トップページ > くらしの案内 > 医療・健康 > 令和4年度インフルエンザ予防接種をぜひ受けましょう。

ここから本文です。

更新日:2022年9月14日

令和4年度インフルエンザ予防接種をぜひ受けましょう。

今年の冬に向けて、高齢者等対象者の皆様にインフルエンザ予防接種を実施します。

この予防接種事業は、希望する対象者の方に、期間中1回予防接種を行うものです。

ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間から5か月程度とされていますので、10月から12月中旬頃に接種することが望ましいと言われています。

 

対象となる方(年齢は接種日当日年齢です。)

 三浦市に住所を有する次の方のうち、予防接種を希望する方(義務ではありません。)

1.65歳以上の方

2.60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方

3.60歳以上65歳未満であって、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方

実施期間

令和4年10月1日から令和5年1月31日までとなります。

接種費用

負担金2,000円です。(接種当日医療機関にお支払いください。)

生活保護を受けている方は負担金が免除されます。

持参するもの

健康保険証、運転免許証、身体障害者手帳(1級)

※生活保護を受けている方は受給証等を接種医療機関に持参いただき、免除申請書の記入が必要になります。

接種方法

接種は、市内各医療機関で行います。横須賀市や逗子市、葉山町の医師会会員の医療機関でも接種が可能です。

接種申し込みの際は、電話等で医療機関に確認してください。 

また、その他の市外医療機関で接種を希望する方は、事前に健康づくり課でご相談ください。

なお接種当日は、(接種当日渡される)「高齢者インフルエンザ予防接種のご案内」及び「予診票」をよくご覧いただいて必要事項を記入し、接種を受けてください。

 ・高齢者等を対象としたインフルエンザ予防接種のお知らせチラシ(PDF:345KB)

感染予防と感染拡大の防止

外出したら「手洗い・うがい」をしましょう

  • 手洗い・・・せっけんで手首を含め、手全体をしっかりと洗いましょう。正しい手の洗い方(農林水産省)
  • うがい・・・最初に口の中をすすぎ、次にのどをガラガラと1回10秒ぐらいかけて、すすぎを2~3回行いましょう。

マスクの着用と「咳エチケット」を、守りましょう

  • マスクの着用・・・咳やくしゃみが出たらマスクを着用しましょう。
  • 咳エチケット・・・かぜ諸症状がある場合はマスクを着用し、マスクがない場合は、咳やくしゃみをするときは、ティッシュなどで口と鼻をおおい、他の人から顔をそらしましょう。できれば周囲の人から1m以上離れましょう。口と鼻をおおったティッシュはすぐにごみ箱を捨てましょう。咳やくしゃみを手で抑えたら、ただちにせっけんで洗いましょう。

栄養と休養を十分とりましょう。

  • 十分に栄養・休養をとり、抵抗力を高めましょう。

流行地の人混みへの外出はなるべく避けましょう

  • インフルエンザが流行してきたら、特にご高齢の方や慢性疾患をお持ちの方、疲労気味、睡眠不足の方は、人混みや繁華街への外出を控えましょう。
  • やむを得ず外出をして人混みに入る可能性がある場所には、ある程度の飛沫等は捕捉されるため、不織布(ふしょくふ)製マスクを着用することはひとつの防除策と考えられます。ただし、人混みに入る時間は極力短時間にしましょう。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部健康づくり課 

電話番号:046-882-1111内線370,371,372,373

ファックス番号:046-882-2040

e-mail:hoken0301@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る