トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート

ここから本文です。

更新日:2019年8月19日

フォトレポート

フォトレポートフォトレポート

日常の市長の行動を、写真とともにお伝えします。

バックナンバー

平成30年度 4~5月 6~7月

8~9月

10~11月 12~1月 2~3月

令和元年度

平成31年度

4~5月

6~7月

8~9月

10~11月

12~1月 2~3月

Facebook市長室Facebookでも掲載していますので、こちらも活用ください。

新着警察協力章受章報告【令和元年8月16日(金曜日)三浦市役所】

高梨会長(左) 三浦市交通安全協会会長・神奈川県交通安全協会理事の髙梨和吉さんが、警察協力章を受章され、その報告に来庁されました。

 これは警察庁長官から授与される、民間人への最高位の表彰であり、今回は神奈川県からの唯一の受章者でした。

 髙梨会長は三浦野菜を使った大根絶キャンペーンなどに熱心に取り組み、長年に渡って地域に密着した地道な交通安全活動を続けてこられたことが評価されたと思います。心からお祝い申し上げますとともに、これからもご活躍されることを願います。

 

新着三戸のオショロ流し【令和元年8月16日(金曜日)三戸海岸】

 国指定重要無形民俗文化財である三戸のオショロ流しが初声町の三戸海岸で行われました。

 「オショロ流し」はお盆にお迎えした祖先の霊を送る行事で、大人たちが浜で5mほどの藁舟をつくり飾りをつけ、船にお精霊様を載せ、子どもたちが泳いで沖へと曳いていきます。

 子どもたちは「セイトッコ」と呼ばれ、少子化によって担い手は少なくなっていますが、元気に船を曳く姿と、それを見守る大人たちを拝見し、伝統が強く息づいていることを実感しました。保存会をはじめ、地元の皆様に感謝いたします。

オショロ流し1 オショロ流し2

第11回みうら夜市【令和元年8月13日(火曜日)、14日(水曜日)三崎下町商店街】

 三崎下町商店街を会場に、11回目を迎えた三崎・夏の風物詩「みうら夜市」が開催されました。

 今回は会場内で浴衣の無料レンタルサービスが行われ、オーストラリアや台湾からも参加していただくなど、港町三崎の昭和の趣を感じさせるレトロな雰囲気に浸りながら、三浦ならではのグルメやイベントを体験していただけたことと思います。

 ご協力いただいた関係者の皆様に御礼申し上げますとともに、お客様には三浦の夏の思い出となればうれしく感じます。

ごあいさつ 会場風景

オーストラリアの皆さん 台湾の皆さん

台湾からの留学生【令和元年8月9日(金曜日)三浦市役所】

台湾からの留学生の皆さん 東京YMCAでは、台湾YMCAの学生ボランティア受け入れを行っており、その一環で三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジに2名の方が来日しています。

 お二人はみうら夜市初日の8月13日に、夜市で開催される「浴衣無料レンタル」を利用いただき、浴衣姿で夜の三崎下町を堪能していただく予定です。

 本場台湾の夜市と異なる雰囲気を楽しんでいただくとともに、みうら夜市を台湾でも発信していただければと思います。

第39回三浦海岸納涼まつり花火大会の協賛に関する合意書の取り交わし【令和元年8月2日(金曜日)三浦市役所】

 サミー株式会社・三浦海岸納涼まつり実行委員会・一般社団法人三浦市観光協会の三者において、協賛に関する合意書が取り交わされました。

 サミー株式会社は「SAMMY BEACH FIELD」の設置など、三浦海岸地区の活性化に力添えをいただき、感謝を申し上げます。

 このことにより、例年より趣向を凝らしパワーアップした「第39回三浦海岸納涼まつり花火大会 Presented by Sammy」として8月6日(火曜日)に実施される予定ですので、ぜひご期待ください。

関係者の皆さん 花火大会

「飲んだら、泳がない」キャンペーン2019【令和元年8月2日(金曜日)三浦市役所】

主催者の皆さん 「飲んだら、泳がない」キャンペーン2019の主催者である公益財団法人日本ライフセービング協会と協賛であるサッポロホールディングス株式会社が表敬されました。

 このキャンペーンは千葉県の御宿町などで行われており、県内では三浦海岸だけとのことです。

 海水浴場での飲酒が原因となる水難事故が後を絶たず、事故の人的要因の内、8.7%が飲酒とのことですので、飲酒による水難事故の撲滅と飲酒マナーの向上を目的とするこのキャンペーンを応援したいと思います。

令和元年度人権啓発講演会【令和元年8月1日(木曜日)横須賀市文化会館】

ごあいさつ 国連NGO横浜国際人権センター主催による人権啓発講演会において、開催地区の代表としてご挨拶申し上げました。

 人権は人間が最も大切にし、また尊重していかなければならないことと思いますが、未だに偏見や差別が残っていることをとても悲しく感じ、早期の解決を切に願うところであります。

 講演会では京都新聞社に勤務されていた藤井昭三氏により人権問題の現状をテーマとして話していただき、改めて人権について考えるきっかけとしていただければと思います。

 

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111内線215

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る