トップページ > くらしの案内 > くらしの便利ガイド > 妊娠・出産・育児 > 児童虐待についての相談

ここから本文です。

更新日:2021年11月16日

児童虐待についての相談

児童虐待は、本来子どもを守るべき保護者(親又は親にかわる養育者)が、子どもの心や身体を傷つけることで、子どもの発育や発達に悪い影響を与える重大な人権侵害です。

11月は「児童虐待防止推進月間」です

毎年11月は、「児童虐待防止推進月間」です。児童虐待の件数は年々増加し、特に子どもの命が脅かされる重大な事件が後を絶たない状況です。

児童虐待を受けている児童を発見した場合は、市や児童相談所へ通告することとなっています。「もしや?」と思ったら、すぐにお知らせください。

また、出産や子育てに関する悩みがある方も、ためらわずにお気軽にご相談ください。

~児童虐待防止推進事業~子育てセミナー「世界一の素敵親子になろう!」の開催について

世界で取り入れられている前向き子育てプログラム(トリプルP)を知り、毎日の子育てが楽しく前向きになれる子育てセミナーを開催します。子どもの行動や感情を親がどのようにとらえるのか、子どもの困った行動にどう対応したらよいかなど、子どもとのかかわり方を学び、知ることにより子育てを楽しいものにしましょう!子育て中の方はもちろん、子どもと接する機会のある方はどなたでもご参加いただけます。子どもとのかかわり方を学べるセミナーにぜひご参加ください!

1 日時 令和3年11月20日(土) 10時30分~12時

2 会場 南下浦市民センター 講堂

お申込み、お問い合わせは、下記子ども課か、はっぴー子育て応援団(happymiura@yahoo.ne.jp)までお願いします。

 

世界一の素敵親子になろう!~世界が認める前向き子育てプログラム「トリプルP」で子育てを楽しみましょう~(PDF:172KB)

 

児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)

児童相談所全国共通ダイヤル(189)は、虐待かもと思ったときなどに、すぐに近くの児童相談所に通告・相談ができる全国共通24時間対応の電話番号です。通告・相談は、匿名で行うこともでき、通告・相談をした人、その内容に関する秘密は守られます。

児童虐待の種類

児童虐待は、以下の4つに分類されます。

  • 身体的虐待

身体に外傷が生じ、又は生じる恐れのある暴行を加えること。

  • 性的虐待

わいせつな行為をすること、又はわいせつな行為をさせること。

  • ネグレクト

食事を与えない、長時間放置するなど、保護者としての監護を著しく怠ること。

  • 心理的虐待

暴言や無視するなど拒否的な態度をとることや、目の前で配偶者に暴力をふるうなど、心理的な傷を与えること。

児童虐待防止対策(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

オレンジリボン運動

オレンジリボン運動は、「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動です。オレンジリボンは、そのシンボルマークであり、オレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:保健福祉部子ども課

電話番号:046-882-1111 内線366,367

ファックス番号:046-881-0148

ページの先頭へ戻る