トップページ > くらしの案内 > 医療・健康 > 新型コロナウイルス感染症関係

ここから本文です。

更新日:2021年12月28日

新型コロナウイルス感染症関係

感染防止対策をつづけましょう

3mitu-puratto-

神奈川県のモニタリング状況

神奈川県の対処方針

神奈川県PCR等検査無料化事業についてnew

三浦市の取組方針

三浦市長メッセージ

感染防止対策がされていない場所には行かないでください。

★引き続き、3つの密「密閉空間」「密集場所」「密接場面」を避けましょう。

★身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いなど新しい生活様式を実践しましょう。

マスク着用時の熱中症注意情報は熱中症ページから

相談窓口

相談・受診前の心がけ

  • 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控え、毎日、体温を測定し記録しておく。
  • 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化のある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。

相談窓口

相談窓口

対応時間

電話番号

「新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」

発熱や咳などの症状のある方、感染の不安のある方、濃厚接触者に関すことなど

協力金に関すること、マスク飲食実施店認証制度、LINEコロナお知らせシステムに関ること

など各種相談に応じています。

詳しくは神奈川県ホームページでご確認ください。

発熱や咳などの症状のある方の相談については無休(24時間)

 

そのほか各種相談については平日(9時~17時)

(電話)0570-056774

一部のIP電話など上記番号につながらない場合

(電話)045-285-0536

鎌倉保健福祉事務所三崎センター

平日

8時30分~17時15分

046-882-6811

新型コロナ妊産婦電話相談窓口

月曜日、水曜日

金曜日、土曜日

10時~16時

(祝日含む)

0570-058-222

詳しく(メールやファクシミリ等)は神奈川県ホームページから

感染症予防と健康

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ・倦怠感(けんたいかん)を訴える方が多いことが特徴です。ikigire

新型コロナウイルスは「飛沫(ひまつ)感染」と「接触感染」により感染します。

飛沫(ひまつ)感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。

重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。

特にご高齢の方や持病のある方は重症化しやすい可能性が考えられますので、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

関連サイト

神奈川県

厚生労働省

内閣官房

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部健康づくり課 

電話番号:046-882-1111内線370,371,372,373

ファックス番号:046-882-2040

e-mail:hoken0301@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る