トップページ > 市へのお問い合わせ > これまで寄せられた意見 > 目安箱 平成28年度受付分掲載一覧 > 小松ヶ池の野鳥の餌付けについて。その後

ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

小松ヶ池の野鳥の餌付けについて。その後

受付番号 目28-047
収受日 平成29年1月10日
件名 小松ヶ池の野鳥の餌付けについて。その後
内容

 

小松ヶ池の野鳥の餌付けについて。その後

 先月12月にカワセミへの餌付けについて投書したものですが,今月7日土曜日に小松ヶ池に遊びに行ったら,また餌付けをして写真撮ってました。本当に職員は巡回して注意してるんでしょうか?私が遊びに行く度に餌付けをやってるんですけども。完全にやめるまで職員を常駐させたほうが良いのではないでしょうか?有名ですが金八先生の「腐ったミカン」の話知ってますか?金八先生いわく「腐ったミカンが一つでもあると,取り除けば他は大丈夫!」だそうです。早く取り除きましょう。

 小松ヶ池ネタをもう一つ投書します。小松ヶ池公園の公衆トイレ外壁に張ってある張り紙ですが,土木課の連絡先が載っていたので土木課が張ったのだと思いますが,あの文言は流石にいただけません。(「人間の目は2つだぞ」みたいな張り紙です。)盲人に対し差別と誤解されかねない表現だからです。これから桜まつりが始まれば多くの人が訪れる場所です。三浦市の見識を疑われてしまいますよ。文言を変えるか剥がした方が良いのではないでしょうか?確認してみてください。

 

初声の民家から飛び出している木について

 初声に建設中のおそらく老人ホーム?の裏の川沿いの歩道ですが,民家から飛び出ている木の枝というか木そのものが通行の妨げになっています。一部,目にかぶさる辺りまで垂れ下がっていて大変危険です。たぶん地面から150センチくらいの場所まで垂れているのではないでしょうか。通学路でもありますし適切に処理するようにお願いします。ついでにその通りの街灯(下宮田●●街灯とその周辺の街灯です。)のカバーが外れ電線がむき出しです。地面に近い場所なので子供が手でも突っ込んだらと思うとゾッとします。すぐにカバーを取り付けてください。

 

回答日 平成29年1月18日
回答・対応概要

 

 小松ヶ池公園の餌付けにつきましては、情報提供後、定期的に巡回しておりますが、当該行為の事実発見はできませんでした。今後も継続して巡回し、当該行為の発見に努めて発見した際は注意・警告を行ってまいります。

 なお、当該行為をなくすために常駐するというご提案につきましては、市内63公園を限られた人員で管理している実情があるため、常駐による対応はとれないことをご理解くださいます様お願いします。

 また、小松ヶ池公園トイレ外壁にある貼り紙につきましては、ご指摘のとおり誤解を招く表現でした。今後は、広く皆様にご理解いただけるよう内容を変えて注意喚起してまいります。

 次に、民家から飛び出している木につきましては、地権者を指導した結果、通行の妨げになっていた枝木の管理剪定が行われたことを確認しました。

 最後に、下宮田●・●の街灯につきましては、応急処置を施しました。今後、より適切な対応に努めてまいります。

 

事務担当

都市環境部土木課toshi0201@city.miura.kanagawa.jp

市民部市民協働課shiminkyodo0101@city.miura.kanagawa.jp

 

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る