トップページ > 産業・まちづくり > まちづくり > 景観について > 景観計画・景観条例・届出関係

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

景観計画・景観条例・届出関係(市内で建築・伐採・開発等をされる方へ)

三浦市では、平成27年2月に三浦市景観計画を策定し、平成27年7月より三浦市景観条例が施行されました。

景観計画区域(三浦市内全域)で、建築や伐採、開発などをされる方は、事前に景観条例・景観法で定める手続が必要となります。

三浦市景観計画について

平成27年2月16日に三浦市景観計画を策定しました。

この景観計画は、三浦市全域を景観計画区域とし、本市の魅力ある景観を守り、育み、後世に伝えるため、市民、事業者、市が協働してまちづくりを進めるために、次の事項を定めています。

  1. 良好な景観の形成のための方針や行為の制限に関する事項
  2. 景観重要建造物・樹木やみうら景観資産について
  3. 景観形成重点地区について
  4. その他良好な景観の形成のために必要な事項

 

 

目次

ファイル

表紙

第1章

 

三浦市における景観まちづくり

PDF(PDF:765KB)
第2章 景観特性・景観構造 PDF(PDF:3,405KB)
第3章 良好な景観形成に関する方針 PDF(PDF:1,809KB)

第4章

 

良好な景観形成の進め方について

(行為制限の内容、景観誘導指針、景観形成基準)

PDF(PDF:4,835KB)
第5章

みうら景観資産について

PDF(PDF:853KB)

第6章

第7章

第8章

第9章

景観形成重点地区の指定の考え方

屋外広告物の表示及び掲出に関する基本的な考え方

景観農業振興地域整備計画の策定に関する基本的な考え方

共同による景観まちづくりの考え方

PDF(PDF:1,079KB)

なお、三浦市景観計画を策定するまでの取組みについては、以下のページをご覧ください。

景観計画を策定するまでの取組みについて

三浦市景観条例について

平成27年7月1日に景観条例が施行されました。

この景観条例は、景観法で委任されている事項や景観計画を運用し実効性のあるものにしていくために必要な事項を定めています。

景観計画区域内の行為の届出について

平成27年7月1日から、三浦市の全域において一定規模以上の次の行為を行う場合には、事前協議や届出などの手続きが必要となります。

  1. 建築物の建築等(色彩の変更(同色への塗替えも含む)など外観を変更することを含みます。)
  2. 工作物の建設等(色彩の変更(同色への塗替えも含む)など外観を変更することを含みます。)
  3. 開発行為
  4. 木竹の伐採
  5. 土地の形質を変更する行為(造成行為、資機材置場の設置、駐車場の整備等)

これらの行為は、景観形成基準(色彩基準)に適合すること、景観誘導指針にできる限り沿うことが必要となります。

事前協議・届出にあたっては、以下のパンフレットをご確認のうえ、書類及び添付図書を作成してください。

景観形成基準(色彩基準)、景観誘導指針(PDF:924KB)

パンフレット(三浦市景観条例の届出対象行為について)(PDF:217KB)

景観条例関係様式集

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部都市計画課 

電話番号:046-882-1111

ページの先頭へ戻る