• 総合案内
  • 市民向け
  • 事業者向け
  • 観光案内
  • シティセールス
  • 組織から探す
  • 三浦市へアクセス
  • サイトマップ

総合案内 > 市民向け > 防災情報ポータルサイト > 土砂災害ハザードマップ


ここから本文です。

更新日:2016年2月25日

土砂災害ハザードマップ

平成24年1月、神奈川県は「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づき、「急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)」による災害への注意が必要となる『土砂災害警戒区域(イエローゾーン)』を指定しました。

これをうけ、市では土砂災害警戒区域の周知と円滑な警戒避難体制の確立を目的として「三浦市土砂災害ハザードマップ」を作成しました。

  • 大雨や、台風等によるがけ崩れから、自らの生命などの安全を確保するためには、自身の防災意識を高め、さまざまな情報を収集し、日頃から災害に対し備えることが重要です。
  • 『三浦市土砂災害ハザードマップ』で、地域の土砂災害警戒区域を確認し、事前に避難経路や避難場所を決めておきましょう。

土砂災害警戒区域の指定基準とがけ崩れの特徴について次のとおりまとめました。ハザードマップと合わせて御活用ください。

土砂災害警区域の指定について

土砂災害警戒区域は、傾斜地の形態に着目し、一律に指定されるもので、指定基準は以下のとおりです。

  • 傾斜度が30度以上で高さが5m以上の区域
  • 急傾斜地の上端から10m以内の区域
  • 急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍以内(50mを超える場合は50m)の区域

急傾斜地の崩壊

がけ崩れの特徴について

がけ崩れは、大雨や台風等により、斜面(がけ)が突然崩れ落ちる現象です。

崩れ落ちた土砂は、がけの高さ以上に離れた場所まで到達することがあります。

前兆現象などを確認するなど、危険を感じたら、素早く避難することが大切です。

≪前兆現象≫

  • 小石がバラバラ落ちてくる。
  • 斜面に割れ目ができる
  • 斜面から水がわき出す など

>>>このような現象が継続することで、がけの安定性が弱くなり、がけ崩れ発生の危険性が高くなります。

こんながけは危険です

簡単な防災措置

土砂災害ハザードマップ

三崎地区

三崎(北)(PDF:1,069KB)                 三崎(中)(PDF:1,232KB)                三崎(南)(PDF:829KB)

土砂災害ハザードマップ(三崎北) 土砂災害ハザードマップ(三崎中) 土砂災害ハザードマップ(三崎南)

南下浦地区

上宮田(PDF:963KB)                   菊名(PDF:1,028KB)                     金田(PDF:815KB)

土砂災害ハザードマップ(上宮田) 土砂災害ハザードマップ(菊名) 土砂災害ハザードマップ(金田)

松輪(PDF:995KB)                     大乗・毘沙門(PDF:1,057KB)

土砂災害ハザードマップ(松輪) 土砂災害ハザードマップ(大乗・毘沙門)

初声地区

初声(北)(PDF:867KB)                  初声(中)(PDF:1,025KB)                 初声(南)(PDF:1,019KB)

土砂災害ハザードマップ(初声北) 土砂災害ハザードマップ(初声中) 土砂災害ハザードマップ(初声南)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:総務部防災課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1161

Mail:gyouseikanri1001@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る