トップページ > 産業・まちづくり > まちづくり > 三浦市の地籍調査について

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

三浦市の地籍調査について

三浦市では、境界や面積など土地に関する基礎的な情報を明らかにし、大規模災害発生時における速やかな復興・復旧や土地の取引等におけるトラブルの防止、登記手続きにおける迅速な境界確認等に寄与するものとして地籍調査を実施する予定です。

実施地域は、神奈川県の津波浸水想定地域、かつ、人口集中地域を優先します。

平成28年度は、国による「都市部官民境界基本調査」(南下浦町の一部【区域図】)(PDF:307KB)を実施しました。この調査では、市が地籍調査を実施するために必要な基準点の設置や道路付近の地形測量を行いました。

平成29年度は、「一筆地調査」の方法による地籍調査(南下浦町上宮田の一部【区域図29】)(PDF:1,137KB)を三浦市の事業として実施します。

 

一筆地調査とは

「一筆地調査」では、一筆ごとの土地について、その境界や地番・地目などを調査します。調査時に土地所有者等の皆様に立会していただき、境界を確認していただいた後、測量を行い、地籍簿・地籍図を作成します。この地籍簿・地籍図については、閲覧により土地所有者等の皆様に確認していただいた後、県・国の認証を経て登記所へ送付されます。登記所では、登記簿を修正し、今までの公図に代えて地籍図を備え付けることになります。

 

平成29年度における一筆地調査の流れ

⑴地元説明会の開催【7月】

調査の内容や必要性をご理解いただくために、説明会を開催します。

⑵境界の調査【説明会後~9月頃】

土地の現況や土地に関する過去の資料を調査し、現地調査(立会)のための境界を調査します。

⑶現地調査(立会)【9月頃~11月頃】

お持ちの土地と隣接する土地との境界について立会により確認していただきます。立会については、原則、土地の所有者本人にお願いしていますが、ご本人が立会出来ない場合は、代理人に委任することが出来ます。その際は、委任状をご用意いただき、立会当日にご提出ください。

⑷測量、地籍図・地籍簿作成【11月頃~平成30年2月頃】

立会により確認していただいた点を基に測量を行い、地籍図・地籍簿を作成します。

⑸調査結果の閲覧【平成30年6月頃】

作成された地籍図・地籍簿を閲覧していただきます。閲覧は、土地の所有者本人にお願いしていますが、代理人に委任することができます。その際は、委任状をご用意いただき、閲覧会場でご提出ください。調査の結果に誤りがあった場合、申し出ることができ、必要に応じて修正が行われます。

⑹調査成果を登記所へ送付【平成31年度頃】

調査の成果は県・国の認証を受け、登記所に送付します。登記所では、地籍簿を基に登記簿を修正し、それまで登記所にあった地図の代わりに地籍図を登記所の備え付けの正式な地図とします。

 

注意1:地籍調査、都市部官民境界基本調査について、詳しくは国土交通省地籍調査Webサイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

注意2:神奈川県の地籍調査について、詳しくは神奈川県(地籍調査)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部都市計画課 

電話番号:046-882-1111

ページの先頭へ戻る