トップページ > 産業・まちづくり > まちづくり > 地区計画について

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

地区計画について

地区計画とは

住民の生活に身近な地区について、道路、公園などの施設の配置や建築物の建て方など、地区の特性に応じてきめ細かく定める街づくりの計画のことを「地区計画」といいます。

地区計画には、その地区をどんな地区に仕上げたいかという目標や、生活に密着した住宅周りの道路や公園などの施設(地区施設といいます)の配置、あるいは地区内にどんな建築物が建築可能か(建物の用途、建ぺい率、容積率、色合いなどの建築物の制限など)といった建築物の基準などをきめ細かく定めることになっています。
地区計画は、都市計画や建築基準法による大まかな規制、誘導だけではカバーしきれない面を補完し、地域特性を活かした街づくりにたいへん有効です。

三浦市内で手続中の地区計画

    〇 引橋地区地区計画

     ※ 三浦市地区計画等の案の作成手続に関する条例に基づく原案の縦覧は終了しました。

       (縦覧期間 平成29年6月5日から平成29年6月19日まで)

     ※ 都市計画法第17条第1項の規定に基づく案の縦覧および都市計画法第17条第2項の規定に基づく意見書の受付は終了しました。

       (縦覧および意見書の受付の期間 平成29年9月26日から平成29年10月10日まで)

三浦市の地区計画

三浦市内において指定されている地区計画は、次のとおりです。

〇 三崎口駅東地区地区計画

  • 告示日

    平成8年5月10日

  • 都市計画図書

    計画書(PDF:224KB)

    方針附図(PDF:649KB)

〇 二町谷地区地区計画

  • 告示日

    平成19年1月12日

  • 都市計画図書

    計画書(PDF:165KB)

    方針附図(PDF:169KB)

地区計画の区域内における行為の届出

地区計画の区域内において建築行為等を行う場合には、都市計画法第58条の2第1項の規定に基づき、当該行為に着手する30日前までに、届出が必要となります。

また、届出を行った行為について、変更が生じた場合にも、同法同条第2項の規定に基づき、同様の届出が必要となります。

〇 届出を要する行為

  • 土地の区画形質の変更
  • 建築物の建築、工作物の建設又は建築物等の用途の変更
  • 建築物等の形態又は意匠の変更
  • 木竹の伐採

〇 届出に必要な図書

届出書及び添付図書を1部作成し、都市環境部都市計画課へ提出してください。

  • 届出書
  • 添付図書

届出の添付図書は別表(PDF:159KB)をご確認ください。

   

※ 届出に係る行為が地区計画に適合しないと認めるときは、設計の変更その他の必要な措置をとることを勧告する場合があります。

また、届出をしなかったり、虚偽の届出をした場合には、都市計画法第93条第1号の規定に基づき、罰せられます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部都市計画課 

電話番号:046-882-1111

ページの先頭へ戻る