トップページ > 市政情報 > 市長の部屋 > フォトレポート

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

フォトレポート

フォトレポートフォトレポート

日常の市長の行動を、写真とともにお伝えします。

バックナンバー

平成30年度 4~5月 6~7月        
平成29年度

4~5月

5~7月

7~9月

9~11月

11~1月 1~3月

Facebook市長室Facebookでも掲載していますので、こちらも活用ください。

新着三浦市敬老事業 百歳高齢者表敬訪問【平成30年9月14日(金曜日)市内各地】

 敬老事業として、市内在住の百歳(内閣総理大臣祝状等贈呈対象者)になられる方を訪問させていただきました。

 三浦市内で百歳になられる方は12名おられ、この日は10名の方と107歳になられる最高齢者の方を訪問させていただくと、お元気で出迎えていただける方が多く、非常にうれしく思います。

 三浦市の高齢化率は38%と、県内の都市では最も高くなっていますが、三浦市の温暖な気候の中、お元気な方が多いと感じていますので、これからもお元気で長生きしていただきたいと願います。

表敬訪問の様子1 表敬訪問の様子2

紙芝居の寄贈【平成30年9月7日(金曜日)三浦市役所】

 読み聞かせサークル「えほんの海をおよぐ」の皆さんから、小学校に対して紙芝居「みうらのさくらのものがたり」をご寄贈いただきました。

 この紙芝居は市内在住の絵本作家・平田さん夫妻がサークルの皆さんと作成されました。三浦海岸の河津桜が植えられた経緯などをわかりやすくまとめられ、子どもたちに郷土愛を育んでほしいとのことです。

 先日行われたお披露目会には想定を超える200人ほどの方にご来場いただいたとお聞きし、多くの市民や、桜まつりにお越しいただく方などにご覧いただけるよう、サークルの皆さんを応援したいと思います。

紙芝居の説明 サークルの皆さん

庁舎防災避難訓練【平成30年8月31日(金曜日)三浦市役所】

 関東大震災の発生した9月1日の「防災の日」にあわせ、毎年、震度6弱の南関東直下型地震の発生を想定した訓練を、横須賀市消防局にも協力をいただいて実施しています。

 この訓練は、開庁時に勤務中の職員が、震災が発生した、もしくは発生する恐れがある時、来庁者の安全確保を優先しつつ、自身の安全を確保するため退避し、地震の鎮静化と共に避難場所に向けた行動のほか、三浦市災害対策本部設置に伴う初動活動や役割に即応できるよう、状況に応じた自発的な準備と共通認識を持って避難行動をとることを目的としています。

 各職員は緊張感をもって参加しており、非常時にはこの訓練の経験をもとに、市民の生命と財産を守るため、迅速かつ冷静に適切な対応ができるよう、常に準備をしていきたいと思います。

発電機訓練 訓練後の講評

三浦市幹線道路整備促進協議会要望活動【平成30年8月30日(木曜日)神奈川県横須賀土木事務所、神奈川県庁】

副知事への要望活動 三浦市幹線道路整備促進協議会の一員として、神奈川県副知事などに対して、幹線道路の整備促進を求める要望活動を行いました。

 幹線道路は、地域経済の活性化や災害時における緊急輸送道路の確保の観点から極めて重要であるため、市民の皆様も長年待ち望んでいる三浦縦貫道路の早期整備などを要望いたしました。

 これからも、幹線道路の整備促進に向け、しっかりと取り組んでまいります。

三浦国際市民マラソンに係る特別協賛【平成30年8月30日(木曜日)三浦市役所】

石田・ミズノ(株)営業本部首都圏支社長(右) 三浦国際市民マラソンにおいて、ミズノ(株)と特別協賛企業として正式にスポンサー提携をすることとなりました。主には、大会の参加者に配布する記念Tシャツの提供などで大会をサポートしていただく予定です。

 この提携に先駆けて、ミズノ(株)営業本部首都圏支社・石田雅司支社長にお越しいただき、感謝を申し上げさせていただきました。

 これまでの特別協賛企業である京浜急行電鉄(株)とキリンビール(株)横浜支社の2社に、新たにミズノ(株)が加わることにより、これまで以上にランナーをはじめとする来場者の皆様にご満足いただけるよう、大会の成功に向けて努めてまいります。

三浦地区行政相談委員ブロック会議【平成30年8月27日(月曜日)うらり】

ごあいさつ 行政相談員の皆様には、日頃から行政と地域住民の皆様とを結ぶ大事な懸け橋としてご活躍されておられますことを、深く感謝申し上げます。

 ともすれば、なかなか行政に届かない声を、行政相談委員の皆様が受け付け、それを的確に行政に届けてくださることで、行政運営の改善や住民サービスの向上につながっております。

 少子高齢化や人口減少社会の進展により、行政課題は多様化、複雑化してまいります。そのような中、行政相談委員の皆様の役割は益々重要になってまいりますので、引き続き地域の身近な相談相手としてご協力いただきますようお願い申し上げます。

海上殉難者慰霊祭【平成30年8月16日(木曜日)市民ホール】

 三浦市の水産業発展にご尽力を賜りながらも、海に殉じた漁船乗組員等のうら盆追善供養として、みうら漁協など水産関連団体とともに海上殉難者慰霊祭を挙行いたしました。

 本年度の合祀者数は744名であり、ご遺族の悲しみや予期せぬ不幸を、心からお察し申し上げます。今年の春には三浦市低温卸売市場が竣工しました。三浦市の水産業が発展することは、海に生き、海に殉じられた諸霊に報いる道だと思います。

 ご遺族の前途と、現在ご活躍中の同志にかぎりないご加護を賜りますとともに、海原に尊き生命を捧げられた方々のご冥福をお祈りいたします。

追悼のことば 会場風景

第10回みうら夜市【平成30年8月13日(月曜日)、14日(火曜日)三崎下町商店街】

 夏のお盆の時期の催しとして定着してきたみうら夜市の開催も、10回目の節目を迎えることとなりました。

 今回は「KEIKYU OPEN TOP BUS」も展示・開放されたほか、歌や踊りの披露や子供から大人まで楽しめる体験型イベントなど、港町三崎の昭和の趣を感じさせるレトロな雰囲気に浸りながら、三浦ならではのグルメやイベントを体験していただけたことと思います。

 ご協力いただいた関係者の皆様に御礼申し上げますとともに、お客様には三浦の夏の思い出となればうれしく感じます。

会場風景 ごあいさつ

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111内線215

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る