トップページ > 産業・まちづくり > 入札・契約関連・指定管理者関係 > 技能労働者への適切な賃金水準の確保について

ここから本文です。

更新日:2016年8月31日

技能労働者への適切な賃金水準の確保について

技能労働者への適切な賃金水準の確保について

 

 公共工事の適正な施工を確保するには、技能レベルが確保された労働者による施工が不可欠であり、こうした技能労働者の確保・育成には適切な水準の賃金の支払が極めて重要です。

 当市で使用している公共工事設計労務単価は、技能労働者が社会保険等に加入するために必要な法定福利費相当額(本人負担分)が勘案されているほか、現場管理費率式の見直しなどを実施し、事業主が負担すべき法定福利費相当額を適切に反映させて設定しております。

 受注者においては、自らが雇用する技能労働者に対して法定福利費相当額(本人負担分)を適切に含んだ賃金を支払うとともに、下請契約を行う場合についても、法定福利費相当額(事業主負担分及び本人負担分)を適切に含んだ額による下請契約を締結するようお願いします。 

 また、下請企業に対し、技能労働者への適切な水準の賃金の支払を要請するようお願いします。

お問い合わせ

部署名:総務部契約課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

内線211,236,237

ページの先頭へ戻る