トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民平成22年11月号概要テキスト版

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

三浦市民平成22年11月号概要テキスト版

ページ 内容
表紙 「三崎まぐろラーメンB-1グランプリin厚木で5位入賞
2ページ 特集 みうら市民まつり2010
3ページ みうらっ子育成支援寄附金の活用、地域包括支援センター、三浦のいい景観を探すワークショップ
4ページ ゴミ、各種無料相談
5ページ 三浦市広報大会、国勢調査
6ページ 青少年姉妹都市国際交流派遣事業報告
7ページ 文化、教育
8ページ 消防、契約

9ページ

12ページ

お知らせ、福祉のひろば、みんなのひろば、みうら国保健診
13ページ 健康ぷらっと
14ページ 市民特派員リポート
15ページ 市立病院、献血

 

 ============================

三浦市民 平成22年11月号(660号)

============================

表紙(「三崎まぐろラーメン」B-1グランプリin厚木で5位入賞)

9月18日・19日に厚木市内で開催された「第5回B -1グランプリin厚木(※)」において、三浦中華料理研究会が出展した「三崎まぐろラーメン」が初参加にもかかわらず、参加46団体中、第5位の好成績を収めました。

「三崎まぐろラーメン」は、11月21日(日)に開催される「みうら市民まつり2010」にも出展される予定です。

※B-1グランプリは、B級ご当地グルメ(安くて旨くて地元の人に愛されている地域の名物料理や郷土料理)の日本一を決める大会。

 

 

============================

今月号の主な内容

特集 みうら市民まつり

 みうらっ子育成支援寄付金の活用について

 地域包括支援センター開設のお知らせ

 

市の人口 48,238人(男:23,380人、女:24,858人、世帯数:18,470世帯)※9月1日現在(国勢調査集計中のため)

 

 

 ============================

特集 みうら市民まつり2010

============================

例年恒例となりました「みうら市民まつり」を今年は潮風アリーナに加え初声市民センターも会場に、パワーアップして開催します。ぜひご来場ください。(主催:みうら市民まつり実行委員会)

■食べる

 三浦市の美味しいものが大集合します。食の街として日本中から注目が集まっている我が街の特産品を、この機会にたっぷり堪能してはいかがでしょうか。

 三崎のまぐろを代表とする海の幸、四季折々に収穫される農産品はどれも新鮮で美味しいものばかりです。最近注目度急上昇グルメも登場します。売り切れ必至の「旨いもの屋台コーナー」「丸ごとマルシェ」で三浦の味覚を食べつくしましょう!

◎三崎まぐろラーメン ◎トロちまき などなど

■楽しむ

観る、体験する、挑戦する、学習する、みうら市民まつりの楽しみ方はいろいろです。

メインアリーナステージイベントでは、神奈川県警音楽隊カラーガード隊、三浦幼稚園園児の皆さん、県立三浦臨海高校の音楽関連部の皆さんほかによる出演が予定されています。

三浦ガラス工芸館の出張体験、子どもの頃が懐かしい昔遊びと駄菓子、各種団体の活動報告なども見逃がせません。

そして、三浦サウンドウェーブとしてアマチュアミュージシャンの熱いステージも、1日中楽しめる企画が一杯です。

■買う

三浦市の地場産品、三浦ブランド製品、取れたて野菜の販売など地産地消の美味しいものが勢ぞろいします。この日だけの限定セールも期待ですね。ぜひ、三浦市の特産品を三浦市でお買い物しましょう!

「三浦丸ごとマルシェ」では、市内の事業者によるこだわり手づくり品もご紹介。キムチやハム・ソーセージ、手づくりパン・スイーツなど楽しいコミュニケーションと共にお求めください。

そして、お待たせ「市民フリーマーケット」が復活します!宝探し感覚でお気に入りのアイテムをゲットしましょう!

■創る

市民まつりは市民が創るイベントです。ロゴマークにもありますが「シェイクハンド(=握手)」で協働のまちづくりを進められたら理想ですね。この機会に様々な人達との交流を深め、三浦市のこと、みんなのことを見つめてみませんか。

このイベントは、三浦市ボランティア連絡協議会ほか、たくさんのボランティアの方の運営で成り立っています。ひとつひとつの積み重ねにより大きなイベントが成功するのです。

市民まつり当日の運営サポーターを募集しています。お問い合わせください。

 

川﨑喜正実行委員長のメッセージ 「みうら市民まつりを今年も大勢の参加者とボランティアの皆さんの協力により、開催することになりました。市民まつりの主役は「来場者」の皆さんです。参加団体の準備の成果やこの日のために選りすぐった「旨いもの」で、ぜひ、楽しい一日をおすごしください。詳しくは、区長会を通じて配布される市民まつりチラシをご覧ください。」

日時 11月 21日(日)  10時~15時

場所 潮風アリーナ周辺

※雨天決行ですが、荒天の場合は中止することがあります。

問合せ 協働推進課(内線312)

 

 

 ============================

みうらっ子育成支援寄附金の活用について

============================

昨年度、多くの皆様からご寄附をいただきました「みうらっ子育成支援寄附金」(寄附金額1,509千円)について、活用方法が決定しましたのでお知らせいたします。

幅広く子どもたちのために活用するということを踏まえ、「みうらっ子育成支援寄附金活用検討委員会」において協議を行い、下の表のとおり活用させていただくことになりました。

寄附金額の配分については、先に開催された、平成22年第3回三浦市議会定例会において補正予算として議決され、現在、各担当課において購入等の手続きを進めております。購入・設置工事が終了した時点で再度お知らせをさせていただく予定です。ありがとうございました。

担当課

購入等物品

保健福祉部子育て支援課

折りたたみ式ベビーベッド

都市部土木課

公園遊具

教育部総務課

小中学校図書室用図書

問合せ 一体感総務室(内線231)

 

 

============================

三浦のいい景観を探す景観ワークショップ

~一度は見てほしい、三浦のとっておきの風景~

============================

皆さんで、三浦のいい景観を探してみませんか。三浦市では今後の景観計画の策定に向けて、景観への理解を深め、三浦のいい景観や課題を共有し、三浦の景観の在り方を考えていくため、ワークショップを開催します。

詳細は三浦市民12月号でお知らせしますので、三浦の景観に関心があり、皆さんと一緒に景観まちづくりを学んでみたいという方は、奮ってご参加ください。

問合せ 計画整備課(内線273)

 

 

============================

市内に2カ所目の『地域包括支援センター』が開設しました。

============================

10月1日、新しく「はまゆう地域包括支援センター」が開設しました。

これによって、市内には地域包括支援センターが2カ所となりました。

センターには、社会福祉士・主任ケアマネジャー・看護師がおり、それぞれの専門知識をいかして、高齢者の方やご家族の方などが地域で安心して暮らせるよう、身近に相談できる窓口となっています。

また、地域の介護サービスに関わる方の支援、高齢者の方の健康づくりや介護予防の支援も行っています。お気軽にご相談ください。

担当地区

センター名称

住所

電話番号

三崎

三浦市社会福祉協議会地域包括支援センター

〒238-0236栄町23-13

882-1066

初声・南下浦

はまゆう地域包括支援センター

〒238-0224三崎町諸磯1411-1

881-3351

問合せ 高齢介護課(内線363)

 

 

============================

税務署からのお知らせ

============================

相続又は贈与等に係る生命保険契約や損害保険契約等に基づく年金の税務上の取扱いの変更についてこの度、遺族の方が年金として受給する生命保険金のうち、相続税の課税対象となった部分については、所得税の課税対象にならないとする最高裁判所の判決がありました。そこで、このような年金に係る税務上の取り扱いを改めることとしましたので、お知らせします。これにより、平成17年分から平成21年分までの各年分について所得税が納めすぎとなっている方につきましては、その納めすぎとなっている所得税が還付となります。お手数をおかけしますが、必要なお手続き(更正の請求又は確定申告など)をしていただきますようお願いいたします。

この取り扱いの変更の対象となる方や所得税の還付のお手続きについては、国税庁ホームページ【www.nta.go.jp】をご覧いただくか、最寄りの税務署にお問い合わせください。

※平成17年分について、早い方は平成22年12月末が還付できる期限となりますので、お早目のお手続きをお願いします。

※受け取られた年金の受給権が相続税や贈与税の課税対象となる場合は、実際に相続税や贈与税の納税額が生じなかった方も対象となります。

問合せ 横須賀税務署(824-5500)自動音声の案内に従い「0」を選択してください。

 

 

 ============================

11月は不法投棄・散乱ごみ防止強化月間です!

============================

三浦市は三方を海に囲まれ、山も谷戸もある自然豊かな街です。その反面、不法投棄がされやすく、斜面緑地、道路脇、海浜地等への不法投棄が後を絶たない状態となっています。

市では、こうした不法投棄や散乱ごみを防止するため、11月を強化月間とし、次の事業を展開します。

○ 不法投棄防止パトロール(昼・夜間)の実施

○ 斜面緑地、道路脇、海浜地等における不法投棄・散乱ごみの撤去

○ 不法投棄場所への防止看板の配布

 不法投棄を『しない』『させない』『ゆるさない』を合言葉に、捨てている人を見かけたら、直接声をかけずにその人の特徴(身長、服装、めがねの有無等)や、車両のナンバー、車の色・形を確認して、警察に通報してください。

問合せ 廃棄物対策課(882-1111 内線291・299) 三崎警察署(881-0110)

 

生ごみ処理機購入費補助金のお知らせ

電動式生ごみ処理機などを購入すると最高で3万5千円の補助が受けられます!

市では、ごみの減量化・資源化のため、三浦市内の電気店等で電動式生ごみ処理機、コンポスト容器等を購入される人に対し、補助金を交付しています。購入を希望される人は、市役所分館2階廃棄物対策課へ身分を証明できるもの(運転免許証、健康保険証など)をご持参のうえ、お申し込みください。

○電動式生ごみ処理機    購入額の2分の1(限度額35,000円)

○コンポスト容器等1基当り  購入額相当額(限度額 3,000円)

 

粗大ごみは壊しても粗大ごみです!粗大ごみは壊しても粗大ごみです!

 タンス、テーブル、イス、机等の木製の粗大ごみを小さく切ったり、衣装ケース等のプラスチック製品粗大ごみ、家電などの金属製品等、粗大ごみになる物を壊して小さくしても、ごみステーションに出すことはできません。粗大ごみとして排出していただくようにお願いします。

 

11月の ペットボトル、埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区分

三崎 地区

南下浦地区・初声地区

ペットボトル

3日、17日(第1、3水曜日)

10日、24日(第2、4水曜日)

埋立ごみ

11日、25日(第2、4木曜日)

9日、23日(第2、4火曜日)

枝木・草葉類

4日、18日(第1、3木曜日)

2日、16日、30日(第1、3、5火曜日)

 

 

 

============================

各種無料相談のご案内(12月)

============================

種別

日程

時間

会場

問合せ先

相談担当者

法律相談

 

8日(水)

 

10:00~15:00

 

市役所分館市民相談室1

 

内線319

 

弁護士

法律相談

 

16日(木)

10:00~15:00

 

南下浦市民センター2階集会室

内線319

 

弁護士

法律相談

 

10日(金)

 

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

 

法律相談

 

24日(金)

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

 

人権相談

7日(火)

13:00~16:00

市役所、南下浦・初声市民センター

内線319

人権擁護委員

 

行政相談

3日(金)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政相談委員

 

住まいの相談

9日(木)

14:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

建  築  士

建築大工技能士

犯罪被害者相談

17日(金)

9:00~12:00

市役所分館市民相談室1

内線311

専門相談員

登記測量相談

21日(火)

14:00~16:00

初声市民センター2階研修室

内線319

司 法 書 士

土地家屋調査士

成年後見相談

22日(水)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政書士

 

宅地建物相談

16日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

宅地建物相談員

高年齢者

出張職業相談

8日(水)・22日(水)

 

13:30~17:00(受付終了16:30)

勤労市民センター

内線324

 

高齢者職業相談員

ほか

消費生活相談

毎週月・木(祝日は順延)

 

9:30~15:30

市役所分館市民相談室ほか

内線312

 

消費生活相談員

 

教育相談

月~金(祝日を除く)

9:00~16:00

教育相談室

881-3380

教育相談員

一般相談

月~金(祝日を除く)

8:30~17:15

市民課お客様センター

内線319

担当職員

 

※相談はいずれも無料で、シロ抜きの相談は予約制(定員有)です。12月8日(水)・16日(木)の法律相談、人権相談、住まいの相談、犯罪被害者相談、登記測量相談、宅地建物相談は11月10日(水)から受け付けます。

 

 

 ============================

第48回三浦市広報大会表彰式

============================

三浦市区長会では、各区の活動を支え、退任された区長・役員や永年地域のために尽力された方、また長期にわたり活動されている地域役員、文化・芸能育成指導者の方々を慰労するために広報大会を開催します。どなたでもお気軽におこしください。

日時 11月6日(土)13時30分~15時30分

場所 青少年会館1階ホール

内容 ①式典(功労表彰) ②アトラクション あめや踊り(あめや踊り保存会)、パドル体操(講師:中江昌子氏)

[敬称略順不同]

■退任区長

高梨修次(松輪) 橋本傑(上宮田第5区) 加藤文幸(仲崎) 榎本明弘(小網代)

小埜耕三(金原西) 戸叶幹男(尾上) 鈴木國彦(上宮田第6区) 飯田俊行(黒崎)

折居幸平(下宮田神田) 尾崎誠(飯森中) 進藤正宏(三戸神田) 山良市(三戸北)

原正一(三戸谷戸上) 鈴木博行(高円坊東) 原田英男(高円坊西) 橋栄美(入江)

布知(三崎口仲田)

■退任役員

鈴木武雄(日の出) 大原靖雄(日の出) 山森陸海(入船) (故)塚越敬子(入船)

木村利男(入船) 吉田實(仲崎) 板倉儀(仲崎) 松崎貞男(仲崎)

井上敏(仲崎) 三橋國治(仲崎) 池田義明(仲崎) 小川孝子(仲崎)

永村マリ子(花暮) 鈴木富雄(宮川) 澤田精二(東岡) 高梨洋一(東岡)

葉山薫(小網代) 中村文聰(小網代) 佐藤美代子(小網代) 小菅幹雄(小網代)

重田裕美(小網代) 石橋紘一(城ケ島) 青木文夫(城ケ島) 石橋藤吉(城ケ島)

川名政良(上宮田第4区) 小笠原成治(菊名) 佐藤辰治(菊名) 簗瀬正幸(菊名)

菱沼健一(金田) 田村一佳(金田) 立川明彦(松輪) 中村春男(松輪)

鈴木義光(松輪) 鈴木徹(毘沙門) 岩崎守(毘沙門) 岩光夫(毘沙門)

岡本文子(元屋敷) 古山重治(赤羽根) 杉澤多煕男(赤羽根) 新倉規男(和田の里)

菅原正道(飯森中)

■長期継続役員

山本和夫(入船) 濱口トミ子(入船) 大山淳一(入船) 大谷裕一郎(入船)

松岡育子(花暮) 下里信一(原) 鈴木満代(白石) 出口功一(諸磯)

渡邊三郎(諸磯) 長田純一郎(諸磯) 青木喜一(諸磯) 石渡秀樹(小網代)

杉田豊彦(小網代) 伏見隼人(小網代) 山崎和善(小網代) 藤嵜正枝(通り矢)

永塚正男(通り矢) 海老原文男(菊名)

■文化・伝統芸能等の育成指導に尽力

林靖範(花暮) 吉永明美(花暮) 下里光子(原) 鈴木クニ子(原) 下里英子(原)

木村美喜子(原) 大井敏雄(原) 相澤康宏(原) 浅川正清(原) 下里利幸(原) 

中山弘(油壷若草)

問合せ 協働推進課内 三浦市区長会事務局(内線313)

 

 

============================

平成22年国勢調査へのご協力ありがとうございました

============================

平成22年国勢調査への市民の皆様のご協力に対し、お礼申し上げます。

調査の結果は、これからの三浦市のまちづくり等に利用させていただきます。

また、回収した調査票は、国で厳重に管理され、集計が完了した後には完全に溶かし、再生紙として生まれ変わります。

もし、調査票を未提出の方がいらっしゃいましたら、ご連絡をお願いいたします。

問合せ 統計情報課(内線305・316)

 

 

 ============================

青少年姉妹都市国際交流派遣事業報告

============================

8月5日(木)~8月20日(金)の16日間、市内の中学生、高校生の16人が「個人テーマ」を持って姉妹都市のオーストラリア・ウォーナンブール市を訪問し、ホームステイや学校生活を通して貴重な体験をしてきました。その報告内容の一部を抜粋して紹介します。

「三浦市とウォーナンブール市の魚を食べる量の差について」

三浦市立初声中学校 3年 山下真琴

三浦市とウォーナンブール市はどちらとも海が近いので、自分がよく魚を食べるように「ウォーナンブールの人々も食べているのかな」と思って調査してきました。

和食と洋食では違う事が多いですが、向こうの人がどのようにして魚を食べているかという事にも興味を持ちました。

調査方法については初声中生徒10人、ウォーナンブール市ブラワーカレッジの生徒10人にアンケートしてきました。項目は以下の2つです。

①あなたは週にどのくらい魚を食べますか?

②あなたは魚とお肉どっちが好きですか?

三浦市の状況

①2回…2人/3~4回…6人/5回…2人。魚とお肉を交互に食べているという人が多数いました。

②魚派…6人/お肉派…4人。日本人は和食を食べるからか魚派の方が多少多いようです。ウォーナンブールの人に聞いた時の違いを比べるのが楽しみです。

ウォーナンブール市の状況

①0回…2人/1回…7人/3回…1人。ほとんどの人が魚を食べていなくてお肉ばかりでした。

②魚派…2人/お肉派…7人/両方…1人。魚の方が好きという人がなかなか見つかりませんでした。みんなお肉が大好きなのだなという事がすごく感じ取れました。

海が近いから魚を食べるじゃなくて、その国の食文化によって食べる物は違うのだなという事がよく分かりました。和食も洋食もその国のひとに愛されているなと思いました。

 

「ウォーナンブール市&三浦市の魅力(地元愛)について」

神奈川県立横須賀明光高等学校 3年 島田歌菜

三浦市は自然が豊かで、有名なものもたくさんあり、平和でのんびりできてと魅力的な市です。では姉妹都市のオーストラリアのウォーナンブール市はどうなのでしょうか。私はウォーナンブール市がきれいな街で自然が豊かだと聞きました。私は両市の魅力について知りたいと思いました。さらに、私の友達は皆三浦市(地元)が好きだという人が多いのでウォーナンブール市の人々はどういう考えなのだろうかと思い調べてみました。

*調査方法…三浦市の生徒、ウォーナンブール市の生徒、男女10人に以下のアンケートを取りました。

*アンケートの結果

Q1あなたは自分の市(地元)が好きですか。

三浦市の生徒(以下「(三)」。)「YES」8人〈理由〉人が好き。平和。落ち着く。/「NO」2人〈理由〉他の国のほうが良い。

ウォーナンブール市の生徒(以下「(ウォ)」。)「YES」8人〈理由〉良い人々。ビーチ。友達。/「NO」2人〈理由〉すごく退屈。

Q2あなたはオーストラリア・日本(相手国)について何か知っていますか。

(三)「YES」10人〈知っていること・もの〉カンガルー。コアラ。広い土地。大陸。/「NO」0人

(ウォ)「YES」10人〈知っていること・もの〉ディズニーランド。文化。素敵な人々。/「NO」0人

Q3将来、自分が住んでいる市(地元)に住みたいですか。

(三)「YES」3人〈理由〉平和。人が好きだから。/「NO」7人〈理由〉何もない。退屈。

(ウォ)「YES」1人〈理由〉良い人々。/「NO」9人〈理由〉(希望する)大学がない。日本が良い。小さい。

Q4あなたの市(地元)の有名なものは何ですか。

(三)マグロ。三崎港。大根。スイカ。漁業。

(ウォ)海。ビーチ。クジラ。

三浦市、ウォーナンブール市の生徒どちらも地元愛があり大好きなことが分かりました。さらに、三浦市の生徒はオーストラリアのこと、ウォーナンブール市の生徒は日本のことをあいまいではありますが、理解していることが分かりました。しかし、将来住みたいですか、という質問に対しては両市の生徒とも「NO」と答える人が多く、理由は田舎すぎて何もないということが欠点だということが分かりました。

私は両市とも自然が豊かで、素敵な人々ばかりでよい体験をしました。デメリットというのはメリットがあってこそだと思います。今回この研究で、たくさんの人に三浦市とウォーナンブール市の魅力を伝えることが出来たら嬉しいです。

 

■「パネル展」の実施について

三浦市青少年姉妹都市国際交流派遣団の活動を、模造紙にて紹介するパネル展を実施します。お気軽にお立ち寄りください。

南下浦市民センター 11月3日(水)~10日(水)

初声市民センター 11月12日(金)~19日(金)

潮風アリーナ(市民まつり) 11月21日(日)

三浦市民ホール(うらり2階) 11月25日(木)~12月2日(木)

青少年会館 12月4日(土)~14日(火)

問合せ 青少年教育課(882‐2765、火曜日~土曜日・ただし祝祭日は除く)

 

 

 ============================

海南神社 面神楽(三浦市指定重要無形民俗文化財)

============================

海南神社に伝わる「面神楽」は、毎年11月初めの申酉の両日、神社境内の神楽殿で奉納されます。三崎では面を被る事から「面神楽」といいます。演目中には、海神に漁の安全や大漁祈願を願った「恵比寿の舞」や「浦島太郎」など漁業を中心に発展してきた三崎特有のものもあります。

日時 11月6日(土)・7日(日)16時30分頃~

場所 海南神社 神楽殿

演目 国がため、種まき、岩戸開きほか

参観料 無料

問合せ 生涯学習課(内線412)

 

 

============================

シーサイド少年少女合唱団

============================

平和コンサート(第5回定期演奏会)のご案内

三浦市民ホール自主企画イベント実行委員会主催の、シーサイド少年少女合唱団定期演奏会を開催します。ゲストに、ピアニストの高橋希代子さんを迎えます。

日時 11月23日(火)祝日

開演 14時

開場 13時30分

会場 三浦市民ホール(うらり2階)

入場料 無料

問合せ 生涯学習課(内線411)

 

 

============================

食の安全・安心について考える講座

============================

食の安全・安心を考えるために皆さんで一緒に勉強しませんか。

日時 12月1日(水)13時30分~15時

内容 ①日本型食生活の話 ②ごはん食推進事業の話

会場 南下浦市民センター

受講料 無料  対象者 市内在住・在勤の方 15人

講師 農林水産省関東農政局職員

申込み・問合せ11月18日から南下浦市民センター(888-0040、月曜日休館)

 

 

============================

手作り和菓子教室

============================

おいしい和菓子でお正月を。じょうよう饅頭ときみしぐれを作ります。

日時 12月18日(土)13時~16時

場所 南下浦市民センター

対象 市内在住・在勤の方 21人

講師 永田小夜子氏

材料費 500円

申込み・問合せ 11月25日から南下浦市民センター(888-0040、月曜日休館)

 

 

============================

第45回三浦市創造展の開催について

============================

市内小中学校の児童・生徒が日頃の学習活動で習得した技量・創造力によって完成させた力作を多くの方々に観ていただけるよう、右のとおり創造展を開催いたします。

日時 11月27日(土)・28日(日)9時~16時

会場 南下浦市民センター 2階

展示作品 工作・絵画・書道・手芸 等

問合せ 学校教育課(内線410)

 

 

============================

読書週間に本を読みましょう!

============================

秋も深まり読書に最適な季節となりました。毎年10月27日から11月9日は、読書週間です。読書は人間性を育て豊かな感性を磨く、重要な役割を果たしてくれます。秋の夜長を活用して、読書習慣とする契機にしませんか。

問合せ 生涯学習課(内線411)

 

 

============================

図書館だより

============================

図書館に、次の新しい本が入りました。

【図書館本館:青少年会館内】

炎天の雪 上・下(諸田玲子)、悪道(森村誠一)、手作りラー油&極うまレシピ(柳沢英子)、おつきさまとちいさなくま(アンドレ・ダーハン)

【南下浦分館:南下浦市民センター内】

クジラの彼(有川浩)、火群(ほむら)のごとく(あさのあつこ)、ひそやかな花園(角田光代)、ドラッカー最後の言葉(ピーター・F・ドラッカー)、借りぐらしのアリエッティ(メアリー・ノートン)

【初声分館:初声市民センター内】

ゆんでめて(畠中恵)、あんじゅう(宮部みゆき)、四雁川流景(玄侑宗久)、七つめの絵の具(いせひでこ)、瑠璃色の星(山崎直子)

【休館日】

11月は、1日・3日・8日・15日・22日・23日・29日・30日です。

12月は、6日・13日・20日・23日・27~31日です。

問合せ 図書館(内線415)

 

 

 ============================

平成22年秋季火災予防運動

============================

実施期間: 11月9日(火)~11月15日(月) 「消したかな」 あなたを守る 合言葉

いのちを守る7つのポイント(全国統一防火標語)~3つの習慣・4つの対策~

3つの習慣

○寝たばこは、絶対にやめる。

○ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

○ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

4つの対策

○逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

○寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

○火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。

○お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

火災から大切な「命」「財産」「家庭」を守る住宅用火災警報器を一日も早く設置しましょう!

問合せ 消防本部予防課(882-0119)

 

 

============================

防災知識シリーズ① 保 存 用

============================

非常時の持ち出し品リスト

□非常用持出袋 (リュックサック) 、□ヘルメット、□非常食等、□粉ミルク □着替え類

□携帯ラジオ、□通帳・有価証券類、□軍手・手袋、□飲料水、□缶切り、□タオル

□懐中電灯・予備電池、□10円玉(公衆電話用)、□印鑑、□フォーク・スプーン、□ティッシュ、□めがね、□洗面用具、□現金、□ウェットティッシュ、□入れ歯、□下着類、□保険証、□ナイフ、

家庭常備品リスト

□マスク、□トイレットペーパー、□紙おむつ、□簡易トイレ、

□卓上コンロ・予備ボンベ、□消毒液、□絆創膏・ 包帯、□脱脂綿、□生理用品、

□調理用ラップ、□水(ポリタンク・ペットボトル) 、

□応急セット、□薬・目薬、□持病の薬、□ローソク・マッチ □寝袋、□ヒモ

 災害は、家族が一緒のときに起こるとは限りません。今日起きるかもしれません。

 地震等の災害に備える非常持ち出し用品の一例を挙げましたので参考にしてください。

●非常時の持ち出し品は、いざという時、持ち出せるようにしておくことが大切です。

●耳の不自由な方は、筆記用のメモや筆記用具も備えると良いでしょう。

●人工透析の治療を受けている方や、特定の薬を処方されている方は、かかりつけの医療機関で災害時の対処をあらかじめ相談しておくことも大事です。

●家族との連絡方法(災害伝言ダイヤルなど)、集合場所などについて話し合っておくことも必要です。

●非常持ち出し品で期限のあるものの入替え、家族構成に応じた数量を点検しましょう。

●家の内外を点検し危険箇所はあらかじめ修理や補強するよう工夫することが大事です。

問合せ 危機管理課(内線256~258)

 

 

============================

小規模工事等契約希望者追加登録申請のご案内

============================

本市が発注する50万円以下の工事や修繕の受注を希望する市内業者の追加登録を受け付けします。追加登録を希望される方は、下記要領をご確認のうえ、申請書類をご提出ください。

1 登録できる方

次の要件を満たしている方です。(建設業法の許可の有無は問いません。)

●市内に住所がある個人事業者又は市内に主たる事業所のある法人

●三浦市の競争入札参加資格者名簿に登録されていない方

●地方自治法施行令第167条の4に定める欠格事項(契約締結能力がない、不正行為をしたなど)に該当しない方

●市税を滞納していない方(市税の納税状況を調査させていただきます。)

●平成22年12月31日現在において、登録希望業種の業務実績が1年以上あり、自ら施工ができる方(下請け不可)

●登録を希望する業種に必要な資格や免許等を有している方

2 登録業種(建設業法上の建設工事28業種)

土木、建築、内装、塗装、電気、管、造園、その他

3 登録有効期間 平成23年1月1日~平成24年3月31日

4 申請書の入手方法

●本市ホームページ(「事業者向け」、「入札・契約関連」)からダウンロードできます。

(アドレス http://www.city.miura.kanagawa.jp)

●契約課(福祉会館2階)で配布します。

5 申請受付期間

11月1日(月)~11月19日(金)の9時~17時(ただし、12 ~13時及び土・日曜日、祝祭日を除きます。)

問合せ・申請書受付場所 契約課(内線236・237)

 

 

 ============================

お知らせ

============================

医師・技師・看護職等募集中!

常勤医師内科医師1人(年齢制限64歳まで)

非常勤放射線技師1人

※主にマンモグラフィ検診を行っていただくため女性を募集します。

非常勤薬剤師1人

看護職(常勤看護師・准看護師及び非常勤看護師・准看護師)若干名。

※准看護師については、看護師免許取得希望者を優遇します。

※将来看護師免許の取得を目指す方には、奨学金貸付制度があります。

問合せ 市立病院(882―2111)

 

============================

廃食用油の回収について

一般家庭で使用済または未使用の植物性油を回収しています。

日時 12月7日(火) 9時30分~10時30分

場所 ①三浦市役所第1駐車場脇ゴミ回収場所付近、②南下浦市民センター正面玄関

付近、③初声市民センター正面玄関付近

※植物性廃食用油のみの回収とさせていただきます。缶等に入った油はポリ容器等に移し替えてお持ちください。持ち運び用の容器の回収は行いません。

また、営利目的で事業を営んでいる方からの油は回収できません。

※回収した廃食用油は石けんにリサイクルしています。

問合せ あしたのくらしを考える会事務局(環境課)(内線296)

 

============================

青色決算説明会・消費税等説明会

横須賀税務署が下記のとおり開催します。

内容所得税の青色申告決算書の作成及び消費税関係ほか

日時 12月8日(水)

・不動産貸付の方 9時30分~12時

・個人事業の方 13時30分~16時30分

場所 三浦商工会議所3階会議室

対象者 青色申告をする方

その他 「所得税青色申告決算書、手引き、書き方」と筆記用具を持参ください。ご

来場には電車・バスをご利用ください。

問合せ 横須賀税務署(824―5500、内線413)、税制課(内線242・246)

 

============================

11月は国民健康保険税の納期です。

休日の納付・相談窓口は28日に開設します。是非ご利用ください。

市税や公金の納付には口座振替が便利です。

問合せ 税制課(内線245・249)

 

============================

年末調整等説明会

日時 11月12日(金) 13時30分~16時

場所 潮風アリーナ

対象者 給与支払者の内、法人及び白色申告の個人事業者

※会場は駐車場の制限がありますので、ご来場の際はなるべく電車・バスをご利用ください。

問合せ 横須賀税務署(824―5500)

①説明会、源泉所得税関係について 法人課税第2部門(内線321・322)

②用紙請求、法定調書関係について 横須賀税務署管理運営部門(内線122・104)

※給与支払報告書用紙は、税務署と別便で市役所より送付しています。

問合せ 税制課(内線242・246)

 

============================

検針票に掲載する広告を募集します!

水道メーターの検針時に各家庭に配布される検針票(水道使用量のお知らせ)の裏面に掲載する有料広告を募集します。

広告掲載期間 平成23年4月~平成24年3月の1年間。2カ月毎に市内約22,000カ所

に配布されます。

掲載内容 掲載スペースはタテ160mm×ヨコ80mm以内の単色刷りで、三浦市水道事業広告掲載要領に定める広告掲載基準などに反しない内容のもの。

広告掲載までの流れ ①掲載を希望される人は、11月26日fまでに住所・名称・連絡先を電話でご連絡ください。応募方法などの詳細について説明いたします。②掲載内容を審査して、入札により広告主を決定します。

募集の詳細は、三浦市ホームページへも掲載しております。

申込み・問合せ 水道部営業課料金係(内線383・384)

 

============================

三浦市経済対策利子補給金の申請について

市では、経済緊急支援策の一環として本年11月1日(月)から12月31日(金)までに市内等金融機関より事業資金(1事業者当たり合計1,000万円を限度)の融資を受けられた中小企業者の皆様を対象に、借入金の利子の一部(1%、6カ月)を補助します。

補助金の申請期限は、平成23年1月31日(月)までとなります。

問合せ 商工観光課(内線323)

 

============================

パート・派遣・契約社員のための相談会

働く方々の労働条件や職場における悩み等の労働相談会。

どなたでもお気軽に。相談無料、秘密厳守。労働手帳等も無料で配布します。

日時 11月12日(金) 13時~16時

場所 南下浦市民センターロビー

問合せ 商工観光課(内線324)

 

============================

木造住宅耐震診断・改修工事補助事業のご案内

市では、木造住宅の耐震性を向上させ、災害に強いまちづくりを目的とした、耐震改修工事費等の補助を実施しております。

対象となる建物は、次の①~③の条件を全て満たしたものです。

①昭和56年5月31日以前に建築された建物 ②2階建以下の在来工法の木造住宅  ③建物を所有しかつ居住している方。

市で行っている簡易診断を既に受けている方は、一般診断から受けられます。

一般診断・補強設計・耐震補強工事の補助制度は単独では利用できません。必ず簡易診断から受けていただく必要があります。

申し込みをされる前に、まず財産管理課にご相談ください。

なお、市では耐震診断や耐震補強工事などについて訪問、電話での戸別勧誘は一切行っておりません。

問合せ 財産管理課(内線254・255)

 

============================

ご存知ですか?検察審査会

交通事故等の犯罪の被害にあったが、検察官がその事件を起訴してくれないといった不満をお持ちの方は、検察審査会に申し立てをすることができます。

問合せ 横須賀検察審査会事務局(823 ―1905、内線331)

 

============================

「女性の人権ホットライン」強化週間

パートナーからの暴力やセクハラなど、女性にかかわる心配事や困り事相談。

日時 11月15日(月)~11月21日(日) 8時30分~19時(土日は10時~17時)

電話番号 神奈川県人権擁護委員連合会(0570―070―810)

 

============================

オウム真理教 犯罪被害者等給付金

申請期日は本年12月17日まで

オウム真理教による「地下鉄サリン事件」等で、死亡、傷病または後遺障害などの身体的な被害を受けた被害者またはご遺族に対し、国が給付金を支給しています。給付金の申請については、下記にお問い合わせください。

問合せ 神奈川県警察本部警務課被害者支援室(045―211―1212、内線2716)、三崎警察署住民相談係(881―0110)

 

============================

エイズ即日検査のご案内(匿名・無料・事前予約制)

結果は、陰性の方は当日(受付から1時間程度)、判定保留となった方は確認検査の結果を1週間後に説明します。感染の機会があってから約3カ月(12週間)経過してからお受けください。

実施日時 12月6日 (月)・12月20日(月) 両日とも9時30分~11時

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882―6811)

 

 

============================

福祉のひろば

============================

============================

皆様からの善意231万円余~日赤社員増強運動~

5月から実施している日本赤十字社員増強運動は、各区長さんの全面的なご支援と市民の皆様の深いご理解により大きな成果をおさめることができました。

皆様からの善意は、日本赤十字社神奈川県支部を通じ、国内外の被災者援助や中立な人道支援の観点からの幅広い活動に活用させていただきます。

実績額 2,313,000円(平成22年9月16日現在)

問合せ 福祉課内 日赤三浦市地区事務局(内線355)

 

============================

平成22年度三浦市戦没者追悼式の開催について

戦没者を追悼するため三浦市戦没者追悼式を執り行います。

日時 11月9日(火) 14時30分~

場所 青少年会館ホール

問合せ 福祉課(内線355)

 

============================

平成22年度人権啓発映画会

人権問題の映画会が開催されます。入場無料・申込不要です。

日時 11月11日(木) 13時30分~

場所 横須賀市文化会館大ホール

監督 佐藤威一郎氏

タイトル「地球のステージ ありがとうの物語」

主催 国連NGO 横浜国際人権センター

共催 三浦市・横須賀市・鎌倉市・逗子市・葉山町及び各教育委員会

問合せ 福祉課(内線355)

 

============================

戦後強制抑留者に対する特別給付金について

シベリア戦後強制抑留者に対する特別給付金の請求受付が、10月25日から始まりました。

対象者戦後強制抑留者で平成22年6月16日に日本国籍を有するご存命の方

請求受付期間 ~平成24年3月31日

請求方法 当基金より請求書類を送付します。まだ、お手元に届いていない方は、当基金にご連絡ください。

問合せ 独立行政法人平和祈念事業特別基金(0570―059―204、IP電話、PHSからは03―5860―2748)

受付時間 平日のみ9時~18時

 

============================

第35回横須賀三浦地区障がい児者ふれあい作品展

①開催 11月9日(火)~11月12日(金)

場所 ショッパーズプラザ横須賀2階センターモール(京急汐入駅またはJR横須賀

駅下車 徒歩5分)

時間 10時~20時(11月12日は、18時まで)

内容 施設・作業所等で制作した作品等の販売・展示

②開催 11月13日(土)~11月15日(月)

場所 横須賀市立総合福祉会館6階体育室(京急汐入駅またはJR横須賀駅下車 徒歩10分)

時間 10時~17時(11月15日は13時まで)

内容 学校の生徒による作品等の展示   

問合せ 横須賀ヘーメット内 ふれあい作品展実行委員会事務局 担当 落合・安田(855―5951、FAX 855―5952)

 

============================

現況届(児童扶養手当)の手続きは済みましたか

児童扶養手当(主に母子家庭の人が対象になる手当)に認定されている人は、現況届が必要です。まだ、届け出をされていない人は、必ず現況届の手続きをしてください。

現況届を提出されないと、受給要件を満たしていても8月分以降の児童扶養手当が受給できなくなります。

問合せ 子育て支援課(内線365)

 

============================

平成23年4月新規入園の保育園申込手続きについて

平成23年4月から新規に保育園へ入園するための申込書類の配布及び受け付けをおこないます。

入園の要件 次の①~⑤の事情で、お父さん・お母さんのいずれもが保育できないお子さんが対象となります。ただし、65歳未満の祖父母が同居又は近所にお住まいで、保育が可能な場合は入園できません。

①会社や自宅で常時仕事をしていること、②お母さんが出産の準備や出産後の休養が必要なこと(期間限定)、③病気で1カ月以上入院又は自宅療養(週1回以上通院)が必要なこと、④病人や障害者を常時介護していること、⑤自宅や近所の火災などの災害復旧にあたっていること。

申込書類の配布及び受付期間 11月8日(月)~12月17日(金)

配布及び提出先 子育て支援課・市内各保育園

※市外の保育園を希望する場合は、お早めにご相談ください。

問合せ 子育て支援課(内線365)

 

============================

11月は児童虐待防止推進月間です

近年、児童虐待に関する相談件数が増加しており、特に子どもの生命が脅かされる重大な事件が後を絶たない状況です。

児童虐待問題は早急に解決すべき重要な課題となっています。

児童虐待を受けていると思われる児童を発見した場合は、市や児童相談所に通告する事とされています。

あなたのご近所で「もしや?」と思ったらご一報ください。

問合せ 子育て支援課(内線365)、鎌倉三浦地域児童相談所(828―7050)

 

============================

11月11日は「介護の日」です

「介護の日」は、介護についての理解と認識を深め、高齢者やその家族、介護に携わっている方等を支援するとともに地域社会における支え合いや交流を促進する観点から制定されました。

介護予防に心がけるとともに、みんなで支え合って、いつまでも住み慣れた地域でいきいきとした暮らしが続けられるようにしましょう。

問合せ 高齢介護課(内線352・354)

 

============================

介護保険事業推進委員会開催のお知らせ

三浦市高齢者保健福祉計画・三浦市介護保険事業計画の進行管理などを審議する介護保険事業推進委員会を開催します。

傍聴を希望される人は、開催日の前日までに担当へご連絡ください。

日時 11月26日(金) 13時~

場所 青少年会館会合室A・B

問合せ 高齢介護課(内線352・354)

 

============================

第22回横須賀三浦地区ふれあい広場

横須賀三浦地区の障害のある方と来場される方との交流を目的とし、社会福祉施設等の模擬店や作業所等の作品販売、パソコン写真、ゲームコーナー等の各種アトラクション、ステージイベントなど盛りだくさんの内容です。

日時 11月13日(土) 10時~14時

場所 横須賀市立総合福祉会館5階~7階

問合せ ふれあい広場実行委員会事務局 高橋修(848―6346)

 

============================

みんなのひろば

============================

============================

第12回パッチワークキルト展

「晩秋に輪と和を縫い繋いで…」タペストリィー、ベッドカバー等を展示。

日時 11月26日(金)~28日(日) 10時~17時(最終日15時まで)

場所 勤労市民センター

問合せ パッチワークの会熱田(882―3070)

 

============================

竹林整備体験ボランティアの案内

竹林の管理の仕方学習、竹林の間伐、下草刈、毎月第2日曜日 全8回。

日時 11月14日(日)~ 9時30分~15時

場所 逗子市小坪一の沢竹林(披露山入口)

対象 18歳以上 15人

費用 1,000円

持ち物 弁当、飲み物、ノコギリ、軍手

問合せ 三浦竹友の会・岩井(824―9882)

 

============================

クリスマスリース教室

自然の素材を使ってリースを作りませんか。とてもかわいく仕上がります。

日時 12月18日(土) 13時~15時

場所 潮風アリーナ会議室

講師 小倉美波先生

対象 中学生以上(小学生は保護者同伴)

定員 20人

料金 1,500円(材料費)

持ち物 はさみ、エプロン、軍手、自分で飾りたいオーナメント

申込み 潮風アリーナ窓口(電話不可)

問合せ 潮風アリーナ(889―0404)

 

============================

三浦ファイトクラブメンバー募集

キックボクシング&柔術を始めてみませんか?(6歳から)

日時 毎週土曜日(17時30分~19時20分)

場所 南下浦市民センター

費用 1回500円

申込み・問合せ 三浦ファイトクラブ カネイ(080―3732―1275)

 

============================

三浦市社会教育講座文学講座

日時 11月19日(金)・26日(金)・28日(日)

問合せ 初声市民センター(888-1626)

 

============================

ビーチコーミングと漂着物クラフト作り

海辺を歩いて漂着物を観察し、拾った貝殻などでフォトフレ―ムを飾ります。

日時 11月23日(火) 9時45分~12時

会場 三浦ふれあいの村

対象 小学校4~6年生 15人

費用 無料

申込み・問合せ NPO法人オーシャンファミリー海洋自然体験センター海野(876―2287)

 

 

============================

みうら国保健診を受けましたか?

============================

みうら国保健診(特定健診)で、あなたの身体をチェックしましょう!年に1回の健診で、自分の身体の状態を客観的に知ることができます。

まだ健診を受けていない方は、この機会にぜひ受診してください。

特定健診はメタボリックシンドロームに着目した健診です。では、なぜメタボ健診なのでしょうか。

不健康な生活習慣を続けると、内臓脂肪の蓄積、高血圧・高血糖・脂質異常などの状態を引き起こす可能性が高くなります。内臓脂肪型肥満と高

血圧・高血糖などが重なりあっている状態をメタボリックシンドロームといいます。このような状態が改善されずに進行すると糖尿病や高血圧症などの生

活習慣病の発症を招きやすくなるとともに、動脈硬化のリスクがとても高くなります。動脈硬化は心臓病、脳卒中など命にかかわる病気を引き起こします。

このため、メタボを予防し、生活習慣の改善を図ることを目的に特定健診の制度が作られました。

生活習慣病は自覚症状が少なく、気付かないうちに進行します。健診を受けて、客観的に自分の身体をチェックしましょう。

対象者 三浦市国民健康保険に加入している40歳~74歳の人(昭和46年3月31日以前生まれの人)

料金 ①70歳未満の人(昭和16年4月1日~昭和46年3月31日生まれの人)…1 ,500円

    ②70歳以上の人(昭和16年3月31日以前生まれの人)…無料

 

なぜ特定健診(メタボ健診)なのか?(当てはまる項目にチェックをしてください)

□食事は満腹になるまで食べる   □早食いである      □間食をよくする   □朝食を抜くことが多い

□脂っこい料理や濃い味付けが好き □あまり運動をしない   □睡眠不足である   □たばこを吸う

□お酒をよく飲む(飲む量が多い) □ストレスがたまっている

チェックが0個の人   健康的な生活習慣です。定期的に健診を受けて自分の健康状態をしっかり管理していきましょう。

チェックが1~5個の人  生活習慣を見直す必要があるかもしれません。まずは健診を受け健康状態を確認して、生活習慣の見直しを考えましょう。

チェックが6個以上の人 体調に変化はありませんか。1年に1度は健診を受けて、積極的に生活習慣の改善をしましょう。

◆内臓脂肪は皮下脂肪より蓄積されやすい反面、燃焼しやすい性質を持っています。生活習慣を見直すことで改善が可能です。健診を受けて、早い段階から少しずつ、できることから改善をしていきましょう。

問合せ 保険年金課(内線317)

 

 

 ============================

健康ぷらっと

============================

健康ぷらっと 健康相談(無料・予約不要)

11月1日(月)PM、24日(水)AM

12月6日(月)PM,16日(木)AM

AM:9時30分~11時30分  PM:13時30分~15時30分

【会場】健康ぷらっと(三浦合同庁舎2階)

12月2日(木) 18時~20時は出張健康相談日!潮風アリーナ(総合体育館)にて実施します

☆各種健康測定  (体組成計、血圧、血管年齢、骨密度、血糖値、一酸化炭素濃度)

☆食事や運動など健康づくりに関する相談 

☆各種健康診査や教室のご案内

 

============================

歩っぽの会(第5期ウォーキングの会)

【日時】 12月10日(金) 9時30分集合 

【集合・解散場所】 健康ぷらっと

【コース】 毘沙門コース ※雨天の場合も集合場所にて運動等を実施します。

【対象】三浦市民で64歳以下の方  

※申し込みは不要です。

☆寒い時期、空気の澄んだきれいな景色が待っています☆

 

============================

女性特有のがん検診推進事業を実施しています。 

女性特有のがん(乳がん・子宮がん)にかかる方が増えています。予防や早期発見・早期治療のため、気になる症状がなくても、年に一度は検診を受けましょう。また、がんに関する普及啓発のため、国の基準に基づき、対象の方には9月上旬にがん検診無料クーポン券を郵送しました。クーポンを活用して受診してください。

平成22年4月20日以降に転入された方やご不明な点がある方はお問い合わせください。

 

============================

ミニ健康ですね情報 『全国糖尿病週間』

 11月9日から15日は全国糖尿病週間です。糖尿病やその予備群は年々増加しており、国の調査では成人の4人に1人、40歳以上においては3人に1人が該当する結果となっています。

~糖尿病の予防にはこれが大事!!~

★自分に合った食事量を食べる。

★3食たべる規則正しい食生活を送る。

 朝食抜きや夕食のまとめ食いはいけないの?

●食事の回数や間隔が不規則になると、インスリンの分泌(血糖を下げるホルモン)に負担がかかり、太る原因になります。

●食べ過ぎや、栄養素の偏りを招く一因にもなります。

★バランス良く食べる

★適度な運動

 運動は基礎代謝を増加させ、太りにくい体を作ることができます。

 これを機に生活習慣を見直してみましょう!

 

============================

三浦市保健衛生委員 「脱!メタボリアン作戦」市民講座のお知らせ

 健康診査の必要性を広く知っていただくために昨年、好評だった三浦市保健衛生委員主催の 「市民講座」を今年も開催します。今年は「糖尿病」をテーマとして行います。みなさんの参加をお待ちしています!

日 時 12月9日(木) 19時~20時30分

場 所 南下浦市民センター 2階講堂

内 容 「糖尿病のはなし」講師 三浦市立病院 総病院長 小澤 幸弘 先生

    「食生活で決まる あなたの健康」講師 健康づくり課 栄養士

対 象 三浦市民(どなたでも参加できます) 

 

============================

保健衛生委員活動日記

■第3回全体研修会

 9月21日、南下浦市民センターで行いました。前半は三浦市立病院総病院長 小澤幸弘先生の「がん検診について」の講演があり、後半は健診受診勧奨のポスターを作成しました。ポスターは掲示板や施設に掲示されますので是非ご覧ください!

■がん検診普及啓発セミナー

 10月6日三浦市民ホールで行われたセミナーは、103人の参加があり、受け付けのお手伝いをしました。

■脱!メタボリアン作戦

 今年も各地区で開催しております。三崎地区は10月4日に行いました。(初声地区は11月11日予定、南下浦地区は上記をご覧ください)

■第3回南下浦地区研修会

 10月13日、「備えて安心・災害予防」をテーマに危機管理課の職員の話を聞き、グループワークを行いました。日頃からの備えが確認できました。

手洗い・うがいを励行し、咳エチケットを守りましょう!

 

 

 ============================

市民特派員リポート  「秋の青空の下で」

============================

突然ですが、みなさんは最近高校に行ったことがありますか?高校生の子どもでもいないとそんな機会はありませんよね。街で見かける高校生だけでなく、学校での高校生の様子も見ていただくと、高校生のことがよくわかるかもしれません。

そんなときにぜひ利用していただきたいのが、例えば文化祭などです。一般公開日を設けているところが多いので、行ってみるのもいいですね。というわけで、今回は私が通っている三浦市初声町にある農業高校、平塚農業高校初声分校の文化祭「農高祭」をご紹介します。見学だけでなく、農産物も安く売っているので楽しいですよ。

では昨年の農高祭の様子を中心にご紹介します。農高祭の中心といえば農産物の販売です。3つの部門からなり、野菜部門では大根や水菜など冬野菜を、草花部門ではシクラメンやビオラなどが、果樹部門では温州ミカンやキウイフルーツなどが例年販売され人気を集めています。昨年の野菜部門の販売物はほとんどお昼過ぎには売り切れてしまいました。草花部門のシクラメンは人が多すぎて入場制限となり、果樹部門の温州ミカンは販売前からお客さんが列を作り、販売開始後15分くらいで売り切れました。

分校はクラスが3クラスしかない小さな学校なので、クラスよりも農業クラブや生徒会、部活動での発表や販売が生徒中心に行われています。私もボランティア同好会の一員として、ユニセフ募金を行い、買い物帰りのお客さんから寄付をいただいて、一日だけでしたが2万円以上集まり、後日日本ユニセフ協会にお金を送りました。また「自然と農業」という社会人聴講生の方が参加された部門では石焼きイモの販売がありました。その他有志によるバンド演奏や農業クラブによる農業知識を競う農業鑑定のコーナーなど一日楽しめるものでした。去年は一年生で初めてだったのですが、卒業生の先輩方も顔をだして後輩や先生方とのお話に花が咲いていました。分校は小さい学校ですが、親子3代という家もあり、

当日野菜を販売していたPTAの方も分校の卒業生という方が大勢いました。

今年度の企画も生徒先生方が協力して行われます。今年の一般公開日は11月27日(土)、九時開門、十時公開開始となります。グラウンドを駐車場として開放しますので、お車の方も大丈夫です。バスの方は三崎口駅から横須賀行きなどで「和田」バス停下車、徒歩10分です。受け付けでパンフレットを配りますので、そのあと各部門の販売や企画を楽しんでいただけたらと思います。

秋の一日、初声の空は青くて高いですよ。とんびが飛び交い、牛舎からは牛の鳴き声も聞こえます。初声分校は三浦の農家の方から土地を寄付していただいて地元のためにということでできた学校だと聞いています。初声分校の秋のイベント、農高祭によろしければお越しください。

市民特派員 山田美咲

 

 

============================

『三浦市民』10月号「市民特派員リポート」の補足

============================

10月号の市民特派員リポートの中で、(優勝力士に対する)「メダルは財団法人日本相撲協会より贈呈」とありましたが、日本相撲協会からは小学生と中学生のグランドチャンピオン2人に対して贈呈され、各学年の優勝者に対しては若宮初声っ子相撲保存会からメダルが贈呈されました。

 

 

 ============================

三浦市立病院

============================

はじめまして   内科 兒玉末

============================

こんにちは。三浦市立病院に今年4月より勤務しております、兒玉末(こだまこずえ)と申します。内科・地域医療科を担当しており、入院・外来診療のほかに訪問診療にも当たっております。

私はもともと三浦には縁もゆかりもないのですが、結婚した夫の母親の実家がたまたま三浦で、ここへ引っ越してきました。「三浦は気候もいいし、三崎には昭和っぽいノスタルジーもあって、いい町だなあ…」と思ってはいたのですが、実際ここに暮らしてみて、今は完全に三浦にハマっています。特に夏は最高でした。勇壮な海南神社の夏のお祭り、歩いて行ける海。新鮮な魚、地元の人たちの人情味。三浦スイカは甘く冷たく、夏の間ほとんど毎日食べていました。しかも海が近いので、風があって、三浦の夏は涼しい。「かもめ児童合唱団」も、大ファンです。そしてこれから秋。三浦の四季をひとつひとつ経験していくのが、楽しみです。遠い昔、明治か大正か、はたまたその前の時代か分かりませんが、夫のご先祖様がこの地に根を下ろしたとき、きっと今の私たちと同じように、この土地が気に入って、心底好きでここに定住すると決めたのだろうなと、ふと思ったりしています。夫の母の実家ということで、なんとなく流れ着いた私たちですが、こんな素敵な場所に結び付けてくれたご先祖様に、感謝している今日この頃です。愛する三浦で、長く医療に携わっていきたいと思っています。まだまだ勉強不足で未熟な私ですが、三浦市の皆様のお役に立てるよう、日々精進していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

============================

献血のお知らせ

============================

病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、健康な方に献血のご協力をお願いいたします。

1)

日時 11月21日(日)

場所 みうら市民まつり会場(潮風アリーナ)

時間 10時~11時30分/12時30分~15時

協力 三浦市献血ボランティア協議会

時間 11時~15時30分

2)

日時 11月29日(月)

場所 三崎フィッシャリーナ・ウォーフ(うらり)

協力 三浦ライオンズクラブ

※体調の悪い方、薬を飲んでいる方は献血をできないことがあります。

問合せ 健康づくり課(内線370)

 

 

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111(内線315)

ファックス番号:046-882-1160

Eメール:shiminkyodo0101@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る