トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 動物(ペット) > 犬の登録 > 犬鑑札と注射済票

ここから本文です。

更新日:2017年2月13日

犬鑑札と注射済票

犬鑑札

  • 犬の登録時に発行され、当該犬について生涯有効なものです。
  • 紛失等した場合には再発行が必要です。
  • 鑑札は犬に装着してください。 (狂犬病予防法により定められています。)
  • 犬の登録事項変更及び死亡届等の手続きの際も必要です。 

注射済票

  • 狂犬病予防注射を接種すると、注射済票が交付されます。
    • 集合注射会場で接種した場合はその場で発行いたします。獣医師のもとで接種した場合は獣医師が発行する「狂犬病予防接種注射済証明書」を持参し、環境課窓口にて手続きをすると発行されます。
  • 当該年度内に紛失等した場合は再発行が必要です。
  • 注射済票は、予防注射が済んでいる証明です。犬に装着してください。(狂犬病予防法により定められています。)

犬シール

  • 狂犬病予防注射を接種すると注射済票と一緒に交付されます。玄関先などの目立つところに貼ってください。

犬鑑札、注射済票を紛失してしまったら

 紛失が判明した時点で、環境課窓口にて再交付の手続きをしてください。(下記の手数料が必要です。)

  • 犬鑑札再交付手数料      1,600円
  • 注射済票再交付手数料      340円

※犬鑑札と注射済票は犬の首輪等に装着してください。これらを装着しておくと迷子の際、身元判明の手ががりになります。

※犬鑑札と当該年度の注射済票は犬の登録事項変更、犬の死亡手続きの際必要です。

お問い合わせ

部署名:都市環境部環境課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-881-0148

ページの先頭へ戻る