トップページ > 市へのお問い合わせ > これまで寄せられた意見 > 目安箱 平成28年度受付分掲載一覧 > 沓形公園について

ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

沓形公園について

受付番号 目28-040
収受日 平成28年12月26日
件名 沓形公園について
内容

 

 先日沓形公園の使用について意見申し上げたものですが,返答いただきありがとうございました。少年野球の普及については理解しました。子どもたちには是非とも甲子園を目指していただきたいです。そこで,改めてご意見申し上げますが,実際問題として沓形公園内で野球を行うと,遊歩道までボールが飛んできたりして大変危険です。過去には軟式ボールが胸にあたって死亡した例もあります。(ちなみに野球は,部活動において柔道についで2番めに重度障害若しくは死亡例が多いスポーツです。)

 そこで,安全対策のために是非ともグラウンド全面を囲うネットを設置していただきたいです。それと子どもたちの安全を考えグラウンド部分の地面を芝生か,せめて土のグラウンドにしていただきますようお願いします。現在の沓形公園は野球のグラウンドでいう”内野”の部分は小さな砂利が敷き詰められていて転んだらすりむけてしまいます。それと外野フェンス部分がコンクリートなので頭を打ち付けたら相当危険だと思います。緩衝材を用いたフェンスに変えていただきたいです。それとAEDが設置されていないようなのでAEDの設置も検討してください。

 ついでですが,おそらく少年野球チーム関係者の車だと思いますが,公園内の入り口遊歩道部分に駐車されてしまい遊歩道を使いたい者が不便を生じています。公共の乗物を利用していただくか,近くに(三崎口付近に)コインパーキングがあるのでそちらを利用していただくようにしていただきたいです。市が公園内に駐車するのを認める場合はせめて車椅子の者が通れるくらいのスペースを開けていただくか,公園入り口の木立を整備すれば2,3台分くらいの駐車スペースは確保できるのではないかと思います。検討してください。

 

回答日 平成29年1月6日
回答・対応概要

 

 沓形公園は、主に街区内に住んでいる方の利用に供する事を目的とした街区公園であり、三浦スポーツ公園の様に有料の運動施設ではないため、利用者がグラウンド規模や簡易設備であることを認識した上で、利用していただいています。

 ボールの飛び出し防止対策、グラウンドの土の改善、外野のコンクリート擁壁の安全対策の要望をいただきましたが、そのような施設整備を行う事は本市の財政状況から非常に難しい現状であるため、安全対策としては、利用者の皆様へご注意いただくことをお願いしていきます。また、ご要望のAEDの設置につきましては、AEDが高価なものであり、公園に設置となると盗難の恐れがあるため配置は難しいと考えます。周辺施設での設置について検討する場合、区との協議が必要となってきますのでご意見として承ります。なお、現状において、三崎口駅周辺にいくつか設置されておりますので、市HP(下記URL)をご参照ください。

 AED設置場所:http://www.city.miura.kanagawa.jp/kikikanri/aed.html

 また、利用者の沓形公園内の駐車につきましては、一般利用者の通行を妨げないように啓発していきます。

 安全対策については重要であるため、地域住民や利用者等の意見を聞き、公園利用について検討していきたいと考えておりますので、ご理解くださいます様お願いします。

 

事務担当

都市環境部土木課toshi0201@city.miura.kanagawa.jp

総務部防災課gyouseikanri1001@city.miura.kanagawa.jp

 

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る