トップページ > くらしの案内 > くらしの便利ガイド > 妊娠・出産・育児 > 児童虐待についての相談

ここから本文です。

更新日:2019年9月25日

児童虐待についての相談

児童虐待は、本来子どもを守るべき保護者(親又は親にかわる養育者)が、子どもの心や身体を傷つけることで、子どもの発育や発達に悪い影響を与える重大な人権侵害です。

児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)

児童相談所全国共通ダイヤル(189)は、虐待かもと思ったときなどに、すぐに近くの児童相談所に通告・相談ができる全国共通24時間対応の電話番号です。通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は守られます。

児童虐待の種類

児童虐待は、以下の4つに分類されます。

  • 身体的虐待

身体に外傷が生じ、又は生じる恐れのある暴行を加えること。

  • 性的虐待

わいせつな行為をすること、又はわいせつな行為をさせること。

  • ネグレクト

食事を与えない、長時間放置するなど、保護者としての監護を著しく怠ること。

  • 心理的虐待

暴言や無視するなど拒否的な態度をとることや、目の前で配偶者に暴力をふるうなど、心理的な傷を与えること。

オレンジリボン運動

オレンジリボン運動は、「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部子ども課

電話番号:046-882-1111 内線366,367

ファックス番号:046-881-0148

ページの先頭へ戻る