トップページ > くらしの案内 > 防災・防犯・安心安全 > 防災情報ポータルサイト > 全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達訓練の実施について

ここから本文です。

全国瞬時警報システム(Jアラート)の全国一斉情報伝達訓練の実施について

全国瞬時警報システム(以下「Jアラート」という。)は、弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を人工衛星及び地上回線を用いて国(内閣官房、気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から直接住民に対し緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。

 

緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達に資するようJアラートの全国一斉情報伝達訓練を下記のとおり実施します。

防災行政無線から訓練放送が流れますので、実際の災害とお間違えならないようお願いします。

 

実施日時

第1回:平成30年5月16日(水曜日)11時00分

第2回:平成30年8月29日(水曜日)11時00分

第3回:平成30年11月21日(水曜日)11時00分

第4回:平成31年2月20日(水曜日)11時00分

 

放送内容

1「上りチャイム音」

2「これは、Jアラートのテストです。」×3

3「下りチャイム音」

 

災害等、突発的な事態が発生した場合には訓練を中止します。

ページの先頭へ戻る