トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 動物(ペット) > 犬の登録 > 犬が死亡したとき

ここから本文です。

更新日:2017年4月11日

犬の死亡・登録事項の変更(市内転居等)が生じたとき

届出の期間 死亡等の変更事由が発生した日から30日以内
届出人 飼い主又は、ご家族
届出の場所

環境課(時間外での届出は事前にご相談ください。)

●電話又はFAXによる手続きもお受けします(この場合、犬鑑札や注射済票は、後日の提出で結構です。)

 電話番号046-882-1111(環境課 内線296)・FAX番号046-881-0148

届出に必要なもの

●犬の死亡の場合は次の○の物が必要です。
 ○犬鑑札(だ円形の金属プレート)
 ○注射済票(四角い金属プレート)

  • 犬鑑札を紛失した場合は「犬鑑札紛失届」を提出していただきます。

 

●登録事項変更の場合は届出に必要となるものはありません。
 犬の登録事項の変更には次の項目があります。  
  • 犬の所在地の変更 (市内の変更のみ)
  • 犬の所有者の氏名の変更
  • 犬の所有者の住所の変更
  • 犬の所有者の変更
その他(注意点)

 

●犬の種類、生年月日、毛色、性別、名前、特徴などを確認しておいてください。

●犬の死亡の場合 

  • 死亡日を確認しておいてください。

 ※ 三浦市に動物用火葬炉はありません。そのため、火葬をご希望される場合は、申し訳ありませんが、かかりつけの獣医さん等に火葬業者の紹介を受けてください。また、遺体の処分だけをご希望される場合は、市にご相談ください。

 

 

●登録事項変更の場合

 

  • 届出する事由の発生年月日を確認しておいてください。

ページの先頭へ戻る