トップページ > 市へのお問い合わせ > これまで寄せられた意見 > 目安箱 平成28年度受付分掲載一覧 > 役所の対応について

ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

役所の対応について

受付番号 目28-030
収受日 平成28年11月15日
件名 役所の対応について
内容

 

 三浦市長殿、お忙しい所、申し訳ございません。

 私は今年の1月まで三浦市に住んでいたものです。

 先日「市税過誤納金の還付請求について」と書類が1枚送られて来ました。

 「多く払ってたんだ。」と思いつつ書類を読むと5年経つと時効で消滅しますやら、わざわざこちらが市役所まで行く(受付時間は午後1時45分までと謎に早い受付終了時間)か口座への振り込み(最初から一緒に送付しておけ!)。

 そちらが誤って多く徴収しといて謝罪の一言もない。

 そちらの都合に合わせた還付手続き。

 (元ですが)市民を馬鹿にしてませんか?

 挙げ句、本日、振り込み用紙を送るように税務課へ電話したところ、職員の対応が全くなってません。

 もちろん謝罪の一言もない。

 謝罪や申し訳ない気持ちがないのだろうから話を事務的、進めようとする対応、 何より職員の返事が「うん、うん」、「はい」と返事することも出来ないんですか?それで良いと思いますか?

 見下されてるようで腹がたちました!

 電話の相手に言っても埒が明かないと思い、市長殿へ連絡させていただきます。

 

回答日 平成28年11月18日
回答・対応概要

 

 このたびは、市税の過誤納金の還付手続きにおいて、ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

 今回お送りした「市税過誤納金の還付請求について」は、市税の過誤納金が生じたことにより、平成28年1月1日から平成28年6月30日までの間に還付通知書をお送りした方のうち、まだ、還付金のご請求をいただいていない方を対象に、改めてご請求をお願いするものです。

 昨年12月に転出届が提出されたことで、平成27年度の国民健康保険税が減額になったため、保険年金課から税額を変更した旨の通知「納税(変更)通知書」をお送りしましたが、その後に納め過ぎていることがわかったため、6月に税務課から「還付通知書」を送らせていただきました。その際、「還付請求書」を同封し、口座振込又は窓口受取のいずれかご希望の方法でお返しするご案内をさせていただきましたが、ご請求をいただいていなかったため、今回の通知をお送りしたものです。

 市税の過誤納金の請求権は、地方税法で5年とされているため、お早めのご請求をお願いする意味で、時効についてのご案内をさせていただいております。また、受付終了時間を午後1時45分までとしているのは、還付金を直接現金でお返しする場合の、市役所内の横浜銀行派出窓口でのお支払い取扱時間が、午後2時までとなっているためです。なお、「口座振込依頼書」については、「還付請求書」を紛失してしまった場合に、送らせていただいています。

 お手続きについては、ご説明が充分でない部分もあり、またお手数もおかけしますが、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

 なお、職員の対応により、ご不快な思いをさせてしまったことにつきまして、心よりお詫びいたします。

 電話や窓口での対応については、日頃から誠意を持って丁寧に対応することを職員一同心がけているところですが、接遇につきましては改めて指導を徹底いたしました。

 

事務担当 総務部税務課gyouseikanri0601@city.miura.kanagawa.jp

 

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る