トップページ > くらしの案内 > くらしの便利ガイド > 高齢・介護 > 新たな介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

ここから本文です。

更新日:2017年6月12日

新たな介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

 

三浦市では、平成29年4月から総合事業が始まりました。

 

この事業は、高齢者の方が「住み慣れた地域で、安心して自分らしく暮らし続けられる」よう、地域全体で高齢者の方を支える取り組みです。

総合事業には、「介護予防・生活支援サービス事業」と「一般介護予防事業」があります。

 

◇事業概要

【介護予防・生活支援サービス事業】

○対象者・・・「要支援1または2の認定を受けている方」または「基本チェックリスト(25項目の質問票)により事業対象者となった方」

○受けられるサービス・・・下記のとおり(※ただし、要支援認定を受けている方は、福祉用具貸与などの予防給付サービスも受けることができます。)

事業名

内容

訪問型サービス ヘルパーによる訪問(自己負担あり) 従来の介護保険サービスと同様の、ホームヘルパーによる掃除・洗濯などの日常生活上の支援
専門職による訪問(無料) 体力などを改善するための、理学療法士などによる訪問
通所型サービス デイサービス(自己負担あり) 従来の介護保険サービスと同様の、通所介護施設における入浴や食事などの日常生活上の支援
教室(食材費の実費負担あり) 足腰を元気にすることを目的とした運動教室や、栄養やお口の健康の改善を目的とした教室
生活支援サービス 配食サービス(自己負担あり) 栄養改善や安否確認(声かけ)を目的とした配食

【一般介護予防事業】

○対象者・・・「65歳以上のすべての方」と「高齢者の方を支援するボランティア」

○受けられるサービス・・・下記のとおり

事業名

内容

脳の健康教室(自己負担あり) 簡単な読み書き・計算などにより、認知症予防に取り組む教室(各会場、週1回)
いきいきシニア講座(無料) ストレッチ体操やメンタルヘルス講座など、介護予防に関する内容の教室(年3回程度)
元気アップ教室(無料) 運動実技や介護予防に関する講話、体力測定などを実施する教室(各会場、週1回程度)

ふれあいサロン事業(教材費等の負担あり)

気軽に集い会話を楽しんだり、健康づくりや介護予防に取り組むことができる場を開催(各会場、月3回程度)
ボランティアの育成・活動支援(無料)

高齢者の方を支援するボランティアを育成し活動を支援

・介護予防サポーター養成講座(2日間コース)

・傾聴ボランティア養成講座(4日間コース)

地域リハビリテーション活動支援事業(無料) 介護予防の取り組みを強化するため、理学療法士などが高齢者グループや介護サービス事業者への支援を実施

 

◇事業を利用したい場合

事業によっては、地域包括支援センターによるサービス調整が必要になります。下記の地域包括支援センターまたは、市高齢介護課へお問い合わせください。

三崎地区にお住まいの方の相談場所

初声・南下浦地区にお住いの方の相談窓口

地域包括支援センターおまかせ

はまゆう地域包括支援センター

電話:046-876-7557

FAX:046-889-1561

電話:046-881-3351

FAX:046-882-3310

 

事業者の方へのお知らせ

事業者指定

 

通知等

 

 

手引き

 

サービスコード等

【サービスコード】

上記のサービスコードには、実施不可のサービスや加算(特別地域加算等)が含まれていますので、請求にあたってはご注意ください。なお、実施不可のサービスや加算については、色を付けています。

 

【費用コード】

 

【単位数票マスタ】

 

申請書等

その他

関連リンク

【厚生労働省ホームページ】介護予防・日常生活支援総合事業(外部サイトへリンク)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部高齢介護課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2836

ページの先頭へ戻る