トップページ > くらしの案内 > 医療・健康 > お医者さんにかかるときは

ここから本文です。

更新日:2022年10月6日

お医者さんにかかるときは

保険証

後期高齢者医療制度の被保険者になると、お一人ごとに「後期高齢者医療被保険者証」が交付されます。

保険証は、病気やケガなどで、お医者さんにかかるときに必要なものです。

お医者さんにかかるときの自己負担

お医者さんにかかるときの自己負担割合は、所得区分によって異なります。

所得区分は毎年8月にその年度の市町村民税の課税所得(各種控除後の所得)によって判定されます。

令和4年10月1日から、一定以上の所得のある方(75歳以上の方等)の医療費の窓口負担割合が変わります。(外部サイトへリンク)

 

所得区分について(令和4年10月~)

自己負担割合 所得区分 対象となる方
3割 課税
現役並み所得者Ⅲ
  • 市町村民税課税所得が690万円以上の被保険者

本人および同一世帯に属する被保険者

現役並み所得者Ⅱ
  • 市町村民税課税所得が380万円以上の被保険者

本人および同一世帯に属する被保険者

現役並み所得者Ⅰ
  • 市町村民税課税所得が145万円以上の被保険者

本人および同一世帯に属する被保険者

2割
一般Ⅱ
  • 自己負担割合が2割の方
1割
一般Ⅰ
  • 現役並み所得者、一般Ⅱ、区分Ⅱ、区分Ⅰ以外の方
非課税
区分Ⅱ(低所得者Ⅱ)
  • 世帯の全員が市町村民税非課税で、区分Ⅰ以外の方
区分Ⅰ(低所得者Ⅰ)
  • 世帯の全員が市町村民税非課税で、その世帯の

各所得(年金の所得は控除額を80万円として計算。

給与所得がある場合は、給与所得から10万円を

控除)が0円となる方

  • 世帯の全員が市町村民税非課税であり、かつ、

本人が老齢福祉年金を受給している被保険者

(区分Ⅰ老齢福祉年金受給者)

 

  • 課税所得が145万円以上でも、一定の基準・要件を満たす場合、窓口負担割合が1割または2割になるケースがあります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部保険年金課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

後期高齢者医療担当内線302,303,304

ページの先頭へ戻る