• 総合案内
  • 市民向け
  • 事業者向け
  • 観光案内
  • シティセールス
  • 組織から探す
  • 三浦市へアクセス
  • サイトマップ

総合案内 > 市民向け > 医療・健康 > 三浦市小児医療費助成制度


ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

三浦市小児医療費助成制度

通院の助成対象を小学6年生まで年齢拡大しました!!

三浦市では、お子さんの健全な育成を支援し、健康の増進を図ることを目的として、0歳から小学6年生までの入院・通院医療費の自己負担分を助成します。また、中学1年生から中学卒業までの入院医療費の自己負担分を助成します(中学1年生から中学卒業までの入院については所得制限があります)。

平成28年1月から、一部手続きにおいて個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。手続きの際には、窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもののほかに、申請者及び手続きの対象となるお子さんの個人番号(マイナンバー)を確認できるもの(個人カード、通知カードなど)をお持ちください。

助成内容

対象年齢

助成対象

対象者

医療費の助成方法

0歳から小学6年生

通院・入院

全員

医療機関で受診する際に医療証と保険証を提示することにより、保険診療の自己負担額が無料となります。ただし、健康診断・予防接種・入院時の食事代など保険適用外分については、助成の対象となりません。

中学1年生から

中学卒業

入院のみ

扶養者の所得が制限額未満の人 払い戻し申請(医療証の発行はしません)

三浦市内に住所を有し、健康保険に加入しているお子さんが対象となります。また、申請者の所得の確認が必要となります。

医療証交付申請の方法

対象者

手続き方法

手続き場所

0歳から

小学6年生

お子さんの保険証・印鑑(認印)。

個人番号通知カードなど個人番号(マイナンバー)のわかるもの。

転入者は所得証明書(前年度の所得証明が必要になることがありますので、担当にお問合せください)

保険年金課・南下浦出張所・初声出張所

出生・転入時に、すでに医療証の交付を受けている方は、更新の手続きの必要はありません。

医療費払い戻しの申請方法

医療証を使わずに医療費を支払った場合や、県外での受診及び中学1年生から中学卒業までの入院の場合は、いったん医療費を支払い、2年以内に払い戻しの申請手続きを行ってください。

<申請に必要なもの>

  • 医療機関に支払った領収書(高額療養費・附加金に該当する場合は、その決定通知を添付してください。)

  • 健康保険証(お子さんの分)

  • 医療証(0歳から小学6年生)

  • 印鑑(朱肉を押して使用する印鑑に限ります)

  • 振込先金融機関の通帳

  • 所得証明書(中学1年生から中学卒業までの入院の扶養者で1年6ヶ月以内に転入された方のみ。所得年度は担当にお問合せください。)

  • 未熟児養育医療券や小児慢性特定疾患医療費証明書などの小児医療証以外の公費負担医療の証(持っている方に限ります。

  • 個人番号通知カードなど個人番号(マイナンバー)のわかるもの(中学1年生から中学校卒業までの入院)

なお、医療費の助成額は申請受付後、審査のうえ口座へ振り込みます。

所得制限額(中学1年生から中学卒業までの入院)

扶養親族の数

所得制限限度額(万円)

0人

532.0

1人

570.0

2人

608.0

3人

646.0

4人

684.0

扶養親族が5人以上の場合の限度額は、1人につき38万円を加算した額となります。

その他の手続き(こんなときは、忘れずに届け出をしてください)

  • 健康保険証が変更になったとき

  • 住所・氏名等に変更が生じたとき

  • 医療証を紛失または破損してしまったとき

  • 市外へ転出するとき、有効期限が切れたとき、生活保護を受けるとき、他の医療制度を受けるとき等医療証が使えなくなったときはお返しください。

入院等で高額療養費が発生した場合は三浦市への手続き(市から送付)が必要になります。

  • 助成を行っている三浦市が高額療養費を受け取るための手続き
  • 健康保険組合等から高額療養費を受領した場合には三浦市への返金

 

 

お問い合わせ

部署名:保健福祉部保険年金課

電話番号:046-882-1111内線303

ファックス番号:046-882-2836

e-mailhoken0401@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る