トップページ > くらしの案内 > 防災・防犯・安心安全 > 三浦市内のAED設置施設

ここから本文です。

三浦市内のAED設置施設

《AED(自動体外式除細動器)とは》

AEDとは、『automated external defibrillator』の頭文字をとったものです。不整脈による突然死の多くは、心臓が小刻みにケイレンして全身に血液を送ることが出来ない「心室細動」や「無脈性心室頻拍」と呼ばれる不整脈だと言われています。AEDは、これらの不整脈に対して非常に有効な救命医療機器です。使用者は、AEDの音声メッセージの指示どおりに操作を行います。AEDは、自動的に心電図を解析して、除細動(電気ショック)が必要と判断した場合にのみ使用者は除細動(電気ショック)を実行することが出来ます。

《救命の連鎖》

AEDの活用とともに、胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸などの心肺蘇生法を身につけ、救急隊へ引き継がれることが、さらなる救命率の向上へつながります。

救命講習の依頼について

横須賀市消防局消防救急課救急係(外部サイトへリンク)まで お問合せください。

横須賀市におけるAED設置施設一覧表はこちら(外部サイトへリンク)

 AEDステーションとは

AEDステーションとは、重篤な状態(心肺停止など)に陥った傷病者へ、救急車が現場に到着するまでの間、適切な応急手当を実施することで一人でも多くの命を救うことを目的とし、施設内やその付近で重篤な傷病者が発生した際、施設に設置のAEDを提供し、なおかつ応急手当に協力をいただける施設のことをいいます。AEDsuteisyon

標章を施設の入口などの視認しやすい場所へ掲示し、AED・心肺蘇生法等の応急手当について協力を受けることが可能な施設であることを利用者等へお知らせし、市民の安全・安心に寄与する制度です。

横須賀市消防局では、平成21年からこの登録制度を導入しています。平成29年度、横須賀市と三浦市が消防広域化となったことに伴い、「よこすか・みうらAEDステーション」と改名し、新たに三浦市内AED設置施設の登録制度を開始しました。

AEDステーションに関することは、横須賀市消防局消防救急科救急係までお問合せください。

AED設置施設一覧表

三浦市内AED設置施設一覧表(PDF:245KB)

 

留意事項

 ・AEDは万能の機械ではありません。

 ・緊急時には、最初に119番通報を優先してください。

 ・AEDは必ずしも常時使用可とは限りません。

 ・提供した情報については、設置者の都合により、設置状況の変更等がある場合があります。

 

 ※この一覧は、平成29年3月2日現在において市が把握している施設です。新たに設置した施設がありましたら、下記担当まで情報提供をお願いします。

○問い合わせ

 総務部防災課 電話:046-882-1111 内線640

 FAX:046-864-1166 

  mai:gyouseikanri1001@city.miura.kanagawa.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る