トップページ > 産業・まちづくり > 入札・契約関連・指定管理者関係 > 資材価格の高騰に対応するための請負代金額の変更について

ここから本文です。

資材価格の高騰に対応するための請負代金額の変更について

最近の資材価格の急激な高騰を踏まえ、物価の変動等による請負代金額の変更(いわゆる単品スライド)について平成20年10月1日から当分の間、以下のとおり運用するものとします。

対象資材

  1. 鋼材類:H形鋼、異形棒鋼、厚板、鋼矢板、鋼管杭、鉄鋼2次製品等
  2. 燃料油:軽油、ガソリン、混合油、重油、灯油
  3. 1及び2以外で価格上昇要因が明確な資材(個別協議による)

対象工事

適用開始日時点で継続中の工事及び適用日以降新規契約工事で、対象となる資材の価格が対象となる工事費総額の1%以上変動している工事とします。ただし、適用開始日時点で既に検査が完了している部分については対象となりません。

適用開始日

平成20年10月1日

請負代金額の変更の考え方

対象資材の価格上昇に伴う増額分のうち、受注者からの請負代金額の変更請求に基づき、工事費総額の1%を超える額を三浦市が負担するものです。

請求時期

工期末の2か月前までに請求するものとします。ただし、周知期間等を考慮した緩和措置として、工期末が平成20年12月31日以前の工事は、工期内であれば平成20年10月31日まで請求することができます。

請求等の様式

請求等の様式はこちら(エクセル:67KB)です。

スライド額算定等の方法

その他、具体的な算定等の方法については、神奈川県の工事請負契約書第25条第5項(単品スライド条項)運用マニュアル(外部サイトへリンク)に準ずるものとします。

ページの先頭へ戻る