トップページ > 市政情報 > 三浦市について

ここから本文です。

更新日:2011年10月27日

三浦市について

沿革

  三浦市の歴史は古く、市内には古代、縄文、弥生、古墳時代の遺跡が広く分布しています。
 鎌倉時代初期には、和田義盛をはじめとする三浦一族が活躍し、また、この時代は三崎に桜、椿、桃の三つの御所が開かれ、源頼朝をはじめとして多くの要人が来遊しました。
 江戸時代には港町としてにぎわい、次第に漁港としての整備が進み、これが近年における遠洋漁業基地としての都市形成の基礎を築いたといえます。
 その後、昭和30年1月1日に三崎町、南下浦町、初声村が合併して「三浦市」となり現在に至っています。

三浦市章

昭和31年1月20日制定 

『みうら』の『み』を鮪2尾、大根2本で図案化したもの。生産都市三浦を象徴しています。

三浦市の花・木・鳥  

はまゆう

はまゆう

三浦半島南部が自生の北限といわれ、砂地に生える大型の常緑多年生草本。

くろまつ

くろまつ

三浦市内いたるところに自生している常緑樹。和田海岸のくろまつの自然林は珍しい。

うみう

うみう

城ヶ島南面の赤羽海岸の切立った崖面に、毎年初冬から春にかけて数百羽もの
群棲が見られる。県の天然記念物。 

歴史・文学

三浦市の歴史・文学について

お問い合わせ

部署名:政策部市長室 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る