会等の活動を行い、今では三浦市の「海洋教育」は子供たちにとっても、欠くことのできない三浦らしい教育の一部となっており、あらためて感謝を申し上げます。

 この教育棟の完成により、この実験所が海洋生物学の研究と教育の中心として、ますますその存在価値を高めていただき、末永くご繁栄されることを祈念いたします。

テープカット 記念撮影

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111内線215

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る