トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 医療・健康 > 喫煙による健康への影響および受動喫煙の防止について

ここから本文です。

更新日:2017年2月23日

喫煙による健康への影響および受動喫煙の防止について

<喫煙による健康への影響>

喫煙者は、非喫煙者に比べ、肺がんによる死亡率が男性で約4.5倍、女性で約2.3倍高くなっているほか、それ以外の多くのがんについても、喫煙による危険性が増大することが報告されています。また、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症等)の死亡の危険性が1.7倍脳卒中についても同様に1.7倍高くなるという報告があります。その他にも、慢性気管支炎、呼吸困難や運動時の息切れなどの症状が特徴的な肺気腫や喘息等の呼吸器疾患歯周病の原因と関連があるという報告があります。

(※厚生労働省ホームページより抜粋)

 

 

<受動喫煙の影響(周囲の人の健康を害する)>

たばこの煙による健康への悪影響は喫煙者本人にとどまりません。他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙による健康への影響は、流涙、頭痛などの症状だけでなく、肺がんや虚血性心疾患等の疾患の死亡率等が上昇する、非喫煙妊婦でも低出生体重児の出産の発生率が上昇するといった研究結果が多く報告されています。子どもに対しては喘息、気管支炎といった呼吸器疾患等と関連があると報告されています。また、乳児では乳幼児突然死症候群と関連があると報告されています。

(※厚生労働省ホームページより抜粋)

 

「たばこについてもっと知りたい!」「たばこがやめられない」という方は、こちら(PDF:174KB)もご覧ください。

 

 

<路上喫煙について>

路上喫煙(歩きたばこ)による、受動喫煙について相談が続いています。歩きたばこは、副流煙を周囲に拡散させ、周囲の方の健康を害することにつながります。歩きたばこをやめ、喫煙のマナーを守り、周囲の方への配慮をお願いいたします。

 

 

 

<参考>

喫煙と健康問題について簡単に理解したい方のために(Q&A)(外部サイトへリンク)

神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例(外部サイトへリンク)

TDSニコチン依存度テスト(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部健康づくり課 

電話番号:046-882-1111(内線370,371,372)

ファックス番号:046-882-2040

e-mail:hoken0301@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る