トップページ > 産業・まちづくり > まちづくり > 三浦都市計画公園について

ここから本文です。

更新日:2017年10月11日

三浦都市計画公園について

都市計画公園とは

都市計画公園は、都市の健全な発展と秩序ある整備を目的とし、計画的に整備を進めるため、都市計画法に基づき公園として都市計画決定された施設をいいます。

三浦市における都市計画公園

公園名称

都市計画決定年月日

都市計画決定面積

都市計画公園供用面積

2・2・1歌舞島児童公園

昭和51年9月28日

約0.27ha

約0.27ha

2・2・2下宮田公園

昭和51年9月28日

約0.12ha

約0.12ha

2・2・3向ヶ崎公園

昭和52年4月30日

約0.15ha

約0.15ha

2・2・4岬陽児童公園

昭和54年8月27日

約0.24ha

約0.24ha

2・2・5和田公園

昭和55年12月5日

約0.12ha

約0.12ha

2・2・6諸磯公園

昭和61年11月29日

約0.77ha

約0.66ha

7・5・1城ヶ島公園

昭和51年7月23日

約20.83ha

約14.56ha

 

 〇2・2・3向ヶ崎公園の変更について

  現在、上記の都市計画公園のうち「2・2・3向ヶ崎公園」について、区域の境界の明示を変更するため、都市計画変更の手続きを行っています。

 この手続きに伴う、都市計画法第21条第2項の規定において準用する、同法第17条第1項の規定に基づく案の縦覧および同条第2項の規定に基づく意見書の受付は終了しました。(縦覧および意見書の受付の期間:平成29年9月26日から平成29年10月10日まで)

都市計画公園・緑地見直しの取組

三浦市は、高度経済成長に伴って、みどりが減少し続けたことから、残された貴重な地域のみどりを保全し、創造していくため、これまで都市計画公園・緑地を定めてきました。

しかし、都市化の進展が著しく、都市計画決定をしたものの長期にわたり事業化されていない都市計画公園や緑地が存在し、長期にわたって都市計画法第53条の制限がかけ続けられていることが課題となってきたことから、都市計画公園・緑地の見直しを進める必要が生じました。

そこで、神奈川県が見直しに際しての基本的な考え方などを取りまとめた「都市計画公園・緑地見直しのガイドライン」を策定しました。

このことに伴い、三浦市において、都市計画公園・緑地の見直しを進め、このたび「都市計画公園・緑地の見直しの方向性」を取りまとめました。

なお、取りまとめにあたり実施した「都市計画公園・緑地の見直しの方向性(案)」のパブリックコメントの結果についても併せて公表します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:都市環境部都市計画課 

電話番号:046-882-1111

ページの先頭へ戻る