トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 医療・健康 > 平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年4月27日

平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種のお知らせ

肺炎球菌感染症は、肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気で、主に唾液などに含まれる菌によって飛沫感染します。日本人の約3~5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在していると言われています。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで、気管支炎、肺炎、敗血症など重い合併症を起こすことがあります。肺炎球菌には93種類の型がありますが、この予防接種ではそのうちの23種類の型に効果があります。

対象者

三浦市に住所を有する次の方のうち、予防接種を希望する方(義務ではありません)

  1. 次の年齢の方(下記の生年月日にあたる方)
  • 65歳の方(昭和27年4月2日~昭和28年4月1日生まれ)
  • 70歳の方(昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ)
  • 75歳の方(昭和17年4月2日~昭和18年4月1日生まれ)
  • 80歳の方(昭和12年4月2日~昭和13年4月1日生まれ)
  • 85歳の方(昭和7年4月2日~昭和8年4月1日生まれ)
  • 90歳の方(昭和2年4月2日~昭和3年4月1日生まれ)
  • 95歳の方(大正11年4月2日~大正12年4月1日生まれ)
  • 100歳の方(大正6年4月2日~大正7年4月1日生まれ)

 2. 60歳から65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方。

 3. 長期療養特例として、接種対象年齢において、長期に渡り療養を必要とする病気にかかっていたために、定期接種を受けることができなかったと認められた場合、接種可能となった日から1年以内に接種を受けることが出来ます。この対象と思われる方は、健康づくり課へご連絡ください。

*今までに「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」を接種したことがある方は対象外となります。(自費で接種された場合でも対象外となりますのでご注意ください。)

持参するもの

健康保険証、運転免許証、身体障害者手帳(1級)

対象期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

接種費用

負担金4,000円(当日、医療機関にお支払いください)

生活保護を受けている方は、負担金が免除されます。受給者証明書等をお持ちください。

接種方法

接種は市内実施医療機関で行います。(実施医療機関はちらし(PDF:133KB)をご覧ください。)

お申込み等は、電話等で実施医療機関に確認をしてください。

また、施設入所や入院等により市内実施医療機関での接種が出来ない場合は、健康づくり課へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部健康づくり課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-2040

ページの先頭へ戻る