トップページ > くらしの案内 > 環境・住まい > 環境 > 光化学スモックについて

ここから本文です。

更新日:2015年3月11日

光化学スモックについて

光化学スモッグには十分気をつけて行動しましょう!

自動車の排出ガスや工場のばい煙に含まれる「炭化水素」や「窒素酸化物」が太陽の強い紫外線を受けると、オゾン等の『光化学オキシダント』と呼ばれる物質が生まれ、空が白くモヤがかかったような状態になることがあります。この状態が『光化学スモッグ』と呼ばれるものです。
日差しが強い4月から10月までの時期、気温が高くなりやすく、目がチカチカする、息苦しくなるなど、人の健康への影響がでてきます。
神奈川県内の各地域で光化学スモッグ発生のおそれがある場合には、状況によって予報、注意報、警報が県より発令されます。

1.予報・注意報等の種類

発令区分 発令基準
前日予報 翌日の気象条件などからみてオキシダント濃度が注意報の発令基準の程度になると予測したとき(前日午後5時に発令)
当日予報 当日の気象条件などからみてオキシダント濃度が注意報の発令基準の程度になると予測したとき(当日午前10時に発令)
注意報 オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上となり、気象条件などからみてその状態が継続すると認められるとき
警 報 オキシダント濃度の1時間値が0.24ppm以上となり、気象条件などからみてその状態が継続すると認められるとき
重大緊急時警報 オキシダント濃度の1時間値が0.4ppm以上となり、気象条件などからみてその状態が継続すると認められるとき

2.テレホンサービス及びインターネットの利用

光化学スモッグ注意報等の情報は、テレホンサービス及びインターネット(携帯電話・パソコン)により4月から10月までの期間、毎日提供しています。情報の内容は、原則として午前10時(当日予報)と午後5時(翌日情報)に変わります。また、注意報発令時には、解除されるまで逐次最新の情報を提供しています。

テレホンサービス

0463−24−3322

携帯電話アドレス

http://www.pref.kanagawa.jp/sys/taikikanshi/i/index.html

パソコンアドレス

http://www.pref.kanagawa.jp/sys/taikikanshi/haturei/index.html

3.予報・注意報や警報が発令されたときは

予報のときは

1)病弱な子供及び当日体の調子の悪い子供は屋内で休ませましょう。
2)水泳やランニングなど屋外での激しい運動はなるべく中止しましょう。
3)風向きを考えて、窓を閉めましょう。
4)注意報や警報の発令がないか、テレホンサービス等を利用して確認しましょう。

注意報や警報のときは

5)屋外での激しい運動をやめて、すみやかに屋内の活動に切りかえましょう。

4.光化学スモッグの被害を受けると、体に次のような症状があらわれます

  • 眼科系のもの
    • 目がチカチカする
    • 目が痛い
    • 涙がでる
  • 呼吸器系のもの
    • のどが痛い
    • せきがでる
    • 息苦しい
  • 頭痛
  • 吐き気がする

※なお、特に被害を受けやすいのは眼疾患、呼吸器系疾患、甲状腺機能亢進症及びアレルギー体質等の子供です。

5.被害が発生してしまったとき

1)屋外での運動を全て中止し、うがいや洗眼をし、室内に入りましょう。
2)屋内では風向きを考慮し、窓を閉めるなど外の空気が入らないようにしましょう。
3)症状がすみやかに改善されない場合には、直ちに医師の手当を受けてください。
4)被害を受けた子供や周りの子供たちが、被害について心理的な影響を受けないよう、十分配慮してください。

ページの先頭へ戻る