トップページ > 市政情報 > 三浦市のプロフィール > 平和行政

ここから本文です。

更新日:2019年8月1日

平和行政

核兵器廃絶平和都市記念碑三浦市は、今でこそ平和で穏やかな日々を送っていますが、昭和29年の太平洋ビキニ環礁におけるアメリカの水爆実験により、三崎港から出漁していたマグロ船が被災し、多くの犠牲者が出たとともに、被災したマグロが陸や海に処分され、マグロ船主と市場経済は大混乱になったという、悲惨な体験をしています。

そのような歴史的体験をふまえ、本市では平成3年に非核三原則の完全なる遵守を求め、あらゆる国の核兵器の廃絶と軍縮を願う「核兵器廃絶平和都市宣言」をするとともに、この宣言を受けて翌年には「折鶴」をモチーフとした「核兵器廃絶平和都市宣言記念碑」を、城山町の市体育館前に建立しました。

さらに、核兵器のない平和な世界を実現することを目的とした「平和首長会議(外部サイトへリンク)」に加盟するなど、戦争がない平和で安心して暮らせる世界が訪れることを強く願い行動しています。

三浦市核兵器廃絶平和都市宣言

核兵器廃絶平和都市宣言記念碑

ビキニ環礁での水爆実験

【ビキニ事件】

平和首長会議への加盟

被爆アオギリ二世

みうらピースデー2019
(PDF:1,396KB)

これまでの平和行政の取組
(戦争遺構見学会や平和の標語など)

非核・平和を巡る三浦市の歩み(PDF:331KB)

 

原爆死没者・戦没者への追悼と平和祈念の黙とうをお願いします

昭和20年8月6日午前8時15分に広島、同年8月9日午前11時2分に長崎に原爆が投下されてから、74年目を迎えます。

市民の皆さまにおかれましても、原爆死没者・戦没者への追悼と世界恒久平和の実現を祈念するため、広島、長崎の原爆投下時刻と「戦没者を追悼し平和を祈念する日」である8月15日の正午に黙とうを捧げましょう。

~三浦市は、戦争がない平和で安心して暮らせる世界の実現を目指し、核兵器廃絶平和都市宣言をしています~

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:政策部市長室

電話番号:046-882-1111内線216

ファックス番号:046-882-2836

Eメール:seisaku0201@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る