トップページ > くらしの案内 > 健康・医療・福祉・人権 > 医療・健康 > 風しん予防接種事業について

ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

風しん予防接種事業について

神奈川県では、平成26年度から「風しん撲滅作戦」を展開し、「神奈川で風しんの流行を発生させない」、「今後、妊娠する人から先天性風しん症候群の患者さんを出さない」ことを目指すと発表しました。

妊娠初期の女性が風しんに感染した場合、ウイルスの胎内感染によって先天異常を起こす感染症である、先天性風しん症候群の発生が懸念されます。

このため、三浦市では、先天性風しん症候群の発生を予防するため、予防接種に係る費用の一部を助成します。

※神奈川県の「風しん撲滅作戦」、風しん抗体検査のホームページはこちら。

対象者

三浦市に住民登録があり、平成29年4月1日から平成30年3月31日までに接種された方のうち、次のいずれかに該当する方

  1. 妊娠を予定または希望している女性(妊娠中の方は接種できません)
  2. 妊娠している女性の夫(胎児の父親)

ただし、次の人は除きます。

  1. 風しんの罹患歴のある方
  2. 風しん(麻しん風しん混合MR、麻しん風しんおたふくかぜ混合MMR含む)の予防接種を受けたことがある方
  3. 妊娠している女性

【重要】女性の方の注意事項

予防接種を受ける時期等

  • あらかじめ約1か月間避妊した方
  • 妊娠の可能性のない月経中や直後の時期
  • 妊娠中は接種できません。妊娠の可能性が少しでもある方は、絶対に接種しないでください。

接種後の注意

  • 接種後2か月間は必ず避妊してください。

対象ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン1回分、または風しん単独ワクチン1回分

助成額

かかった接種費用のうち、次のいずれかを上限として助成します。

  1. 麻しん・風しん混合(MR)ワクチン7,000円
  2. 風しん単独ワクチン4,000円

※接種費用は、医療機関ごとで異なりますので、各自で医療機関にお問い合わせください。

※予診のみの場合は、対象外です。

申請受付期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

助成方法

医療機関で接種後、申請受付期間内に健康づくり課(三浦合同庁舎2階)に領収書等とあわせて申請書を提出していただきます。

後日、接種者本人の金融機関口座に、助成金額を振り込みます。

申請方法

次のものを揃えて、健康づくり課窓口(三浦合同庁舎2階)にて申請してください。

  1. 申請書(健康づくり課窓口でお渡しします)
  2. 領収書(コピー可)
  3. 麻しん風しん混合(MR)ワクチン、または風しん単独ワクチンのどちらを接種したか、わかる書類(予診票、予防接種済証、診療明細書等、コピー可)
  4. 接種者本人の金融機関口座がわかる通帳またはキャッシュカード
  5. 印章(朱肉を使用するものであること)
  6. 妊娠している女性の夫(胎児の父親)の方は、妊娠中の女性の母子健康手帳(申請時に「子の保護者父」欄があるページのコピーをとりますので、該当欄の記入漏れがないようお願いいたします。)

お問い合わせ先

〒238-0221

三浦市三崎町六合32

三浦合同庁舎2階健康ぷらっと

三浦市保健福祉部健康づくり課

電話:046(882)1111内線370~372

FAX:046(882)2040

関連サイト

お問い合わせ

部署名:保健福祉部健康づくり課 

電話番号:046-882-1111内線370,371,372

ファックス番号:046-882-2040

e-mail:hoken0301@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る