トップページ > 「三浦市民」(広報紙)最新号とバックナンバー > テキスト版「三浦市民」 > 三浦市民平成24年4月号概要テキスト版

ここから本文です。

更新日:2019年6月12日

三浦市民平成24年4月号概要テキスト版

ページ 内容
表紙 住宅リフォームしませんか?

2~3ページ

平成24年度施政方針(要約)
4ページ 犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ、三浦市住宅用太陽光発電システム設置費補助金のお知らせ

5ページ

合併処理浄化槽設置費用の補助について、ごみの情報、まちカルカレッジ

6ページ 市有地を売払います、木造住宅耐震診断・改修工事補助事業のご案内、就学援助制度のお知らせ、各種無料相談
7ページ 春のスポーツイベントのお知らせ
8~10ページ お知らせ、みんなのひろば

 11ページ以降はこちらへ。

 

 

============================

三浦市民 平成24年4月号(677号)

============================

 

市の人口 47,567人(世帯数:17,906世帯)※3月1日現在(平成22年国勢調査結果に基づく推計人口)

 

 

 ============================

表紙

============================

住宅リフォームしませんか?            第1期は50件募集します

市内経済活性化と住環境の改善を目的に、住宅リフォームに対する助成を行っています。

年間件数を50件(平成23年度)から100件(平成24年度)に増やしました。

対象:

・市内の施工業者で行う10万円(消費税等を除く)以上の工事。

・市内に在住で三浦市に住民登録か外国人登録をしている方

・市内に所有し、自ら居住している専用住宅、併用住宅およびマンション(賃貸は除く)。

・住宅本体に係る機能維持・向上、住環境の向上のための修繕、模様替、増築等の工事。

 

【対象となるリフォーム工事(例)】

●浴室、トイレ等の水周りのリフォーム ●屋根の葺き替え、塗装、防水工事 ●外壁の張替、塗装などのリフォーム ●床・壁・天井の張替、塗装などのリフォーム ●部屋の

間仕切の撤去変更などの工事 ●畳、ふすま紙などの取替や張替 ●サッシ、玄関ドアなどの取替 ●雨どいの取替、補修 ●バリアフリー改修工事

 

【対象とならないリフォーム工事(例)】

○店舗、工場、事務所等のリフォーム ○門扉、フェンス、ブロック塀等の外構工事 ○車庫、物置、倉庫等の工事 ○樹木の剪定等の植栽工事 ○下水道、合併処理浄化槽工事 ○防犯ライト・カメラの設置工事 ○太陽光発電、太陽熱高度利用設備の設置工事 ○電話、インターネット、テレビアンテナの設置 ○エアコン、ガス・石油暖房器具などの家電設備

 

【注意事項】

○他の助成・補助金制度を利用しているものは対象となりません。

○交付決定前に着手した工事は対象になりません。必ず許可通知を受けてから工事を始めてください。

○平成25年3月31日までに工事が完了するものに限ります。

○同一の住宅に対して 1回のみの助成になります。

○申請書は、市ホームページからダウンロードするか、市役所、京急三浦海岸・三崎口駅等に置いてあります。

 

件数

受付期間(土日・祝日を除く)

受付時間

受付場所

1期

50

4月 9日(月)~ 20日(金)

9時~12時

13時~16時

市役所

分館3階

財産管理課

2期

25

8月 1日(水)~ 14日(火)

9時~12時

13時~16時

 

市役所

分館3階

財産管理課

3期

25

11月 1日(木)~ 13日(火)

9時~12時

13時~16時

 

市役所

分館3階

財産管理課

 

申込み・問合せ 財産管理課(内線254・255)

※申請件数が予定件数を越えた場合は抽選となります。

 

 

 ============================

平成24年度  施政方針(要約)

============================

§1 市政執行に関する基本姿勢                            

●私の市政執行の基本姿勢である、市民にとって「あったかいまち」、「ロハス」な魅力で選ばれるまち、「3つのS」で高効率・高性能の財政体質という3つの基本姿勢はゆるぎないものであります。

●さらに、平成24年度は、「市民のいのちを守る災害への備え」を加え、職員一丸となりこのような時だからこそ明るく元気に取り組んでまいります。

 

§2 「Yesからのスタート」が平成24年度施政の基本方針                 

●財政的な厳しさは、時にネガティブな発想へと陥りがちとなります。厳しさを乗り切るには様々な工夫を行う豊かな発想が求められます。引き続きYesからのスタートというポジティブな姿勢で様々な課題に対処してまいります。

●昨年には、東京大学臨海実験所より、三浦市との社会連携を進めていきたいとの非常にありがたいお話をいただき、協議を進めてまいりました。教育への貢献はもちろんのこと、臨海実験所の資産や人的資源による幅広い効果が期待できると考えております。県の観光拠点として力を注ぐ三崎・城ケ島、整備が進む小網代の森に続いて、油壺にもご注目ください。

 

§3 市民のいのちを守る災害への備え                         

●東日本大震災による津波被害の甚大さは、自然の力の大きさを見せつけるものでした。三浦市長として何をおいても、市民のいのちを守ることを第一優先に対処してまいります。

●消防活動の初動体制や災害対策の強化を図るため、消防本部と引橋分署を統合し、災害時にも消防本部機能が確保できる新消防庁舎を、県立三崎高等学校跡地へ建設するための実施設計と地質調査に着手します。

●県が平成24年4月までに見直す地域防災計画「地震災害対策計画」と整合性を図り、三浦市地域防災計画「地震災害対策計画編」「資料編」を改定いたします。

●防災備蓄倉庫の備蓄品の充実を図り、非常用食糧については、地震発生時の想定避難者数を見直し、三カ年計画で備蓄量を増やします。

●ホームページ関連システムにつきましては、災害等で庁舎が停電した際にも、可能な限り三浦市ホームページから災害情報を発信できるような仕組に切り替えます。

●いざという時の準備や行動についてまとめた市民用避難マニュアルを平成24年6月までに、全世帯に配布します。

●日頃からの備えと防災意識の高揚を目的として、「津波ハザードマップ」を更新し、全世帯に配布します。

●県が指定する土砂災害警戒区域を反映した「土砂災害警戒区域マップ」を作成し、回覧板等により周知します。

●各区における防災全般を担う方を各地区から選出していただくことも考えております。減災のための共助の体制を確立するため、各区に協力を依頼してまいります。

●避難所運営マニュアルを現在策定中です。策定後は、避難所となる学校等の職員、地域の代表者、市の職員を構成員とした避難所運営委員会を開催し、マニュアルの運用方法等について具体的に協議し、避難所運営の備えに万全を図ってまいります。

 

§4 市民にとって「あったかいまち」                          

●共助に必要な地域力の高さは、「あったかいまち三浦」の持つ最大の魅力です。

●認知症高齢者と介護する家族をサポートする幅広い支援の輪を広げていくため、中高齢層や若年層等多世代にわたって認知症サポーター養成講座を開催していきます。

●はっぴー子育て応援団の活動を始め、三浦市の将来を担う子どもたちのために様々な活動が行われています。今後も、様々な活動が広がるよう支援し、子育て不安を一人で抱え込むことのないまちを目指して取り組んでまいります。

●昨年度に引き続き、「まちカルde生きがいにぎわい盛り上げタウン」事業をNPO法人や企業等と協働して三崎下町地区で実施します。現在、まちカルサポーター(仮称)「みうら元気隊」を募集中です。

●市民協働事業の象徴的な事業として、みうら市民まつりを継続して実施します。平成24年度は、ロゴマークのシェイクハンドに象徴されるパートナーシップを築き、協働のまちづくりが一層進むよう取り組んでまいります。

●県立三崎高等学校跡地の利活用については、平成23年10月に「(仮称)市民交流拠点整備事業」の募集を行いました。残念ながら事業提案を受けることができませんでしたが、今後も、利活用の実現に向けて粘り強く取り組んでまいります。

●地域の教育力を生かし、「学校・家庭・地域の協働により、心豊かで たくましいみうらっ子の育成」を目指し、「三浦らしい教育」の推進に努めていきます。平成24年度は油壺にある東京大学臨海実験所との連携により「海洋教育」の推進を図り、全国のリーディングケースとなる地域密着型教材づくりを行ってまいります。

●小児医療費につきましては、お約束どおり段階的な対象者引き上げをさらに進め、対象者を小学校3年生まで引き上げます。また、引き続き、その一部が県の助成対象から外れている自己負担分等に対して助成を行ってまいります。

●がん検診事業につきましては、平成24年度から、県内市町村においては初めてとなる胃がんリスク検診を導入します。

●市立病院につきましては、さらなる経営改革に取り組み、急性期から在宅まで地元で安心して診療できる体制を構築するとともに、経営健全化に向けた収益の増加を図ります。

●広域幹線道路整備に向けた取組につきましては、平成24年度も引き続き県関係機関との調整を進めながら、要望や実施に向けてあらゆる角度から三浦市としてできることを、着実に、粘り強く行ってまいります。

●公共下水道整備につきましては、平成23年度は、今まで検討してきたものを含め、あらゆる手法の可能性を一から検討いたしましたが、厳しい財政状況を考慮した結果、すぐに着手可能な手法を見出すことはできませんでした。平成24年度は、この検討結果を基にさらに詳細な検討を継続してまいります。

●市内の経済活性化を図るとともに、市民の住環境の向上を目的としてスタートした住宅リフォーム助成事業を、継続して行います。平成24年度は、助成件数100件とし、助成の拡大を図ります。

 

§5 「ロハス」な魅力で選ばれるまち                          

●「魅力あふれる城ヶ島創造プラン」に基づき崩落の恐れがある馬の背洞門の保全対策を講じます。平成23年度には、水仙・アジサイ・菜の花の植栽を実施いたしました。平成24年度以降の植栽につきましては管理を含め、地元が中心となり、ボランティア等の協力をいただきながら、市・県と一体となり推進していきます。

●平成24年度も、神奈川県と神奈川県観光協会との連携による北海道、中部・関西方面の中学校を中心とした教育旅行誘致活動を実施していきます。また、民間企業のみなさまと積極的に連携し、目標である「平成25年度までに観光客数600万人」を目指してまいります。

●三浦の「食」や、三崎下町に残る昭和の風情をコンテンツとして、第4回みうら夜市を地域と一体となり開催します。

●三浦国際市民マラソンは、平成23年度に30回目を迎えた歴史ある大会の新たな第一歩として、平成24年度は第31回大会を実施します。国内唯一の姉妹提携レースであるホノルルマラソンは40周年を迎えます。記念すべき年にふさわしい連携を行い、魅力ある大会づくりに努め、さらなるみうらファンの増加を目指してまいります。

●企業誘致も、引き続き本格的な事業進出に向け、これまで、本市への進出のご案内をした企業等に継続的な接触を心がけ、チャンスを逃さないようにいたします。

●三崎魚市場は、長きにわたり冷凍マグロ主体の水揚げで賑わってまいりましたが、資源管理の強化や国際的な競争の激化により、その数量は減少傾向にあります。新たにカツオ船等の誘致に取り組む「みうら漁協」への支援を始めとして、市場を中心とした三崎漁港の活性化に努めてまいります。

●東日本大震災による放射能汚染事故に伴い、三浦産野菜の「安全・安心」をPRするため三浦市農業協同組合が実施する放射能濃度検査に対して補助を行います。

 

§6 「3つのS」で高効率・高性能の財政体質を持つ市役所                

●財源対策検討委員会による取組では、平成24年度予算に反映すべきとした50項目のうち、27項目、全体の54%について予算に反映することができました。効果額は、3億7千6百万円となりました。

●勤労市民センター・みさき海業センター・児童館等の公の施設につきましては、これまでも施設の廃止または譲渡を原則とした検討を行ってまいりました。平成24年度は、検討の対象に白秋記念館も加え、廃止または譲渡が可能な施設について決断し、実行してまいります。

●平成24年度からふるさと納税制度を活用して寄附をしていただいた市外の方に対し、市内事業者とタイアップして三浦市特産品を贈呈し、三浦市と三浦市特産品をPRします。

●税外未収金については、平成24年度も、悪質滞納者に対する滞納処分や裁判所を通じた法的措置を講ずる厳正な姿勢で取り組んでまいります。保育料、介護保険料など5債権の未収金の50%以上回収を目指して全力で取り組みます。

●アンケートやワークショップにおける市民意見を踏まえ、総合計画審議会における審議とパブリックコメントを経て、平成25年度から平成28年度を計画期間とする次期総合計画の基本計画と実施計画を策定します。

 

§7 おわりに                                    

●人口の減少に歯止めがかからない状況を始め、三浦市を取り巻く環境は一段と厳しさを増しております。

●行財政改革も、他市に先んじた取組を行ってきておりますが、扶助費を始めとした社会保障費の増加が、行財政改革の効果を超えているのが実情です。そもそも生活保護費等の社会保障制度はナショナルミニマムとして進められるべきものです。国がしっかりと負担するという政治の責任を果たすように、機会あるごとに申し入れを行っていきます。

●市外の方から三浦市の魅力についてお聞かせいただく機会が増えてきていると感じています。実際に住んでいる三浦市民のみなさまが、三浦市の魅力についてもっと語るべきです。三浦市民は郷土愛の強い市民です。私からのこの呼びかけをきっかけとして、さらに知名度を上げるために三浦自慢というシティセールスを、市や観光関係者だけでなく全ての市民を挙げて行っていただきたいと考えております。

●厳しい状況が続いていくと認識しておりますが、様々な課題に勇気をもって決断し取り組んでいく所存です。市民のみなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

 ============================

平成24年度 犬の登録と狂犬病予防集合注射のお知らせ

============================

狂犬病予防法により、登録(生涯 1回)と狂犬病予防注射(毎年 1回)が飼い主に義務付けられています。

平成 24年度の犬の登録と狂犬病予防集合注射を下記の日程・会場で行います。

ご都合のよい会場・時間を選んでご来場ください(三浦市民に限ります)。

 

◇日程・会場・時間

日程

会場

時間

4月13日(金)

和田児童会館

9時30分~10時30分

4月13日(金)

三戸消防団詰所前

11時~11時30分

4月14日(土)

三浦市体育館(城山)前

9時~10時

4月14日(土)

南下浦市民センター

11時~12時30分

4月14日(土)

初声市民センター

14時~15時30分

4月16日(月)

菊名児童会館

9時30分~10時

4月16日(月)

上宮田児童会館

10時30分~11時

4月16日(月)

沓形公園

13時30分~14時30分

4月17日(火)

宮川児童会館

10時~10時30分

4月17日(火)

原区民会館

11時~11時30分

4月17日(火)

天神町公園

13時30分~14時

4月17日(火)

尾上中央公園

14時30分~15時

4月18日(水)

飯盛児童会館

9時30分~10時

4月18日(水)

三浦合同庁舎(1階駐車場)

10時30分~11時30分

4月19日(木)

城ケ島漁業協同組合

9時~9時30分

4月19日(木)

向ケ崎公園

10時~10時30分

4月19日(木)

市場前朝市会場

11時~11時30分

4月19日(木)

大宝院公園

13時30分~14時

4月20日(金)

松輪公園

9時30分~ 10時

4月20日(金)

円福寺(金田)

10時30分~11時

4月20日(金)

旧三崎高校体育館前

13時30分~14時30分

※荒天の場合は中止になります。

※荒天で中止になる会場が発生した場合のみ、4月23日(月)10時から11時に旧三崎高校体育館前にて実施します。

 

◇持ち物

登録済みの犬の所有者は、「案内はがき」の問診票を記入のうえ持参してください。

※案内はがきは「平成24年3月1日以前に犬を登録済み」の所有者に対し発送しています。

◇料金

●登録済の犬  3,500円(注射料金 2,950円 手数料 550円)

●新規登録の犬 6,500円(注射料金 2,950円 新規登録料 3,000円 手数料 550円)

※会場での混雑防止の為、なるべく釣銭が出ないようご協力お願いします。

●ご来場の際は、犬を押さえられる人の同行をお願いします。犬を押さえられないと注射が打てない場合があります。(会場で注射接種ができない場合は、個別に動物病院で接種をしてください。)

●犬を押さえられないと咬事故等の原因になる場合がありますので、飼い主の方は十分注意してください。

●会場での事故等は、市および獣医師会では責任を負いかねます。十分注意してください。

●会場内でのふん等の後始末は、飼い主が責任を持って行ってください。

◇集合注射会場で行えるその他手続き(手続き費用は無料です。登録済の犬鑑札を持参してください。)

 ・犬が亡くなった場合の死亡手続き

・犬を他人から譲り受けた場合の手続き

・市内転居などに伴う登録事項変更の手続き

・他市から転入してきた犬の手続き

これらの手続きが必要な方は、受付職員までお申し出ください。

問合せ 環境課(内線296)

 

 

============================

三浦市住宅用太陽光発電システム設置費補助金のお知らせ

============================

市では、平成24年度に住宅用太陽光発電システムを設置する方に対し、予算の範囲内で補助金を交付します。

主な条件 市内の自らが居住するための住宅に、住宅用太陽光発電システムを設置または住宅用太陽光発電システム付き住宅を購入する方で、電力会社と電灯契約を結ぶ個人であること。

※詳細について市ホームページをご参照いただくか直接環境課へお問い合わせください。

補助金額 補助金額は、①三浦市からの補助額と②神奈川県からの補助額の合計額となります。

 ①1kwあたり0.5万円(上限2万円)

 ②1kwあたり1.5万円(上限5.2万円)

補助金交付件数 予定件数20件(受付は先着順。補助件数を超える申し込みについては補欠登録を行い、申込者でシステムの設置を中止する方が現れた場合等には補欠登録順に繰り上げて補助対象とします。)

募集受付期間 5月1日(火)~平成25年2月15日(金)

※設置事業者などによる代理申し込みは受け付けません。

※申込書、申請書などの様式については、市ホームページからダウンロードしていただくほか、環境課窓口で配布しています。

※設置後の申し込みは、補助対象外となります。

問合せ 環境課(内線296)

 

 

 ============================

合併処理浄化槽設置費用の補助について

============================

現在お住まいの家で単独処理浄化槽またはくみ取り便槽から合併処理浄化槽への変更を検討している方に予算の範囲内で設置費用の一部を補助します。補助金額は、5人槽の場合332,000円、7人槽の場合 414,000円です。

ただし、建築確認申請を伴う新築または増改築の場合は、対象になりません。

対象者 市内に1年以上お住まいの方

対象地域 公共下水道事業認可区域以外の市内全域

受付期間 4月2日(月)~12月14日(金)(ただし、期間内でも、計画基数を満たした場合または予算がなくなった場合は、受け付け終了となります。)

※詳細についてはお問い合わせください。

問合せ 下水道課(内線 263・264)

 

 

============================

ごみの情報

============================

「生ごみの水切り一つでごみ減量」

生ごみの水切りが不完全だと焼却炉に悪い影響を与えるとともに、焼却費用の増加にもつながります。ぜひ、生ごみの水切り“徹底”にご協力ください。

○草葉類は、ビニール袋の中で長い間保管すると発酵してイヤな臭いが発生します。         

 草葉類は、“直前か1日前に袋に入れて”排出日に出すように心がけてください。

 また、枝木類は袋に入れないで、1m以内に切って“ひもで結わえて”出してください。

○ごみ出しは、“必ず朝8時30分までに”お出しください。                     

 収集後にごみを出される方がいますが、取り残しの原因となります。また、夜間に出されると猫やカラスのいたずらの原因となり、ごみステーションの周辺にお住まいの方に迷惑をかけることになりますので絶対に止めてください。

○不用品(廃品)回収業者とのトラブルにご注意ください。                    

 家庭から排出される不用品(廃品)を業者が回収する場合は、原則として一般廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。

 無許可の業者に依頼して高額な料金を請求されたといったトラブルも発生しています。

 不用品(廃品)を処分するときは「ごみと資源の分け方・出し方」を参考に適正に処分するようお願いします。

 

【出前説明会を開催します】

今年度も、廃棄物対策課では「生ごみの水切りとごみの減量化」の出前形式の説明会を行います。サークル活動や地域の集まりの中で、30分程度お時間を頂き、「生ごみの水切りとごみの減量化」の説明と、ごみ出しの疑問点などにお答えできればと考えています。

廃棄物対策課までご連絡いただければ、ご指定の場所まで伺います。

 

4月のペットボトル、埋立ごみ、枝木・草葉類の収集日のお知らせ

区分

三崎地区

南下浦地区・初声地区

ペットボトル

4日、18日(第1、3水曜日)

11日、25日(第2、4水曜日)

埋立ごみ

12日、26日(第2、4木曜日)

10日、24日(第2、4火曜日)

枝木・草葉類

5日、19日(第1、3木曜日)

3日、17日(第1、3火曜日) 4

ごみを出す日を間違えないようお願いします。ゴールデンウイーク中のごみ収集は、曜日どおり収集します。

問合せ 廃棄物対策課(内線291・299)

 

 

============================

まちカルカレッジ情報発信力養成講座 地域発信力養成課程

============================ 

まちのニュースや自分たちの活動を発信するノウハウやスキルが身に付く講座です。三浦を発信しましょう!

内容 (1)ソーシャルメディアでつながる地域 (2)ハッピーニュースで地域を動かす (3) 記事を書く・みんなで講評

日時 (1)4月21日、(2)5月12日、(3)5月26日 各回土曜日 15時~17時(原則、毎回参加できる方対象)

場所 市民交流活動拠点 R-0(三崎1-10-12)

講師 NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ(杉浦裕樹 氏・宮島真希子 氏)

※詳細はhttp://www.machikaru.comをご覧ください。

申込み・問合せ 協働推進課(内線312)

 

 

 ============================ 

市有地を売払います~先着順で受付中~

============================ 

所在地(地番)

現況地目

面積(実測)

売払価格

用途地域

三浦市尾上町 1210番 90

宅地

659.11㎡

33,483,000 円

第 1種中高層住居専用地域

三浦市三崎町小網代字鷺野1095番12・ 35

宅地

178.53㎡

9,780,000 円

近隣商業地域

申込受付時間 開庁日の8時30分~17時15分(12時~13時を除く)

※詳しくは、市ホームページをご覧ください。

申込場所・問合せ 市役所分館3階 不動産活用課(内線482)

 

 

============================ 

木造住宅耐震診断・改修工事補助事業のご案内

============================ 

市では、木造住宅の耐震性を向上させ、災害に強いまちづくりを目的とした、耐震改修工事費等の補助を実施しています。対象となる建物は、次の①~③の条件を全て満たしたものです。

  ① 昭和56年5月31日以前に建築された建物

  ② 2階建以下の在来工法の木造住宅

  ③ 建物を所有しかつ居住している方

 市で行っている簡易診断を既に受けている方は、一般診断から受けられます。

 一般診断・補強設計・耐震補強工事の補助制度は単独では利用できません。必ず簡易診断から受けていただく必要があります。申し込みをされる前に、まず財産管理課にご相談ください。

 なお、市では耐震診断や耐震補強工事などについて訪問、電話での戸別勧誘は一切行っていませんのでご注意ください。

申込み・問合せ 財産管理課(内線254・255)

 

 

============================ 

就学援助制度のお知らせ ~平成24年度の申請受付開始~

============================ 

就学援助制度とは、お子さんを市内の小中学校へ通学させるにあたり経済的な理由でお困りの方へ給食費などの費用を援助する制度です。平成23年度までにこの制度の適用を受けたことがある方も含め、平成24年度に希望される方は全員、新たに申請書の提出が必要です。申請書を提出された方のうち審査の結果資格を満たすと認定した方に援助費を交付します。

申請書は学校教育課(青少年会館2階)および各学校にあります。市ホームページからも入手できます。

なお、【就学援助制度(24年度)のお知らせ】を4月初め各学校からお子さんを通じて全保護者の方に配付します。詳しくはそちらをお読みください。

当初認定申請提出締切 5月31日(木)

申請書提出先     学校教育課 または 各学校

問合せ 学校教育課(内線409)

 

 

============================ 

各種無料相談のご案内(5月)

============================ 

種別

日程

時間

会場

問合せ先

相談担当者

法律相談

9日(水)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

弁護士

法律相談

24日(木)

13:00~15:00

南下浦市民センター2階集会室

内線319

弁護士

法律相談

25日(金)

10:00~12:00

三浦市総合福祉センター

888-7347

弁護士

女性相談

31日(木)

 

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

女性相談員

人権相談

2日(水)

10:00~15:00

市役所分館市民相談室2

内線313

人権擁護委員

行政相談

11日(金)

13:00~15:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政相談委員

住まいの相談

10日(木)

14:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

建築士

建築大工技能士

犯罪被害者相談

18日(金)

9:00~12:00

市役所分館市民相談室1

内線311

専門相談員

登記測量相談

15日(火)

14:00~16:00

 

南下浦市民センター2階集会室

内線319

司法書士

土地家屋調査士

成年後見相談

23日(水)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室1

内線319

行政書士

宅地建物相談

24日(木)

13:00~16:00

市役所分館市民相談室2

内線319

宅地建物相談員

高年齢者出張職業相談

9日(水)・ 23日(水)

13:30~17:00(受付終了16:30)

勤労市民センター

内線324

高齢者職業

相談員ほか

消費生活相談

毎週月・木(祝日は順延)

9:30~15:30

市役所分館市民相談室 1

内線313

消費生活相談員

教育相談

月~金

(祝日を除く)

9:00~16:00

教育相談室

881-3380

教育相談員

一般相談

月~金

(祝日を除く)

8:30~17:15

 

市民課お客様センター

内線319

担当職員

※相談はいずれも無料で、シロ抜きの相談は予約制(定員有)です。5月9日.・24日.の法律相談、人権相談、住まいの相談、犯罪被害者相談、登記測量相談、宅地建物相談は4月10日.から予約を受け付けます。

 


 

 ============================ 

春のスポーツイベントのお知らせ

============================ 

毎年恒例のあるけあるけ大会、中高年スポーツ教室、わんぱく相撲のご案内です。

問い合わせは、すべてスポーツ課(.内線 402・403、祝日を除く月曜日~金曜日)まで。

 

■第40回 三浦市あるけあるけ大会

ファミリーで自然に親しみ、体力づくりをするためのウォーキングイベントです。

ご家族・お友達とぜひご参加ください!

日時 5月5日(土)(雨天・荒天の場合は、5月6日(日)に延期)

 ①ファミリーコース

  ・集合受付: 9時30分

  ・出発 :10時(予定)

  ・到着 :11時45分(予定)

 ②健脚コース

  ・集合受付: 8時30分

  ・出発: 9時(予定)

  ・到着:11時45分(予定)

コース

 ①ファミリーコース(約 5.5km)

潮風アリーナ→黒崎→三戸海岸→三戸入口→三崎口駅→潮風アリーナ

 ②健脚コース(約10km)

潮風アリーナ→和田→和田長浜海岸→矢作→三浦臨海高校→黒崎の鼻→三戸海岸→三崎口駅→潮風アリーナ

※当日の天候等により、距離・コースの変更をする場合があります。

参加対象 市内在住・在学・在勤で、コースを歩き切る自信のある方。(※幼児が参加する場合は保護者が同伴してください。)

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

申込方法 直接または電話でスポーツ課(潮風アリーナ内)へ希望のコースにお申し込みください。団体の場合は、代表者が一括してお申し込みください。

申込期間 4月6日(金)~5月1日(火) 17時15分まで

 

■第26回 中高年スポーツ教室

健康で活力ある生涯を送るため、日常生活の中にスポーツを取り入れ、日々を豊かに過ごすことを目的とする教室です。

日時 5月12日(土)・19日(土)・26日(土)・6月2日(土)・9日(土)

     各10時~11時30分

会場 潮風アリーナ研修室AB(5月12日のみ第1武道場)

参加対象 45歳以上の男女(原則毎回出席)

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

内容 健康づくりに役立つ運動とストレッチ、レクリエーション他

定員 20人(定員になり次第締切)

申込方法 申込書に必要事項を記入の上、下記までお申し込みください。

     ・スポーツ課(潮風アリーナ内)

     ・南下浦市民センター

     (※祝日を除く月~土曜日 8時30分~17時15分)

     ・青少年教育課(青少年会館)

     (※祝日を除く火~土曜日 8時30分~17時15分)

申込期間 4月6日(金)~5月2日(水) 17時15分まで

 

■第15回 わんぱく相撲三浦場所

相撲競技の普及をとおし、児童の体力づくりと健全育成を目的としたイベントです。

日時 5月13日(日) 雨天決行

     8時30分 開会式(8時より受付開始)

会場 若宮相撲場(初声小学校隣接)

   ※雨天時は、初声小学校体育館で行います。

参加資格 市内在住、または在学の小学生で、1年生~6年生の男子および1年生~3年生の女子。

参加費 無料(主催者で傷害保険に加入)

種別

 ①団体戦

  ・小学生低学年の部

  ・小学生高学年の部

※低学年・高学年とも、監督1人、正選手各学年1人の3人と補欠選手各学年1人の3人で計6人1チームとする。補欠なしの3人での参加も可能。

ただし、試合途中ケガ等で交代選手がなく1人での対戦は、棄権とみなします。

 ②個人戦

  ・小学生1~6年生の部

申込方法 個人戦については、各自で所定の用紙に記入し、団体戦については、各チーム監督が取りまとめ、所定の用紙に記入の上、スポーツ課(潮風アリーナ内)にお申し込みください。

申込期間 4月6日(金)~4月23日(月) 17時15分まで

 

 

 ============================ 

お知らせ

============================ 

 

============================ 

三浦市青少年姉妹都市国際交流派遣生募集

============================ 

青少年の国際的視野を広げることを目的として、中・高校生を姉妹都市であるオーストラリア・ウォーナンブール市へ派遣し、異なる文化・生活習慣等の理解と青少年同士の交流

を深めます。

対象 平成24年4月1日現在、保護者および本人が1年以上継続して本市に住所を有している、中学2年生から高校生

派遣期間 8月2日(木)~8月17日(金)(16日間)

派遣人数 中学生、高校生 計11人

参加費 1人当たり渡航費(旅行代金)の4分の3の金額(千円未満切捨て)、および成田空港までの往復にかかる高速道路代の派遣生1人当たり相当額

※前年度(平成23年度)の1人当たり渡航費の4分の3の金額は9万6千円でした。

なお、渡航費とは、航空運賃(航空券代)、成田空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ、航空保険料、査証手数料および渡航手数料をいい、航空事情により、毎年度、変動します。

※成田空港までの往復にかかる高速道路代の派遣生1人当たり相当額は3千円程度です。

応募期間 4月3日(火)~4月28日(土)

応募方法 所定の申込書(青少年会館、市民センター、市内各中学校・高校にあります)を青少年教育課(青少年会館内)に提出してください。なお、市内中学校在籍者は学校を通してお申し込みください。

選考試験

 ・作文試験日 5月12日(土)

 ・面接試験日 5月27日(日)

 ・会場 いずれも青少年会館

問合せ 青少年教育課(祝日を除く火曜日~土曜日、882―2765)

 

============================ 

三浦市青少年姉妹都市国際交流受入れ事業「ホストファミリー」募集

============================ 

6月下旬から7月上旬にかけて2週間ほど、姉妹都市オーストラリア・ウォーナンブール市の生徒が三浦市を訪れます。

滞在期間中、生徒を受け入れてくださる家庭(ホームステイ先)を募集しています。なお、生徒は三崎中学校へ通う予定です。詳しくは、お問い合わせください。

問合せ 青少年教育課(祝日を除く火曜日~土曜日、882―2765)

 

============================ 

平成 24年度土地および家屋価格等縦覧帳簿の縦覧について

============================ 

平成24年度固定資産税の土地および家屋の評価額等が記載された縦覧帳簿を無料でご覧になれます。縦覧できる方および期間は、次のとおりです。なお、縦覧の際には、本人確認ができるものをお持ちください。

土地価格等縦覧帳簿 土地の固定資産税納税者

家屋価格等縦覧帳簿 家屋の固定資産税納税者

縦覧期間 4月2日(月)~5月31日(木)

8時30分~17時15分(土・日・祝日を除く)

縦覧場所 税制課窓口

また、縦覧期間中、納税義務者の自己の固定資産課税台帳の閲覧(税制課窓口のみ)について、固定資産名寄帳の写しを無料で交付します。

問合せ 税制課(内線243・248)

 

============================ 

固定資産税の新築住宅の軽減期間終了について

============================ 

平成20年中に建てられた2階建て以下の住宅および平成18年中に建てられた3階建て以上の住宅で一定の要件を満たすものについては、平成23年度まで新築住宅の軽減措置が適用されていましたが、軽減期間が終了したので、平成24年度課税分から本来の税額となります。

問合せ 税制課(内線243・248)

 

============================ 

家屋の固定資産税減額について

============================ 

耐震改修工事、バリアフリー改修工事、省エネ改修工事を行い、一定の要件を満たす場合、家屋の固定資産税の減額を受けることができます。詳しい内容は市ホームページをご覧いただくか担当までお問い合わせください。

問合せ 税制課(内線243・248)

 

============================ 

市税・公金・水道料金の納付を口座振替にしませんか

~口座振替なら便利で安心!~4月~9月は口座振替推進強化期間

============================ 

現在、多くの方が市税・公金・水道料金の納付に口座振替をご利用中です。

まだ口座振替をご利用でない方は、この機会にお申し込みください。

問合せ 税制課(内線249)、環境課(内線297)、高齢介護課(内線354)、保険年金課(内線302)、水道部営業課(内線384)

 

============================ 

し尿処理手数料(し尿のくみ取り)の手続きについて

============================ 

現在、くみ取り式(浄化槽または公共下水道でない)のトイレをお使いの方(事業所含む)で、次のような変更等が生じた場合は、手数料の金額が変更になることがありますので、環境課で手続きをしていただく必要があります。

○市内で転居する場合○市外に転出する場合○市外から転入した場合○使用人数の変更や世帯主の変更があった場合○浄化槽へ接続または下水道に接続した場合○簡易水洗トイレに改良した場合○店舗や事務所で廃止および事業者変更があった場合○世帯分離または世帯合併をした場合○くみ取り式トイレの数、便槽数に変更が生じた場合

また、4月は一般家庭以外(簡易水洗トイレを使用している世帯および店舗・事務所)に第1期の納入通知書を送付します。5月1日(火)が納期限となっていますので、納入通知書が届きましたら、お支払いをお願いします。

お支払いには口座振替がご利用できます。口座振替をご希望の方は、市役所(各出張所)・金融機関に申込用紙がありますので、お申し出ください。

問合せ 環境課(内線297)

 

============================ 

市内放射線量等(3月22日現在)

============================ 

農水産物等の放射線濃度(ヨウ素131・セシウム134・セシウム137を測定。単位=ベクレル/kg)

●市内および近隣産の農産物:各20未満

●市内および近隣産の水産物:ヨウ素:0.46~2.5、セシウム134:0.9~2.9、セシウム137:12.

~2.7 ●下水道終末処理場における汚泥等:不検出 ●水道水:不検出

※食品の安全目安(ヨウ素:2,000ベクレル/kg、セシウム:500ベクレル)

※水道水の安全目安(ヨウ素:300ベクレル/kg(乳児は100ベクレル)、セシウム:200ベクレル/kg)

市内施設の大気中の放射線量(単位:マイクロシーベルト/時間)

●市内小中学校・保育園・公園:0.02~0.13、●市内小中学校の側溝等:0.01~12.0

※大気の安全目安(0.23マイクロシーベルト/時間、1ミリシーベルト/年)

問合せ 危機管理課(内線256~258)

 

============================ 

やさしく学ぶ韓国語

============================ 

韓流ドラマにとりこになっている皆さん、字幕なしで聞きたい方、一人で韓国旅行を楽しみたい方、一緒に勉強しませんか。

日程・内容

(1)4月16日(月) ハングルの生い立ち、文字と発音①

(2)4月23日(月) 文字と発音②

(3)5月7日(月) あいさつを通して基本文法の理解

時間 各回13時~15時

場所 南下浦市民センター

対象 市内在住・在勤の方 24人

講師 小倉 陽太郎氏

申込み・問合せ 4月10日(火)から南下浦市民センターに直接または電話でお申し込みください。(888―0040)

 

============================ 

三浦市社会教育講座

親子でふれあう農業体験

============================ 

じゃがいも・さつまいも・とうもろこし等を育てます。

対象 市内在住の小学生とその親 10組

講師 みうら楽農くらぶ会員(古敷谷氏、中條氏、杉山氏)

共同作業日 4月14日・28日、5月19日、6月9日・23日、7月14日・28日、8月18日、9月15日、10月6日(収穫祭)各回土曜日 時間は全日程 9時~11時30分頃

参加費 3, 000円

参加者は、4月14日の説明会にご出席ください。

説明会場所 南下浦市民センター(説明会後、実習地の和田へ)

※農作業できる服装でお越しください

持ち物 タオル・水筒・帽子・軍手・長ぐつ・手洗い用水・水4L、シャベル等

申込み・問合せ 4月9日(月)から南下浦市民センターに直接または電話でお申し込みください。(888―0040)

 

============================ 

4月23日は「子ども読書の日」

============================ 

読書をすることは、「考える力」「感じる力」「表現する力」などを育てます。子どもに読書を勧めるだけでなく、大人にとっても「子ども読書」の大切さを考えるときです。

子どもたちの心豊かな成長のために、たくさん読もう、楽しく読もう!

問合せ 生涯学習課(内線411)

 

============================ 

森林の所有者届出制度が4 月から始まりました

============================ 

平成23年4月の森林法改正により、平成24年4月1日以降、地域森林計画対象民有林(現況森林によらず)の土地の所有者となった方は事後届け出が義務付けられました。

届出対象者 個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、面積に関わらず届け出をしなければなりません。ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届け出を提出している方は対象外です。

届出期間 土地の所有者となった日から90 日以内に届け出をしてください。

届出・問合せ 農産課(内線327)

 

============================ 

メンタルヘルス相談のご案内

============================ 

精神科医による相談(予約制・秘密厳守)

○うつや不眠・ひきこもり ○アルコールや薬物 ○統合失調症などの病気 ○認知症 などのご相談に応じます。(ご自身のこと・ご家族の対応)

日時 4月20日(金)・5月14日(月)・18日(金)(いずれも午前)

福祉職や保健師による相談(随時受付)

申込み・問合せ 三崎保健福祉事務所保健予防課(882―6811)

 

============================ 

三浦市国際交流協会から会員募集のお知らせ

============================ 

会員と新たに会員になる方を対象に、次の事業について募集をしています。ぜひお申し込みください。

①英会話教室

●初級クラス:あいさつ程度の簡単な英会話ができる方

●中・上級クラス:高校生以上の方で、日常会話程度の英会話が可能な方

講師 アナベル・カッセン(三浦市国際交流推進英語非常勤講師)

受講費 無料

定員 各クラス25人(※申し込み多数の場合は抽選)

開催日時 5月24日、6月14日、7月19日、9月13日、10月18日、11月15日、12月13日、1月17日、2月14日、3月14日(各回木曜日。全10回)

初級クラス:18時30分~19時30分

中・上級クラス:19時30分~20時30分

会場 南下浦市民センター2階講義室

②料理教室

内容 アメリカ人シェフを講師に迎え様々な国の料理を作ります。

講師 デリアス・ハービン氏

食材費 1回 1,500円

定員 15人(申し込み多数の場合は抽選。英語力は問いません。)

開催日時 6月25日、8月20日、10月15日、12月17日、2月18日(各回月曜日11時~14時。全5回)

会場 初声市民センター1階実習室

③申込み

期限 4月26日(木)(必着)

方法 住所・氏名・電話番号を電話、または E-mailにてお知らせください。

①、②ともに、会員でない方は、受講決定後に三浦市国際交流協会の会員登録が必要です。(年会費 :個人会員1,000円、学生会員500円、家族会員1,500円)※受講決定の連絡は5月2日(水)までにご本人あてに直接ご連絡します。

申込み・問合せ 三浦市国際交流協会事務局(政策経営課内)(内線212、E-mail:kokusai@city.miura.kanagawa.jp)

 

============================ 

三浦ジュニアリーダーズクラブ新規会員募集

============================ 

三浦市子ども会指導者連絡協議会では、この3月に「三浦ジュニアリーダーズクラブ」

を発足させました。

このクラブは、子ども会の子どもたちと遊んだり、教育委員会の行事のお手伝いをします。

会員の対象は、市内在住の中学 1年生から大学・短大・専門学校等に通学する学生です。

同世代の仲間との交流会や、ジュニアリーダーとしての研修会などの活動を通して、楽しくクラブを運営していきます。少しでも興味があったら、地元の子ども会指導者、または連絡協議会事務局の青少年教育課までお問い合わせください。

問合せ 青少年教育課(祝日を除く火曜日~土曜日、882 ―2765)

 

============================ 

金田湾朝市「桜まつり」開催

============================ 

地元・金田の新鮮な食材を提供している金田湾朝市では、沿道の桜が見頃を迎える4月に「桜まつり」を開催します。

期間中は開市時間を12時まで延長し、日替わりサービス品を用意して市民の皆様のご来場をお待ちしています。

日時 4月の日曜日(1、8、15、22、29日) 5時50分~12時

場所 金田海業センター(金田漁港内)

問合せ みうら漁協金田湾販売所(886 ―0525)、水産課(内線333)

金田湾朝市ブログ:http://sea.ap.teacup.com/kaneda/

 

============================ 

第11回三崎甚句・ダンチョネ節コンクール全国大会

============================ 

入場料は無料です。ご来場をお持ちしています。

日時 4月8日(日) 開演9時30分

会場 三浦市民ホール(うらり2階)

部門 三崎甚句

   ダンチョネ節(一般の部)

   ダンチョネ節(高年の部)

問合せ 生涯学習課(内線412)

 

============================ 

みんなのひろば

============================ 

============================ 

信州小布施に学び、三浦の明日を考える現地研修会

============================ 

地域文化デザイン賞・図書館大賞などを受賞し、評価の高い小布施町を訪問します。

日時 4月25日.~26日. 1泊2日

料金 30,000円 予定(バス利用。実費)

申込み・問合せ まち研三美会(882 ―1376[長谷川]、FAX882 ―0252[大森])

 

============================ 

きらきらファミリー

============================ 

ゴールデンウイークの期間中の親子アウトドアチャレンジと立体凧作りを行います。

日時 5月3日(木)~5日(土) 10時~15時

場所 YMCA三浦ふれあいの村

料金 300円~600円(申込不要)

問合せ 県立YMCA三浦ふれあいの村(888―2100)

 

============================ 

三浦半島活断層調査会企画の催し

============================ 

(1)「横須賀・東京湾側で予想される地震と津波」

「減災」をテーマに、三浦半島活断層群を動かす震源域となる東京湾南部について、三浦半島活断層調査会・神奈川県・横須賀市等が過去の地震に関する報告と、今後の対策を講演します。

日時 4月21日(土) 13時~16時30分

場所 横須賀市自然・人文博物館講座室

定員 100人(先着順)

(2)5月10日は地質の日・記念観察会.深海から生まれた城ケ島

日時 5月12日(土) 10時~15時(小雨決行)

集合場所 城ケ島白秋碑前バス停

定員 50人

参加費用 500円(保険代と資料代。昼食と水分は各自。)

申込方法 往復はがきに住所、氏名、電話番号を記入の上、5月5日.までに下記まで。

注意事項 海岸の岩場を歩くので、はき慣れた靴や帽子をご用意ください。

申込み・問合せ 三浦半島活断層調査会事務局(〒230 ―0042 横須賀市汐入町3-23、825 ―6665、E-mail: k345matsu@yahoo.co.jp)

 

============================ 

与四郎さんの木工ワークショップ

============================ 

温かみのある木製の日用品を一緒に手作りしてみませんか。初心者歓迎。

日時 4月7日(土)・5月12日(土) 9時~12時

場所 市民交流活動拠点R-0

定員 15人

料金 材料費実費

持ち物 小刀・メジャー

申込み・問合せ まちカル事務局(E-mail: machikaru@gmail.com

お問い合わせ

部署名:市民部市民協働課 

電話番号:046-882-1111

ファックス番号:046-882-1160

ページの先頭へ戻る