トップページ > くらしの案内 > 防災・防犯・安心安全 > 防災情報ポータルサイト > 緊急地震速報について

ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

緊急地震速報について

平成19年10月1日から緊急地震速報の運用が始まりました

気象庁は、一般の皆さんを対象に緊急地震速報の提供を開始いたしました。

 緊急地震速報は地震の発生直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データを解析して震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地での地震の到達時刻や震度を推定し、可能な限り素早く知らせる情報です。

テレビ・ラジオなどで流されたこの情報を利用して、皆さんがとりうる方法は主に「周囲の状況に応じて、あわてずに、まず身の安全を確保する」等の避難行動が中心となります。

※ 緊急地震速報には、情報を発表してから地震が到達するまでの時間は、長くても十数秒から数十秒と極めて短く、震源に近いところでは情報が間に合わないことがあります。
また、ごく短時間のデータだけを使った情報であることから、予測された震度に誤差を伴うなどの限界もあります。緊急地震速報を適切に活用するためには、このような特性や限界を十分に理解する必要があります。

お問い合わせ

部署名:総務部防災課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-864-1166

ページの先頭へ戻る