トップページ > くらしの案内 > 税金・保険・年金 > 国民健康保険 > お知らせ > 高額な外来診療を受ける皆様へ

ここから本文です。

更新日:2012年4月4日

高額な外来診療を受ける皆様へ

平成24年4月から「認定証」などを提示すれば、窓口での支払いが一定の金額にとどめられます。

 これまでの高額療養費制度の仕組みでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただいていましたが、平成24年4月1日からは、限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

 

 

高額な外来診療受診者

事前の手続き

病院・薬局などで

・70歳未満の方

・70歳以上の市民税非課税世帯等の方

 加入する健康保険の窓口で「認定証」(限度額適用認定証)の交付を申請してください。  「保険者証」と「認定証」を窓口に提示してください。
70歳以上75歳未満で、市民税非課税世帯等ではない方  必要ありません。  「保険者証」と「高齢受給者証」を窓口に提示してください。

 

 

◎「認定証」を提示しない場合は、従来どおりの手続きになります。(高額療養費の支給申請をしていただき、支払った窓口負担と限度額の差が、後日、ご加入の健康保険から支給されます)

◎事前の申請など詳細は、ご加入の健康保険の窓口(国民健康保険は、市役所、その他については、加入されている健康保険組合、全国健康保険協会、国保組合、共済組合)までお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ

部署名:保健福祉部保険年金課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る