トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 医療・健康 > 後期高齢者医療制度 > お知らせ > 平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります

ここから本文です。

更新日:2015年12月16日

平成28年1月からマイナンバーの利用が始まります

後期高齢者医療保険の手続きに個人番号(マイナンバー)の記載が必要になります。

平成28年1月からマイナンバーの利用が開始されることに伴い、後期高齢者医療保険の手続きにおいて、届出書や申請書にマイナンバーの記載と本人確認が必要になります。

手続きの際には、窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもののほかに、手続きの対象となる方のマイナンバーを確認できるもの(個人カード、通知カードなど)をお持ちください。

マイナンバーの記載が必要となる主な手続き

  • 後期高齢者医療保険の資格の取得及び喪失などに係る届出
  • 被保険者証などの再交付申請
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証の交付申請
  • 高額療養費、療養費、高額介護合算療養費の支給申請
  • 特定疾病療養受領証の交付申請

 

*マイナンバーの記載が必要な手続きでは、本人確認(マイナンバーの確認と身元の確認)の実施が義務付けられています。

 

リンク

マイナンバー制度についての詳細は、下記のリンクを参照してください。

本市ホームページ

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の概要について

お問い合わせ

部署名:保健福祉部保険年金課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る