トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民平成23年4月号概要テキスト版

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

三浦市民平成23年4月号概要テキスト版

ページ 内容
表紙 東北地方太平洋沖地震について、南下浦土曜サービスセンターが始ります

2~3ページ

平成23年度 施政方針(要約)

4ページ

選挙情報
5ページ 海南神社を新たに県指定重要文化財(建造物)に、各種無料相談
6ページ 平成23年度各種ワクチン予防接種、地上デジタル放送視聴のための低所得者支援の拡大について
7ページ 春のスポーツイベントのお知らせ
8ページ ごみ情報、屋外燃焼行為について、合併処理浄化槽設置費用の補助について
9ページ 犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ、人と動物とのよりよい関係をめざして
10ページ 認知症サポーター養成講座のご案内、三浦市災害時ボランティアの募集、木造住宅耐震診断・改修工事補助事業

 11ページ以降は、こちらからご覧ください。

 

 

 

============================

三浦市民 平成23年4月号(665号)

============================

 表紙 東北地方太平洋沖地震について

このたびの東北地方太平洋沖地震によりお亡くなりになられました方々に対し、心よりご冥福をお祈りするとともに、被災され、今も避難生活を強いられている方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。

市民の皆様におかれましては、地震発生直後から冷静な対応をしていただき、大きな混乱もなく避難活動が行えましたことに、心より御礼申し上げます。

現在は東京電力による計画停電など、ご不便をおかけしておりますが、市民の皆様が必要な情報は、新たに開設したホームページなどで、迅速にお伝えしてまいります。

本市としても被災地の復興に向け、最大限の支援をしていきたいと考えておりますので、引き続き市民の皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

 

============================

日本赤十字社 義援金を受け付けます

日本赤十字社では、被災者に対する赤十字の救援活動に役立てるため、義援金を受け付けます。皆様のご協力をお願いいたします。

日本赤十字社神奈川県支部三浦市地区での受け付け場所は、三浦市役所保健福祉部福祉課(福祉会館内)、南下浦出張所、初声出張所の3カ所です。

※日本赤十字社では、原則として個人の方からの物品の寄贈は受け付けていませんが、三浦市役所として一部受け付けています。詳細は12ページをご覧ください。

※口座振替・クレジットカード・コンビニエンスストア・Pay-easyも利用できます。詳細は下記 URLへ。

問合せ 福祉課(内線355)

(日本赤十字社神奈川県支部URL:http://www.kanagawa.jrc.or.jp/)

 

============================

南下浦土曜サービスセンターが始まります

============================

4月9日(土)から、毎週土曜日、南下浦市民センター(出張所)で主に証明書の発行サービスを開始します(サービス時間は8時30分~17時15分)。

取扱業務① 市民課所管の証明書発行

●印鑑登録証明(新規・再登録はできません) ●住民票 ●住民票記載事項証明

●公的年金現況証明 ●戸籍謄・抄本(現在の戸籍に限る) ●戸籍の附票の写し

取扱業務② 税制課所管の証明書交付

※事前に税制課へ(三浦市役所代表電話番号882-1111)電話で予約をしてください。受け付けは4月1日(金)からとなります。  

●市県民税課税・非課税証明(内線246)

●法人事業所証明(内線246)

●固定資産評価証明(内線247)

●固定資産公課証明(内線247)

●納税証明(市県民税、固定資産税、軽自動車税、法人市民税)・平成23年度施政方針(要約)(内線244)

取扱業務③ 収納業務(市税、各種料金の支払い)

納付書の再発行はできませんので納付書を持参してください。延滞金が生じる場合は、後日連絡いたします。

問合せ 南下浦出張所(888-1111)

 

市の人口 48,119人(世帯数:17,909世帯)※平成23年3月1日現在(国勢調査人口速報集計結果による推計)

 

 

 ============================

平成23年度  施政方針(要約)

============================

§1 市政執行に関する基本姿勢

● 私の市政執行の基本姿勢である、市民にとって「あったかいまち」、「ロハス」な魅力で選ばれるまち、「3つのS」で高効率・高性能の財政体質という3つの基本姿勢はゆるぎないものであります。

● 平成23年度も引き続きその達成に向けて、職員一丸となり情熱を持って粘り強く取り組んでまいります。

 

§2 「Yesからのスタート」が平成23年度施政の基本方針

● 平成23年度からは、南下浦地区において障害者通所施設の運営がいよいよスタートします。

● 障害者通所施設は、施設サービスのあり方や設置場所などについて、利用者団体・事業者・関係する市民と、市との間でそれぞれの協働があって初めて達成できる事業です。

● 開所後もスムーズな運営が図られるよう、丁寧な説明により、多くの方の理解を得て、地域に溶け込んだ施設となるよう努めてまいります。

● この大きな一歩は、粘り強く継続し取り組んだ成果であるとともに、Yesからのスタートという姿勢が根付いてきたことのあらわれであると感じております。

● 平成23年度も引き続き、全ての職員がYesからのスタートで取り組む姿勢をさらに徹底し、その上で身の丈にあった背伸びをしない市政運営を目指して様々な課題に取り組んでまいります。

 

§3 市民にとって「あったかいまち」

● 市民のみなさんが育んでこられた三浦の文化は、観光で訪れる方へのおもてなしや、各区を単位とした活動など、本当にあったかいものであります。より以上に三浦が「あったかいまち」であることを実感していただけるように、様々な施策を実施してまいります。

● 小児医療費につきましては、平成23年度からは、対象者を小学校2年生まで引き上げるとともに、引き続き、その一部が県の助成対象から外れている自己負担分などに対して助成を行います。

● 子ども手当の歳出予算については現行の政府案に基づき予算計上いたしました。

● ヒトパピローマウイルスワクチン接種、Hib(ヒブ)ワクチンおよび肺炎球菌ワクチン接種をそれぞれ行い、これら予防接種にかかる費用の全額について助成いたします。

● 本年4月から南下浦出張所において、毎週土曜日に、南下浦土曜サービスセンター事業をスタートさせます。提供するサービスは、市民課所管の証明書の発行、税制課所管の証明書の交付、市税のほか各種料金の収納等となります。

● 市民のみなさんから要望の多かった、南下浦市民センター、初声市民センターの月曜開館も実施いたします。

● 三崎高校跡地の利活用については、民の力による整備に向けて、議会のみなさん、市民のみなさんに利活用方針の素案を示し、意見をいただきます。方針決定後は、事業パートナーである民間事業者の公募・選定を行います。

● 学校配置の適正化につきましては、平成22年度に引き続き、三崎地区中学校適正配置協議会において地区の合意形成を図りながら協議を行います。

● 小中学校図書館の図書の購入および書架やカウンターなどの図書室用備品の整備を行い、読書活動の促進を図ります。

● 三浦縦貫道路Ⅱ期整備区間の完成に備え、三浦市にできる取り組みを県と連携し最大限実施してまいります。

● 市内にお住まいの山口隆司様からいただいた寄附金2千7百万円を活用させていただき、高規格救急車の更新を2年前倒して、平成23年度に更新し、救命率の向上を図ります。

● 京浜急行電鉄株式会社による三浦海岸駅構内の自転車等駐車場の完成と併せて、駅前広場に自転車等が放置されることを防止するために、環境パトロール隊による見回りを行うとともに、自転車等駐車場の適正な運営に努めます。

● 平成23年度は一般ごみについて、3%の減量化目標を掲げて取り組んでまいります。また、発生抑制を考えるため、市民と市に加え事業者も協力しあえる仕組みとして、ごみポイント制度の創設などを検討することといたします。

● きれいなまちを維持するために、緊急雇用創出事業を活用して集中的に不法投棄対策を行います。

● 水道事業は引き続き水道料金を据え置く一方で、平成23年度も老朽化した配水管の更新事業を実施いたします。また、県営水道移管に向けた取り組みは、県企業庁との経営などに係る情報交換会を平成23年度も引き続き開催してまいります。

● 公共下水道整備につきましては、平成24年度の全体計画策定に向けて、公共下水道以外の生活排水処理の整備手法も視野に入れ、全体計画策定の前提となる、適正な三崎地区・初声地区の生活排水処理方針を策定してまいります。

● 市内経済の活性化のために、国の交付金に基づく「神奈川県緊急雇用創出事業臨時特例基金市町村補助金」を活用し、新たな雇用・就業の場を創出いたします。

 

§4 「ロハス」な魅力で選ばれるまち

● ユネスコの無形文化遺産に登録されたチャッキラコに続いて、今年3月には三戸のオショロ流しが国の重要無形民俗文化財に指定されました。三浦のもつ伝統文化が極めて魅力的で特色があることに対するお墨付きを活かして、さらなるシティーセールスにまい進してまいります。

● 平成23年度も、引き続き教育旅行誘致営業に取り組むとともに、正式予約をいただいたみなさまに「本物の三浦」を体験していただけるよう、「おもてなし」の取り組みにも注力してまいります。また、民間企業のみなさまと積極的に連携し、目標である「平成25年度までに観光客数600万人」を目指してまいります。

● 羽田空港の国際化に伴うインバウンド(外国からの誘客)への動きについては、アクセスの良さと、「みうらの食」を活用しながら、継続して外国人観光客の誘致に取り組んでまいります。また、英語を始め中国語、韓国語の3カ国語で市のホームページを見ることのできるシステムを、本年4月から導入いたします。

● 農業振興のための事業として、三浦市農業協同組合の取り組みに対する支援を行います。平成23年度は新たに、残さ分解促進剤を利用し、野菜残さの畑内処理の可能性を追究し、環境保全型農業にさらなる一歩を踏み出します。

● 企業誘致も粘り強く継続いたします。二町谷地区に、将来に向けて地域活力を維持できるような企業群の一体的集積を目指してまいります。

● 三浦国際市民マラソンは、平成23年度、記念すべき30回目の大会となります。記念大会にふさわしい企画について実行委員会のみなさまと検討し、さらなるみうらファンの増加を目指してまいります。

● 三浦市全体への来遊客のさらなる増加や、“うらり”周辺に集中している来遊客を下町・城ケ島地区へ回遊させ地域活性化を図るために、第3回目となるみうら夜市を開催します。また、「昭和の漁師街復活活性化プロジェクト」に対する助成を行うとともに、新たな事業の公募および採択を行います。

● 城ケ島地区の活性化につきましては、県、市、地元の関係者で構成する「魅力あふれる城ケ島創造検討委員会」を昨年9月に立ち上げ、本年6月を目途に、精力的に検討を進めております。

● 農業の基盤整備として、排水路や農道整備を行います。また男女の出会いの演出を始めとした農業後継者対策の活動を支援します。農作物への被害の深刻化に伴い、新たにカラス対策を行い被害の防止に取り組みます。さらに漁業の生産基盤の整備として、平成23年度も係留施設を整備し、水産物の生産性や漁業就労環境を向上させます。

● 「第5回B-1グランプリin厚木」において第5位の好成績を収めた、「三崎まぐろラーメン」の「食のまちおこし」活動を支援するとともに、桜まつりなどに取り組んでいる三浦海岸まちなみ事業協議会の活動を支援いたします。

 

§5 「3つのS」で高効率・高性能の財政体質を持つ市役所

● 市立病院の経営改革につきましては、総病院長のもと経営改革は順調に進んでおり、平成23年度は、赤字補填的な意味合いを持つ、基準外の繰出金を支出しない予定であり、当初予算では計上しておりません。

● 土地開発公社の解散は、昨年9月30日をもって解散の認可を受けることができました。引き続き企業誘致活動を推進し、公社から引き継いだ土地の早期の売却および活用に全力を上げて取り組みます。

● 庁内に財源対策検討委員会を設置し、あらゆる事業や施策について聖域なく検討対象として、財源対策につながる取り組みをピックアップし全庁あげて取り組み、その効果額は、1億2千2百17万5千円となりました。

● 税外未収金について市立病院診療費の未収金などを追加して取り組むとともに、資力があるにも関わらず納付意欲のない悪質な滞納者に対しては、預金や給与の差し押さえ、裁判所への支払督促の申し立てなど法的手段を講じてまいります。

● 新たに南下浦市民センターと市立病院の駐車場用地を民間事業者に貸し付けて、財産の有効活用を図っていきます。

● 人件費の抑制につきましては、技能労務職の給与水準を国家公務員準拠とし、併せて、行政職・消防職の給与も、職務と責任に応じた給与体系とします。

● 平成23年度から、経費を削減するため三浦市水泳プールを休場し、これに代わるサービスとして、学校プール開放の拡充を行います。

 

§6 おわりに

● 人口の減少やさらなる高齢化など、三浦市を取り巻く環境は一段と厳しさを増しております。そのような状況の中、土地開発公社解散による財政負担への対応や、社会保障費の増大など、財政需要は増加しています。

● 増加する財政需要に対応するためには、歳入の増加が望まれます。歳入の増加には、人口の増加と企業誘致による企業の進出が達成されることが一番の早道です。市民や企業のニーズに合致した、適切な政策の展開による魅力あるまちづくりが求められます。

● 私の、民にできるものは民に、という基本的考え方は一貫しております。業務委託の推進を始めとした、行政のスリム化を目指した取り組みは粛々と続けており、今後もさらに進め、身の丈にあった着実な行政運営と、魅力あるまちづくりを両立させるよう全力を尽くしてまいります。

● そのためには、職員の意識や取り組む姿勢すなわち、3つのSを常に意識して、Yesからのスタートで取り組むことが何よりも重要であります。住んで良かった、選んで良かったと思われるあったかいまちづくりに、職員一丸となり情熱を持って取り組んでまいります。

● 平成23年度から、経費を削減するため三浦市水泳プールを休場し、これに代わるサービスとして、学校プール開放の拡充を行います。

 

 

 ============================

4月10日(日)は、神奈川県知事・神奈川県議会議員選挙

4月24日(日)は、三浦市議会議員選挙の投票日です

============================

投票時間は7時~20時

お詫び    先に郵送しました投票所入場整理券の一部に誤りがありました。正しくは「午前7:00~午後8:00」です。大変ご迷惑をおかけしました。

 

投票所入場整理券は忘れずに投票所へお持ちください!

4月10日(日)に執行される神奈川県知事・神奈川県議会議員選挙から投票所入場整理券が、従来のはがきから三つ折りの郵便はがき1枚で4人分まで印刷されたものに変わりました。各世帯に郵送された投票所入場整理券は、投票に行く前に必要な方の分を切り離してから、期日前投票所または投票所へ持参するようお願いします。

投票できる人

神奈川県知事・神奈川県議会議員選挙

平成3年4月11日までに生まれ、平成22年12月31日までに住民登録(転入届)をし、引き続き本市に住所がある人

三浦市議会議員選挙

平成3年4月25日までに生まれ、平成23年1月16日までに住民登録(転入届)をし、引き続き本市に住所がある人

※3月25日から4月1日までは知事選挙しか期日前投票ができませんのでご注意ください。

 

期日前投票の日時・場所

選挙名

期日前投票期間

期日前投票時間

神奈川県知事選挙

3月25日(金)~4月 9日(土)

8時30分~20時

神奈川県議会議員選挙

4月 2日(土)~4月 9日(土)

8時30分~20時

三浦市議会議員選挙

4月18日(月)~4月23日(土)

8時30分~20時

 

ご注意ください!! 大震災の影響で期日前投票が変更になります

『三浦市民』3月号で市内 3カ所の期日前投票所どこでも投票できることになったことをお知らせしましたが、先日の東北関東大震災の計画停電の影響を受け、期日前投票所は、ご自分の投票区がある期日前投票所(従来と同じ方法)に変更になりました。ご自分の投票区を下表(「あなたの投票区です」)からお確かめの上、お出かけください。

・三浦市選挙管理委員会事務室(城山町・体育館となり) …(第 1、2、3、4、5、6、7、8、9、2 1投票区)

・南下浦市民センター 1階実習室 …(第 10、1 1、1 2、1 3、1 4、2 0投票区)

・初声市民センター 1階ホール …(第 15、1 6、1 7、1 8、1 9投票区)

 

あなたの投票区です(従来と変わりありません)

投票区

投票区域

投票所施設名

第1

三崎1丁目・2丁目

日の出消防団詰所

第2

三崎3丁目・4丁目・5丁目

花暮会館

第3

城山町・東岡町

三崎中学校体育館

第4

白石町・海外町

白石区歌舞島会館

第5

尾上町・天神町・諸磯(一部を除く)

三浦市勤労市民センター2階大会議室

第6

小網代(一部を除く)

小網代会館

第7

栄町・原町・岬陽町・宮川町・六合(一部を除く)

岬陽小学校体育館

第8

諏訪町・向ケ崎町・晴海町

田中区会館

第9

城ケ島

三浦市漁村センター

第10

上宮田(一部を除く)

上宮田小学校体育館

第11

菊名(一部を除く)

菊名児童会館

第12

金田(一部を除く)

金田区民会館

第13

松輪

剣崎小学校体育館

第14

毘沙門

毘沙門児童会館

第15

三戸(一部を除く)

三戸消防団詰所

第16

下宮田(一部を除く)・入江(一部を除く)

初声小学校体育館

第17

高円坊

高円坊区会館

第18

和田・入江の一部

和田児童会館

第19

小網代・六合・菊名・金田・三戸・下宮田のそれぞれ一部

旧三崎高等学校体育館

第20

上宮田の一部

旭小学校体育館

第21

諸磯・小網代のそれぞれ一部

名向小学校体育館

 

郵便による不在者投票について

重度の身体障害(※ 1)、戦傷病者(※ 2)、介護保険法に規定する要介護者のうち要介護5の認定を受け投票所に来られない方は、申請により郵便で投票ができます。

※1 両下肢もしくは体幹の障害、移動機能の障害は身体障害者手帳1・2級、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸の障害は身体障害者手帳1級もしくは3級の方、免疫および肝臓の障害は身体障害者手帳1~3級の方。

※2 両下肢もしくは体幹の障害は戦傷病者手帳特別項症から第 2項症の方、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓の障害は戦傷病者手帳特別項症から第 3項症の方

問合せ 三浦市選挙管理委員会(内線436・438)

 

 

 ============================

海南神社を新たに県指定重要文化財(建造物)に

============================

3月22日に新たに海南神社(三崎4-12-11)が県指定重要文化財 (建造物 )として指定告示されましたので紹介します。今回の海南神社の指定により市内の文化財は、国指定4件、県指定11件、市指定21件となります(市内:有形文化財15件、民俗文化財3件、記念物3件)。指定された海南神社の概要は次のとおりです。

海南神社の創立は平安時代と伝えられ、本殿には藤原広嗣(ひろつぐ) の5代の子孫・資盈 とその夫人の像と伝えられる神像を安置しています。本殿は棟(むな) 札(ふだ) から寛保3年(1743年)の建立で、建長寺大工・河内三左衛門の手によるものです。現在の形式は一(いつ) 間(けん) 社(しや) 流(ながれ) 造(づくり) ですが、正面中央の柱を改造した痕跡が見られ、当初は二間社流造という珍しい形式だったことが分かります。これは祭神が二柱だったことに由来すると思われます。

幣殿および拝殿は寛政10年(1798年)の建立で、三浦郡網代村の大工・重田治郎兵衛と長谷川庄七の手によるものです。拝殿は入母屋造、天井は格天井で(ごうてんじよう) 、格(ごうま) 間の彩色画には安政4年(1857年)浅井応翠筆の落款があります。幣殿は間口を本殿に揃え、屋根は両下造と(りようさげづくり) します。格天井を張り、格間にはそれぞれ図柄の異なる大輪の牡丹が描かれています。本殿は地方の社殿としては規模が大きく、また控えめながら装飾の質も高く、県内の江戸時代中期を代表する社殿です。また拝殿は本殿より後の時代のものですが、その細部等は時代に比べて古い様相で、本殿との調和を強く意図したものと思われます。

なお、本殿の建立年を示す寛保三年棟札と、幣殿および拝殿の建立年を示す寛政十年棟札の2枚についても指定されました。

 

海南神社 米田光郷宮司のお話

神社の尊厳維持に氏子がこんにちまで努力されたことに対して、今の宮司として、感謝・御礼申し上げたいという気持ちでいっぱいです。寛保の時代、270年前の建物が、震災を含む天災などがありながら現存していることが評価されたのだと思います。それには氏子の皆さんの「護持する」という意識が強かったということだと思います。

海南神社の管理しているものや年中行事など、多くが文化財の指定を受けていますが、その神社の宮司として奉仕できることは私の誇りです。指定されたからというわけではありませんが、護持・運営するのが神職の私であり氏子ですので、一丸となって意識をより高めて守っていきたいと思っております。

問合せ 生涯学習課(内線 412)

 

 

============================

各種無料相談のご案内(5月)

============================

種別

日程

時間

会場

問合せ先

相談担当者

法律相談

11日(水)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

弁護士

法律相談

26日(木)

13:00~15:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

弁護士

法律相談

26日(木)

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

女性相談

19日(木)

10:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

女性相談員

人権相談

2日(月)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

人権擁護委員

行政相談

6日(金)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室2

内線319

行政相談委員

住まいの相談

12日(木)

14:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

建築士

建築大工技能士

犯罪被害者相談

20日(金)

9:00~12:00

市役所分館市民相談室1

内線319

専門相談員

登記測量相談

17日 (火 )

14:00~16:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

司法書士

土地家屋調査士

成年後見相談

25日(水)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政書士

宅地建物相談

26日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

宅地建物相談員

高年齢者出張職業相談

11日(水)・25日(水)

13:30~17:00(受付終了16:30)

勤労市民センター

内線324

高齢者職業相談員ほか

消費生活相談

毎週月・木(祝日は順延)

9:30~15:30

市役所分館市民相談室

内線313

消費生活相談員

教育相談

月~金

9:00~16:00

教育相談室

881-3380

教育相談員

一般相談

(祝日を除く)

8:30~17:15

市民課お客様センター

内線319

担当職員

※相談はいずれも無料。5月11日(水)・26日(木)の法律相談、人権相談、女性相談、登記測量相談、宅地建物相談、住まいの相談、犯罪被害者相談は4月8日(金)から受け付けます。

※東京電力の計画停電の実施状況により、予定が変更になる場合がありますので、あらかじめお問い合わせください。

 

 

 ============================

平成23年度子宮頸がん予防ワクチン・Hibワクチン・

小児用肺炎球菌ワクチン予防接種のお知らせ

============================

市では、ヒトパピローマウイルスによる子宮頸がん、Hibおよび小児用肺炎球菌による髄膜炎等の発症を予防するため「ワクチン接種緊急促進事業」として平成23年度に公費助成によるワクチン接種を行います。

実施期間: 4月1日(金)~平成24年3月31日(土)

費用: 無料(全額公費助成となります。)

※医療機関に母子健康手帳・被保険者証等をお持ちください。

 

対象者・接種間隔など ※接種開始時期により接種回数が異なりますのでご注意ください。

 

標準パターン

対象

月齢・年齢

接種間隔

接種のお知らせ

子宮頸がん予防ワクチン

中学1年生の

女子に 3回接種

中 1~高1

平成 7年

4月 2日生まれ~平成 11年4月 1日生まれ

初回、初回から 1カ月後、初回から 6カ月後の間隔で 3回

※3月7日現在、製薬会社からの子宮頸がん予防ワクチンの供給が不足している状況で、当分の間、初回の接種者への接種を差し控え、既に接種を開始した方への2回目・3回目の接種を優先しています。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願いいたします。

Hibワクチン

0歳に 3回接種

1歳に追加 1回

0~4歳

 

 

 

3月4日に厚生労働省より「小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告と接種の一時的見合わせについて」発表がありました。

小児用肺炎球菌ワクチンおよび Hibワクチン接種の実際の接種開始時期につきましては、国の方針が決定し次第お知らせいたします。

※平成23年 3月24日現在の状況です。

肺炎球菌ワクチン

0歳に 3回接種

1歳に追加 1回

0~4歳

 

 

 

子宮頸がん・Hib・肺炎球菌ワクチン予防接種実施医療機関 事前に必ず医療機関にお問い合わせください。

(*○印の医療機関で実施可能)

実施医療機関名

電話番号

子宮頸

がん

Hib

肺炎球菌

あさい内科クリニック

888-2217

飯島医院

881-5265

斉田皮フ科

888-3401

塩崎産婦人科

889-1103

せりかわ内科クリニック

887-1666

田中内科医院

881-4678

 

徳山診療所

888-5115

にしやま小児科

881-3887

三浦中央医院

888-5010

三浦海岸つばさクリニック

887-3555

三崎口つばさクリニック

888-4511

みなみ湘南医院

889-1211

 

矢島内科医院

881-2467

三浦市立病院

882-2111

愛加那クリニック

839-2501

あさくらこどもクリニック

847-3828

小倉医院

848-0290

高宮小児科

837-7300

横須賀市立市民病院

856-3136

※実施医療機関については3月24日現在の状況です。今後変更する可能性があります。最新の情報は市ホームページをご確認いただくか、担当課にお問い合わせください。

問合せ 子宮頸がん予防ワクチンについて:健康づくり課 (内線370・371)

    Hibワクチン・肺炎球菌ワクチンについて:子育て支援課(内線338・367)

 

 

============================

地上デジタル放送視聴のための低所得者支援の拡大について

============================

総務省では、経済的な理由で地上デジタル放送をまだ視聴できない「NHK放送受信料全額免除世帯」に対して支援をしていますが、その支援の対象に「市町村民税非課税世帯」が加えられました。

具体的には、まだ地上デジタル放送に対応できていない「世帯全員が市町村民税非課税の措置を受けている世帯」に簡易なチューナー(1台)を無償で給付(配送)します。

問合せ 総務省地デジチューナー支援実施センター(0570-023724)(※ NHK放送受信料全額免除世帯への支援の問い合わせは、総務省地デジチューナー支援実施センター(0570-033840))その他、地デジに関する問い合わせは、デジサポ神奈川(045-345-0110)

 

 

 ============================

春のスポーツイベントのお知らせ

============================

毎年恒例のあるけあるけ大会、中高年スポーツ教室、わんぱく相撲のご案内です。

問い合わせは、すべてスポーツ課(内線402・403、祝日を除く月曜日~金曜日)まで。

============================

第39回あるけあるけ大会

 ファミリーで自然に親しみ、体力づくりをするためのウォーキングイベントです。

 ご家族・お友達とぜひご参加ください!

日時 5月7日(土)(雨天・荒天の場合は、5月8日(日)に延期)

 ①ファミリーコース(集合受付:9時30分/出発:10時(予定)/到着:11時45分(予定)

 ②健脚コース(集合受付:8時30分/出発:9時(予定)/到着 :11時45分(予定))

コース   

 ①ファミリーコース(約5.5km) 潮風アリーナ→黒崎→三戸海岸→三戸入口→三崎口→潮風アリーナ

 ②健脚コース(約10km) 潮風アリーナ→和田→和田長浜海岸→矢作→三浦臨海高校→黒崎の鼻→三戸海岸→三崎口→潮風アリーナ

※当日の天候等により、距離・コースの変更をする場合があります。

参加対象 市内在住・在学・在勤で、コースを歩き切る自信のある方(※幼児が参加する場合は保護者が同伴してください。)

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

申込方法 直接または電話でスポーツ課(潮風アリーナ内)まで

希望のコースをお申し込みください。団体での申し込みの場合は、代表者が一括してお申し込みください。

申込期間 4月8日(金)~ 5月2日(月)17時15分まで

============================

第25回中高年スポーツ教室

健康で活力ある生涯を送るため、日常生活の中にスポーツを取り入れ、日々を豊かに過ごすことを目的とする教室です。

日時 5月14日(土)・21日(土)・28日(土)、6月 4日(土)・11日(土) いずれも10時~ 11時30分

場所 三浦市体育館(城山町)

参加対象 45歳以上の男女(毎回出席を原則とします。)

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

内容 健康づくりに役立つストレッチ体操、ボールゲーム、レクリエーション 他

定員 50人(先着順)

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、下記までお申し込みください。

・スポーツ課(潮風アリーナ内)・南下浦市民センター・青少年教育課(青少年会館: 月曜日休館)

申込期間 4月8日(金)~ 5月6日(金) 17時15分まで

============================

第14回わんぱく相撲三浦場所

相撲競技の普及をとおし、児童の体力づくりと健全育成を目的としたイベントです。

日時 5月15日(日) 雨天決行 8時30分開会式(8時より受付開始)

場所 若宮相撲場(初声小学校隣接) ※雨天時は、初声小学校体育館で行います。

参加資格 市内在住または在学の小学生で、1年生~6年生の男子および1年生~3年生の女子。

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

種別 

①団体戦(小学生低学年の部・小学生高学年の部)

※低学年・高学年とも、監督1人、正選手各学年1人の3人と補欠選手各学年1人の3人で計6人を1チームとする。補欠なしの3人での参加も可能。ただし、試合途中ケガなどで交代選手がなく1 人での対戦は、棄権とみなします。

②個人戦(小学生1~6年生の部)

申込方法 個人戦については、各自で所定の用紙に記入し、団体戦については、各チーム監督が取りまとめ、所定の用紙に記入の上、スポーツ課(潮風アリーナ内)にお申し込みください。

申込期間 4月8日(金)~ 4月25日(月) 17時15分まで

 

 

 ============================

ごみ出しチェック!

============================

生ごみの水切りが不完全だと焼却炉に悪い影響を与えるとともに、焼却費用の増加にもつながります。ぜひ、生ごみの水切り“徹底”にご協力ください。

「生ごみの水切り一つでごみ減量」

○草葉類は、ビニール袋の中で長い間保管すると発酵してイヤな臭いが発生します。

草葉類は、“直前か1日前に袋に入れて”出すように心がけてください。

また、枝木類は袋に入れないで、1m以内に切って“ひもで結わえて”出してください。

 

○ごみ出しは、“必ず朝8時30分までに”お出しください。

収集後にごみを出される方がいますが、取り残しの原因となります。また、夜間に出されますと猫やカラスのいたずらの原因となり、ごみステーションの周りの方に迷惑をかけることになりますので絶対に止めてください。

 

■出前説明会を開催します

今年度も、廃棄物対策課では「生ごみの水切りとごみ減量化」の出前形式の説明会を行います。

サークル活動や地域の集まりの中で、15分~30分程度お時間を頂き、「生ごみの水切りとごみ減量化」の説明と、ごみ出しの疑問点などにお答えできればと考えています。

廃棄物対策課までご連絡いただければ、ご指定の場所まで伺います。

 

4月のペットボトル、埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区分

三崎地区

南下浦地区・初声地区

ペットボトル

6日、20日(第1、3水曜日)

13日、27日(第2、4水曜日)

埋立ごみ

14日、28日(第2、4木曜日)

12日、26日(第2、4火曜日)

枝木・草葉類

7日、21日(第1、3木曜日)

5日、19日(第1、3火曜日)

ごみを出す日を間違えないようお願いします。

ゴールデンウイーク中のごみ収集は、曜日どおりの収集となります。

問合せ 廃棄物対策課(内線291・299)

 

 

============================

屋外燃焼行為(野焼き)は法令で禁止されています

============================

最近、市に寄せられる苦情のうち、屋外での燃焼行為(野焼き)に関する苦情が大変多くなっています。これら屋外燃焼行為は、法律や神奈川県の条例で、一部の例外を除き厳しく制限されています。無分別な燃焼行為はダイオキシン類など有害な物質を発生させ、日常生活に支障を及ぼす恐れがあります。市民の皆様一人ひとりが注意をして、三浦市の美観の保持、安全で健康的な生活環境の保全を図っていきましょう。

※例外行為などの詳細については、環境課までお問い合わせください。

問合せ 環境課(内線 297)

 

 

============================

合併処理浄化槽設置費用の補助について

============================

現在お住まいの家で単独処理浄化槽またはくみ取り便槽から合併処理浄化槽への変更を検討している方に予算の範囲内で設置費用の一部を補助します。

ただし、建築確認申請を伴う新築または増改築の場合は、対象になりません。

対象者 市内に1年以上お住まいの方

対象地域 公共下水道事業認可区域以外の市内全域

受付期間 4月1日(金)~12月15日(木)

ただし、上記期間内でも、計画基数を満たした場合または予算がなくなった場合は、受け付け終了となります。詳細についてはお問い合わせください。

問合せ 下水道課(内線 266・267)

 

 

 ============================

平成23年度 犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ

============================

狂犬病予防法により、登録(生涯 1回)と狂犬病予防注射(毎年 1回)が飼い主に義務付けられています。平成23年度の犬の登録と狂犬病予防集合注射を下記の日程・会場で行います。ご都合のよい会場・時間を選んでご来場ください。(三浦市民に限ります)

日程

会場

時間

4月18日(月)

和田児童会館

9時30分~10時30分

4月18日(月)

三戸消防団詰所前

11時~11時30分

4月19日(火)

菊名児童会館

9時30分~10時

4月19日(火)

上宮田児童会館

10時30分~11時

4月19日(火)

沓形公園

13時30分~14時30分

4月20日(水)

宮川児童会館

10時~10時30分

4月20日(水)

原区民会館

11時~11時30分

4月20日(水)

天神町公園

13時30分~14時

4月20日(水)

尾上中央公園

14時30分~15時

4月21日(木)

飯森児童会館

9時30分~10時

4月21日(木)

三浦合同庁舎(1階駐車場)

10時30分~11時30分

4月 22日(金)

城ケ島漁業協同組合

9時~9時30分

4月 22日(金)

向ケ崎公園

10時~10時30分

4月 22日(金)

市場前朝市会場

11時~11時30分

4月 22日(金)

大宝院公園

13時30分~14時

4月 23日(土)

三浦市体育館(城山)前

9時~10時

4月 23日(土)

南下浦市民センター

11時~12時30分

4月 23日(土)

初声市民センター

14時~15時30分

4月 25日(月)

松輪公園

9時30分~10時

4月 25日(月)

円福寺(金田)

10時30分~11時

4月 25日(月)

旧三崎高校体育館前

13時30分~14時30分

※荒天の場合は中止になります。荒天で中止になる会場が発生した場合のみ、4月26日(火)10時~11時に旧三崎高校体育館前にて実施いたします。

 

◇持ち物 登録済みの犬の所有者は、「案内はがき」の問診票を記入の上、持参してください。

※案内はがきは「平成23年3月1日以前に犬を登録済み」の所有者に対し発送しています。

◇料金 登録済の犬 3 ,500円(注射料金 2,950円、手数料550円)

新規登録の犬 6 ,500円(注射料金2 ,950円、新規登録料3 ,000円、手数料550円)

※会場での混雑防止の為、なるべく釣銭が出ないようご協力をお願いします。

◇会場での注意点

ご来場の際は、犬を押さえられる人の同行をお願いします。

犬を押さえられないと注射が打てない場合があります。(会場で注射接種ができない場合は、個別に動物病院で接種をしてください。)

・犬を押さえられないと咬傷事故等の原因になる場合がありますので、飼い主の方は十分注意してください。

・会場での事故等は、市および獣医師会では責任を負いかねます。十分注意してください。

・会場内での糞等の後始末は、飼い主が責任を持って行ってください。

◇集合注射会場で行えるその他手続き(手続き費用は無料です。登録済の犬鑑札を持参してください。)

犬が亡くなった場合の死亡手続き/犬を他人から譲り受けた場合の手続き/市内転居などに伴う登録事項変更の手続き/他市から転入してきた犬の手続き/これらの手続きが必要な方は、受付職員までお申し出ください。

問合せ 環境課(内線296)

 

 

============================

人と動物とのよりよい関係をめざして-野良猫について考えましょう!-

============================

1 野良猫との関わりで、近隣に迷惑を及ぼしていませんか?

野良猫は、もともと飼い猫であったものが捨てられたり、そうした猫や外飼いの猫から生まれた猫がほとんどです。この防止には、何より飼い主の責任ある取り組みが重要であり、屋内飼育の検討等をお願いします。

野良猫をかわいそうに思い、餌を与えて愛情を注ぎたいと思う方も少なくありませんが、単に餌を与えるだけではさらに野良猫を増やすことになり、近隣の方々に迷惑を及ぼす他、猫自体も病気や事故などの危険にさらされ、かえってかわいそうな結果を招くことになります。

やむをえず野良猫に餌を与えるに際しては、次のルールを守ってください。

①周辺住民に声をかけ、理解を得るよう努めましょう。

②餌やりの時間はきちんと区切り、餌やりが終わった後はその場所をきれいに片付けましょう。

③餌場周辺はこまめに清掃し、排泄物はすみやかに片付けましょう。

④餌やりをする猫には、避妊・去勢手術をしましょう。

⑤飼ってくれる人を探す努力をしましょう。

2 野良猫を虐待する行為は犯罪です!

野良猫で迷惑を受けている方もいると思いますが、だからといって虐待をすると、犯罪行為になります。

また、野良猫を捕まえて他の地域に持っていって放してしまったりすることは、自分さえ良ければ他人はどうあろうと構わないという身勝手な振る舞いに他なりません。命ある動物に対する気持ちと、他人に対する思いやりを考えて行動しましょう。

問合せ 三崎保健福祉事務所生活衛生課(882-6811)、市環境課(内線296)

 

 

 ============================

「認知症サポーター養成講座」のご案内

============================

65歳以上では13人に1人が、85歳以上では4人に1人が認知症と言われています。

認知症は、他人事ではありません。

そこで、認知症高齢者の方やご家族の方が地域で安心して暮らせるよう、認知症について正しく理解し、認知症の方や家族の方を温かい目で見守る「サポーター(応援者)」を養成する講座を開催します。

ご近所、ご家族、ご友人をお誘い合わせの上、ぜひ、ご参加ください。

日時・場所(下記より 1つを選んで、お申し込みください。)

日程

時間

会場

5月19日(木)

18時30分~19時45分

南下浦市民センター 2階 講堂

5月28日(土)

10時~11時15分

初声市民センター 2階 講義室

5月31日(火)

14時~15時15分

青少年会館  1階 ホール

対象者 三浦市民の方(年齢不問)

定員 各会場30人

参加費 テキスト代として 100円(当日集金します)

講師 認知症キャラバンメイト、高齢介護課職員

申込み・問合せ 高齢介護課(内線 363・ 364)

 

 

============================

三浦市災害時ボランティアの募集!! 特に外国語の話せる方を求めます

============================

市では、平成 8年から災害時に活動していただける「災害時ボランティア」を募集しています。三浦市や姉妹都市の須坂市で地震などによる災害が発生したときに、あなたの力をお貸しください。

登録申込方法 危機管理課、南下浦・初声出張所に登録用紙を備えていますので、必要事項を記入して窓口に提出するか郵送してください。

登録にあたって注意していただくこと

①市内在住の方(外国語通訳が可能な方の場合は、近隣市町を含む)

②個人・団体は問いません

③18歳未満の方は、保護者の承諾が必要です

主な活動

①資格や特技を活かしたボランティア活動(外国語の通訳等を含む)

②市外などからのボランティアの受け付け・整理

③救援物資などの搬入、搬出、仕分け、炊き出し等

④避難所における情報収集

登録の申請先と問合せ

〒238-0298三浦市城山町1-1 行政管理部危機管理課(三浦市役所分館3階)、(内線256~258、 FAX: 882-1161、 E-mail:gyouseikanri1001@city.miura.kanagawa.jp)

 

 

============================

木造住宅耐震診断・改修工事補助事業のご案内

============================

市では、木造住宅の耐震性を向上させ、災害に強いまちづくりを目的とした、耐震改修工事費等の補助を実施しています。

対象となる建物は、次の ①~ ③の条件を全て満たしたものです。

①昭和56年5月31日以前に建築された建物

②2階建以下の在来工法の木造住宅

③建物を所有しかつ居住している方

市で行っている簡易診断を既に受けている方は、一般診断から受けられます。

一般診断・補強設計・耐震補強工事の補助制度は単独では利用できません。必ず簡易診断から受けていただく必要があります。申し込みの前に、まず財産管理課にご相談ください。

なお、市では耐震診断や耐震補強工事などについて訪問、電話での戸別勧誘は一切行っていません。

問合せ 財産管理課(内線254・255)

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111(内線315)

ファックス番号:046-882-1160

Eメール:shiminkyodo0101@city.miura.kanagawa.jp

ページの先頭へ戻る